雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ビジネスホテル生活の暮らしには幾ら費用が掛かる?真剣に調べてみた!

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

かれこれ4年ほど、サイト運営で生計を立てております。

 

さて、今回の記事ではビジネスホテルで暮らすことについてです。皆さんの中には、色々な諸事情などで、ホテル暮らしを考えている方もいるかと思います。

 

数万円から数十万円の家賃に加え、水道代、ガス代、電気代などなど、生活していて掛かる費用はどんどん膨れ上がりますよね。

 

それなら、ホテル暮らしの方がいい!と考えるわけです。

 

ただ、カプセルホテルのような1,000円~2,000円程度の安いところだとストレスが溜まったり腰を痛めたりとあまりおすすめできません。できればビジネスホテル程度の普通のホテルで暮らしたいですよね。

 

今回の記事では至って通常レベルのビジネスホテルに1ヵ月泊まると幾ら掛かるのか、1年間だといくらか、費用の面に焦点を当ててご紹介したいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20200224104602j:plain

ビジネスホテル生活の暮らしには幾ら費用が掛かる?

そもそもビジネスホテルは、家賃が発生しません。短期滞在者として扱われるので、水道代やガス代、電気代も無料です。しかも Wi-Fi を備え付けているビジネスホテルがほとんどなので、通信費も浮かすことが出来ます。

 

それでまとめると、ホテル暮らしのメリットは、

・家賃・光熱費・通信パケット代が無料になる

・いつでもどこでも好きな場所に宿泊できる

・住居を持つことで生じる手間を省ける(ご近所付合い、ゴミ出しなど)

・家事や清掃の必要がない

 

などが挙げられます。こう考えるとビジネスホテルで暮らすことは最高だ、と感じるかもしれません。ただ、これらは費用面を省いたメリットになります。一番の問題は幾ら掛かるのかですよね。

一般的なビジネスホテルは1泊5,000円程度

仮に1泊5,000円としましょう。計算すると、5,000円×30日(1ヵ月)=150,000円です。この150,000円の中に家賃や光熱費、通信パケット代、日用品の購入費用などが全て含まれています。

 

実際に調べてみると、意外と多くの方がホテル暮らしをレビューしているんです。費用面では1ヵ月平均約14万円程度で、暮らしている方がいました。1年間で計算すると150,000円×12ヶ月=1,800,000円(180万円)掛かる計算になります。

ホテル暮らしするなら、食費の計算をお忘れなく。

しかし、重要なのはここからです。ホテル暮らしの費用に食費が含まれていません。ビジネスホテルの場合、朝食が付いているプランを選択すれば良いのですが幾分割高になってしまいます。

 

それで、仮に食費を1日3,000円にして計算してみます。3,000円×30日(1ヵ月)=90,000円です。結構掛かりますよね。もう少し安くしてみましょうか。

 

1回の食費を800円にしてみます。すると1日2,400円の費用になります。2,400円×30日=72,000円です。それでも少し割高ですね。

 

1回の食費をワンコイン、500円にするとどうでしょうか。1日当たり1,500円の計算になります。1,500円×30日=45,000円です。まずまずの値段ですかね?

 

こうやって考えてみると、ホテル暮らしの費用面に関して、いくらか再計算が必要になってきます。まとめると以下の通りです。

 

1ヵ月のホテル生活をするには...

・ホテル代で150,000円(1泊5,000円)

・食費代で90,000円(1食1,000円)

・その他諸経費10,000円(コインランドリー)

合計金額は250,000円。

 

うーん。普通にアパートを借りて暮らした方が安いと感じるのは私だけでしょうか?ホテル暮らしの場合、充実したキッチンがあるとは限りません。大抵、備え付けてあるのはコップや歯ブラシ、タオルなどのアメニティーグッズだけです。

 

料理するように作られていないので、食費が予想以上にかさむことをお忘れなく。

安いビジネスホテルを探すなら agoda がおすすめ

f:id:zakkiblog:20200224104123j:plain

https://www.agoda.com/

もし安いビジネスホテルをインターネットで探したいなら、agoda(アゴダ)をおすすめします。これ、実は私も1年ぐらい使用しているホテルサイトですごく使いやすいんです。

 

場所と日付を選択し検索するだけで、一番安いホテルはどこか、評判の高いホテルはどこか、おすすめのホテルはどこかなどを簡単に表示してくれます。そして50%割引とか、お得な情報が記載されているんですよね。

 

この何%割引という文字が、どうしても惹かれるんです。70%、80%割引の時もあります。かなり安く予約できるのでおすすめです。私はこのサイトでこれまで5カ所ほどお世話になりました。

 

ポイントもたまるのでイイですよ。ぜひ使ってみてください。

ウィークリーマンションやマンスリーマンションの方が安い場合も。

f:id:zakkiblog:20200224104827j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、ビジネスホテル生活の暮らしの費用についてまとめてみました。単純にホテルだけの費用なら150,000円程度に収めることが出来ます。カプセルホテルなど、安いホテルも含めるならさらに値段を下げることも可能です。

 

しかし、ゴールデンウィーク中などの観光地のホテルは値段が高くなる傾向があるのも事実。泊まる場所には注意が必要ですね。また、ホテル暮らしで必ず計算に入れておくべきなのが「食費」であるという点もまとめてみました。

 

自分が、料理しない状態で毎日どれぐらいの費用が掛かるのかを事前に計算しておくと、どれぐらい掛かるのかが想像しやすくなると思います。個人的には、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを考えてみるのも1つの手です。

 

こういったマンションはホテルとは違い、普通のマンションの1室を借りれるので、キッチン家電など調理に必要なものが揃っていることが多いのでおすすめです。

 

悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。それではこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。