雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

C&Kのドラマは脳内リピート率100%である

どうしてだろう。

 

ある曲を聴いてから夜も眠れない。

 

それはまるで、日本の中心を周り続ける”山手線”のようだ。

 

同じメロディーが脳内を周り続けている。

 

その曲の名は、「ドラマ」である。

 

f:id:zakkiblog:20181112233137j:plain

 

なぜか知られていない「C&K」

名曲は、世の中に隠れているものだ。

 

どんなアーティストも名曲を作り出そうと、血のにじむ努力をしてきた。

 

毎晩自分の頬を打ちたたき、細目をこじ開けて、売れるメロディーラインを考えた。

 

若者に共感する歌詞を生み出すために、真夜中の街へ繰り出した。

 

やがて芽を生み出し注目されたアーティストは、カウントダウンTV、ミュージックステーションを経て、年末のNHKの舞台へと歩みを進める。

 

2018年は独特な歌詞で若者を虜にした”あいみょん”が有力だそうだ。

 

だがそんな中、年末を静かに過ごす二人組がいる。

 

今年で10周年を迎えるC&Kをご存じだろうか。

 

CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)から成る、二人組だ。

 

横浜や湘南で活動していたようだが、16枚目シングルの”ドラマ”という曲が、遂に日テレのサバイバル・ウエディングの主題歌として初起用された。

 

まるでH&Mのようなファッションブランドじゃないか、と皮肉る人もいるだろう。

 

無論私もその一人だ。

 

だが”ドラマ”を聴いて、その考えは全て払拭されてしまった。

 

突っ込みどころ満載のPV。だが病みつき度は100%

もし聴いたことのない人がいるなら、まず一度耳にしてほしい。

 

C&K - ドラマ - YouTube

 

このPVを見てお分かり頂けただろうか。

 

香川真司が歌っている。

しかも高級車のボンネットの上で踊っているではないか。

 

突っ込みどころ満載のPVなのだが、それ以上に驚いたのは、なぜか共感する歌詞だった。

 

作詞作曲した彼らはこう語っている。

 

CLIEVY

生きてると、いい時もあって、悪いときもありますが、今、幸せなのは、いつかの自分が頑張っていたから。

 

今に満足できないのは、いつかの自分が怠けていたからと思って、
人のせいにしない生き方をしたいと思う僕自身へ応援の歌です。

 

「捻りだした作戦が明日の景色を変えていく」という歌詞は、彼ら自身への自分応援ソングなのかもしれない。

 

山手線並みの脳内リピート率で紅白を目指せ

”ドラマ”を初めて耳にしてから1週間が経った。

 

脳内は未だに”ドラマ”が流れている。

 

この曲を聴くことは毎朝の通勤と同じ程、日課になってしまった。

 

果たしてC&Kが紅白歌合戦に出場する日は来るのだろうか。

 

この名曲が多くの人の”ドラマ ”を生み出すことを願ってやまない。

 

この記事の画像出典元

C&K OFFICIAL WEB SITE

編集・校正 ざっきぶろぐ