雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

BenQ「4K液晶モニター」を正直にレビュー!(EW3270U)

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

BenQが新しく液晶モニターを発売しましたね。2018年4月に発売されたモデル、EW3270Uという型番のディスプレイです。このモデル、何がすごいって4Kの液晶ディスプレイで高画質液晶なのに、5万5千円ほどで買えるコスパの良さ。間違いなく、4Kモニターで今大人気の液晶ディスプレイなんです。

 

というわけで、今回は特別にBenQさんの「EW3270U」をレビューしたいと思います。もし買おうか悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。本気でおすすめですよ~!

 

f:id:zakkiblog:20180807105445j:plain

 

BenQ EW3270U の主な特徴、スペック

まずはこのモデルの特徴とスペックを簡単に説明します。

スペックは以下の通りです。

 

・ディスプレイサイズ 31.5型

・本体サイズ 72.7㎝ × 52.3㎝ × 21.5㎝

・重さ 7.5㎏

・カラー メタリックグレー

・解像度 4K UHD(3840×2160)

・入出力端子 USB‒TypeC、HDMI2.0 × 2、Display Port1.4、ヘッドホンジャック

・付属品 電源ケーブル、DPからminiDPケーブル、USB‒TypeCケーブル、クィックスタートガイド、ドライバーCD、保証書

 

f:id:zakkiblog:20180807105506j:plain

 

 

特徴

主な特徴は、画質がきれい+目に優しい機能がついていることです。画質がきれいなのは4Kの解像度なので言うまでもありません。Full HD(1920×1080)と比べても圧倒的に見えやすさが違います。特に4K対応の動画を見た時にすごくリアルです。

 

目に優しい機能は画像で見た方が分かりやすいです。

 

f:id:zakkiblog:20180807105420j:plain

 

このモニターの右下についている「HDR、B.I.+」ボタンで操作できます。この機能は一言で表すと、目が疲れないモニターに早変わりする、といった感じでしょうか。

 

通常の液晶モニターは、映像をただ映し出すだけの機能しか備わっていません。ですが、この「HDR、B.I.+」ボタンは、周囲の明るさや映像の内容を検知して、自動で最適な映像を映し出してくれます。

 

つまり、使用する部屋に応じて、目が疲れない最適な画面を自動で映し出してくれるんです。しかもこの「B.I.+」と呼ばれる技術は、画面上の暗い部分を自動認識し、その部分を鮮明に映し出すこともできるんです。こんな技術があるんですね。(びっくり)

 

本当に目が疲れない!

f:id:zakkiblog:20180807105546j:plain

 

実際に使ってみて驚いたのは、本当に目が疲れないこと。しかも色が変わっていることすら気が付きません。設定によっては画面が調節され過ぎて見づらい液晶モニターも中にありますが、このBenQの「EW3270U」は本当に快適に作業ができます。

 

私は、一日数時間パソコンの前でキーボードを打つこともありますが、本当に快適に作業ができます。価格.comやAmazonでも評価が高い理由がよく分かりますね。本当に使いやすいです。

 

気になった点(ぐらつく、シンプルすぎる…?)

f:id:zakkiblog:20180807105608j:plain

 

ここまでで、BenQの「EW3270U」を使ってきた感想を書いてきました。良い面ばかりを書いてきましたが、ここからは少し気になった点も正直に書いておきますね。改善点というか、少し「うーん」と感じた部分は2つあります。

 

1.スタンドがぐらつく

2.シンプルすぎるかな…

 

まず1つ目ですが、スタンドがぐらつくんです。もちろん普通にデスクの上で使用している分には全く問題がありません。ただ机に肘をおいたり、机に椅子の肘置きが当たった時には、かなりモニターが左右に揺れてしまいます。

 

f:id:zakkiblog:20180807100415j:plain

 

これも上の画像で見ると分かりやすいです。最初に組み立てた時、このL字の鉄板だけでダイジョブかな?と思ったのですが、もちろん完成したときに安定感はありました。ですが、机に衝撃が当たった時にやっぱり少し動くんですよね。

 

モニターの下部を中央一つで支えているので致し方ない部分ではあるかもしれませんが、ここは少し気になりました。ただ、普通に使用する分には全く問題がありません。(大事なので強調しておきます)

 

f:id:zakkiblog:20180807105631j:plain

 

そしてもう一つの点は「シンプル」なこと。31.5型4Kモニターが5万5千円で買えるのですから、コスパも抜群です。でも、お洒落度で見た時に他のディスプレイに目移りしてしまうなあ、と感じるのです。

 

特にスタンド部分がシンプルなので、同じ4KのPHILIPSモニターなどと比べると、幾分、見た目では惹かれません。なんというか華がちょっと足りないです。(もちろん個人的な感想です!)

 

まとめ 4Kモニターを探しているなら一番おすすめ!

f:id:zakkiblog:20180807171850j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回のレビューでは、良い面と気になった面を正直に書きました。ただ言えることが一つあります。それは、私が個人的に感じた気になった面(改善点)を、遥かに超える満足度があるという点です。

 

これほんとに大事なんです。改善してほしい点も今回正直に挙げましたが、どれも人によって感じ方が違います。そしてそれ以上の、コスパの良さと使いやすさに感動すると思いますよ。特に4Kモニターを初めて使う方であれば尚のこと、画質の良さ、目の疲れなさに驚くと思います。

 

下手なフルHDの液晶ディスプレイを買うくらいなら、5万5千円お金をためて、このモニターにした方がいいですね。どっちみち、4Kが主流になっていくので、お金をけちってフルHDのモニターを買うよりも断然おすすめです。

 

以上、BenQの「EW3270U」のレビューでした。

気になった方は下のAmazonから購入できます~!

それではこの辺で。

 

 

by ざっきぶろぐ