雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

雑記ブログでも月間25万PV収益35万?1年4ヶ月目の運営報告

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20171126195908j:plain

 

ブログ収益が毎月上がっていくのを見ると、ブログへの熱が冷めてしまった。

これが巷で聞く、燃え尽き症候群の一種なのだろうか。

自分には分からない。

 

ただ言えることが一つある。

それはブログに何を書けば良いのかも分からなくなった、という事実だ。

 

今回は僕が運営している「雑記ブログ卒業」の気ままな運営報告と、サブのブログの運営についてまとめてみます。

 

 

ブログをビジネスと捉えた瞬間、「趣味はブログです」は通用しない

f:id:zakkiblog:20171126200028j:plain

 

僕はブログが大好きだ。

 

自分の思っていることを書けるし自分の好き勝手に更新ストップもできる。ブログが趣味だ、と公言していた僕にとってブログは一種のおもちゃのような感覚だった。

 

だが流石に職場の面接で「趣味は?」と聞かれた時「ブログです」とは言えない。

 

読書とか映画鑑賞とかよくあるフレーズでごまかしてばかり。ブログは世間受けが悪く、あまりいいイメージを持たれないので趣味としては避けられがちなようにも感じる。

 

でも僕はこの何とも言えない立ち位置のブログが好きだ。世間の陰に隠れているようで、ネット社会の根幹をなしている。

 

ネット社会は無数のブロガーたちの手で今も作られている。僕はそんなブログという存在に一目惚れし今もその気持ちは変わらない。

 

だが時経つうちにブログは変わってしまった。やがて僕のブログは急激にアクセルを全開にした車のようにスピードを上げていった。そして25万PVを誇る巨大なサイトへと成長を遂げたんだ。

 

変わっていくブログを見て、僕はどうしたか。

もう一つのサブブログに頼った。変わらないでいてくれる、好き勝手に自由気ままに更新できるサブのブログを作ったんだ。コーヒーをテーマにしたサイト。

 

だが僕の考えは儚く消えることになる。

無情にもコーヒーに特化したサイトは急激に勢いを増しアクセス、収益ともども増加していった。2017年現在サブサイトは月間17万PVを誇るサイトになっている。

 

この体験で分かっていただけただろうか。

 

ブログというのは時に人を傷つけ人生を左右する。普段何気なく更新するブログが収益を発生させお金を生み出していく。PVも増えた。だが僕の心は満たされなかった。

 

結局僕は好き勝手自由にブログを書くことに生きがいを感じていたのかもしれない。

 

1年4ヶ月目のブログ運営報告

f:id:zakkiblog:20171126200443j:plain

 

という訳で早速1年4ヶ月目のブログの運営報告をします。

 

先に書いておきますが、ブログでの収益やPVがどれだけ増えても、嬉しい気持ちは比例しません。僕にとって一番重要なのは、「ブログは趣味です!」と今も言えること。

 

収益が10万超えたとか、30万PV越えたとか、やけに喜ぶ人がいますよね。たしかに嬉しい気持ちはあります。自分の目標を達成できたのだから。

 

でも僕は過度に喜ばないようにしています。お金やPVに目をくらますと足元すくわれる気がするので。ブログは今も僕の趣味です。楽しく興味のある記事をこれからも書いていきたいと思います。

 

という訳でブログの運営報告を少しだけ。このブログ、「雑記ブログ卒業」は2017年11月時点で月間25万PV収益35万円を生み出す巨大サイトになってしまいました。

 

そんな感じで運営報告はおしまい!

 

このブロガーすごいなあ!と思うブログを徹底的に真似すること

f:id:zakkiblog:20171126200722j:plain

 

最後にブログで稼ぐことを考えている人のために少しだけ書きたいと思います。

 

よく「物真似は一芸だ」なんて話を聞きますよね。真似することは2番煎じ、何も生み出していない、ただの猿真似じゃないか、という人がいます。でも僕はそう思いません。

 

真似することも一つの才能だと感じるんです。ただの猿真似ではありません。大事な部分だけを切り取って自分のオリジナルに変換するのです。

 

0を1に増やせる人は中々いません。それを可能にできるのはアップルの創業者とかコロンブスとかですよね。

 

でも1を10に増やすことは、やりようによっては誰でもできると思うんです。それはブログも同じ。たとえプログラミング技術が無くてもできます。

 

例えば人気のブロガーの書き方を研究してみたり、アフィリエイトの上手な人のサイトを分析してみたりなど。

 

僕も昔、徹底的に分析しました。その当時月間45万PVを誇っていたブロガーがこう書いていましたね。

 

「上手なブロガーの上手な部分を真似をすること!」と。

 

つまりブロガーにはそれぞれ持ち味があります。その人の真似を、そっくりそのままやってもそのブロガーを超えることはできない。それなら、そのブロガーの成功しているポイントを見極めて真似するように、という事です。

 

あるブロガーは文章力がずば抜けて上手だったりします。なのでその場合は、どういう流れで最後に商品を紹介しているのかに注目し、そこを真似するんです。

 

もちろん結論に至る流れも大事なんですけど、はじめの一歩はそこから。

 

自分にとって憧れているブロガーって必ずいますよね?

 

そのブロガーのどこに自分が憧れているのか、どこに惹かれているのかを考えて、じゃあ自分はこのブログでどう真似できるかを考えます。

 

そして実際にやってみる。僕の場合Amazonの使い方はそのブロガーの真似をして勉強になりましたね。

 

あ、長くなってしまいました。

もう一度書きますが、大事なのは楽しくブログを書くことですよ!

だって嫌々ブログを更新しても結局は辞めちゃうから。

 

検索ユーザーの意図を考えて記事を書いてきた

f:id:zakkiblog:20171126202138j:plain

 

そんな適当な僕「ざっきぶろぐ」ですが、大事にしているのは検索ユーザーの気持ちを考えることです。

 

最近、友達が検索している姿を見た事があります。会話の中で「これどういう意味なんだろうね~」となった時、すぐさま友達がスマホを取り出しました。

 

そこでチャチャっと検索。その時は確か「どこかの地名の意味」についてでした。きっと「地名〇〇 意味」って検索したんだと思います。

 

という事は「地名〇〇 意味」で記事を僕が書いていれば、もしかしたら友達が僕のブログで答えを見つけたかもしれないんですよね。

 

ブログで検索を意識して書いている人なら、この難しい状況が分かると思います。その友達は最後にこう言っていました。

 

「俺、困ったら何でもGoogle検索するからね(笑)」

 

僕はこの答えに苦笑いしかできませんでした。

Google検索で出てくる答えを僕はブログで書いてお金をもらっているのですから。

 

ただこの体験を通して感じたことがあります。それは、読まれるブログとは検索ユーザーの答えをシンプルにまとめたブログであること。

 

検索ユーザーは答えを探しています。むやみやたらに引き延ばすのではなく、シンプルに答えが分かった方が良いです。そのブログは読まれます。そして検索も上位に上がります。

 

なので記事を書く時には検索ユーザーの意図を考えて書くことがポイントです。

検索されることを考えて書いた記事は、半年経っても一年経ってもそのブログの基盤になりますからね。

 

余談でした。

それではこの辺で。