雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

全然目が疲れない!BenQの「デスクライト」を使ってみた感想

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

今回はBenQさんのデスクライトのレビューを行います。名称は「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)クランプタイプ」というライトです。

 

一言で表すと「目が疲れない高機能デスクライト」という感じがします。

デスクで仕事をすると目が疲れる方、集中して勉強したい方、リラックスできるように調光機能搭載のライトが欲しい方は必見です。

 

f:id:zakkiblog:20180309101649j:plain

BenQのデスクライトの特徴

このデスクライトの特徴の一つは、「照明の質」にあります。この質にとことんこだわっているんです。普通のデスクライトだと、スイッチを付ければ電気がつくだけ。それに対しBenQはその時の照度をセンサーで自動認識してくれます。

周りの明るさを自動で測定し、最適な明るさを色で表示してくれるのです。丁度この画像がそれ。

 

f:id:zakkiblog:20180309101718j:plain

 

赤色が照度不足、緑色が丁度良い明るさ、青色が明る過ぎを表します。この表示がとても分かりやすいです。

また、このモデルは普通のデスクライトよりも照明範囲が広くなるように設計されています。その横幅、なんと95㎝。つまり通常のデスクライトよりも広い範囲を照らすことが可能なんです。

 

その他の特徴

「高機能」という言葉の通りまだ機能が備わっています。以下にまとめますね。

 

・光の調色を変えられる。

「温かみのある色から蛍光灯のような色まで、ダイヤルを回すだけで簡単に変えられます。」

・人感センサー搭載

「人が近くにいることを察知すると自動でライトが付くセンサーを搭載。もちろん裏のスイッチをOFFにすれば、付かないように設定することも簡単にできます。」

・USB充電搭載

USBポートを一つ搭載しています。流石は高機能。これは地味に嬉しいです。

 

早速開封

f:id:zakkiblog:20180309101744j:plain

 

では早速開封していきます。感心したのは、かなりガッチリホールドされて送られてきたこと。箱の中にまた箱がありました。(笑)

 

最初は段ボール箱。BenQの文字が書いてあります。テンション上がりますね。もう一つ開けると…

 

f:id:zakkiblog:20180309102129j:plain

 

出ました!箱自体はまあまあ大きいです。ですが中身は意外とコンパクトなんですよね。このデスクライトは38cm × 47cm × 32cm。机の上では意外と小さく見えます。(横長のデザインだからかも)

 

ちなみに今回はクランプタイプ、AR16-D(clamp)を選びました。

スタンドタイプのAR16-D(base)もあります。

 

組み立てが簡単!ただ説明書が…

驚いたことは組み立ての簡単さ。全部で5つだけです。

デスクライト本体、コード、クランク部分、アダプター、説明書。

 

f:id:zakkiblog:20180309102532j:plain

 

正直、ほんの3分ほどで完成します。すごく扱いやすいですね。ただ一つ難しかったのは説明書です。言語が違うので少し分かりづらい印象を受けました。日本語の部分も勿論あります。ただそれを有り余る簡単組み立て。(笑)

どっちかというと組み立てた後にライトのつけ方で悩んだので、ここで簡単にまとめておきます。

 

BenQのデスクライトの基本的な使い方

f:id:zakkiblog:20180309103140j:plain

 

完成したらデスクにセットします。スタンド部分はコードが上にくるのが正解です。(上画像参照)

その後、コンセントに挿してライト裏の「手をかざすマーク」に手を入れます。するとあら不思議。ライトが付くという訳。

上部のシルバーのつまみをくるくる回せば調色の設定が可能です。

 

 

使ってみた感想

f:id:zakkiblog:20180309104501j:plain

 

最後に使ってみた感想を書きたいと思います。僕はこの記事を書いている時点で2,3日BenQのデスクライトを使っていますが、まあ目が疲れない。これホントです。(自分でもびっくり)

 

今までは無印良品?の4000円ぐらいのデスクライトを使っていました。それでも満足してました。明るさも十分だったし、調色こそできないけどデザインがカッコ良かったので。

 

でも今回、デスクライトを買い替えてみてBenQは全てを越えてしまいした。(笑)別に無印良品が悪いという訳ではありません。価格自体差があるので比べるのは無理があるので。ただ比較すると格段に快適になったんです。

 

「大きさ」、「机周りの明るさ」、「調色機能」、「快適さ」、「目の疲れ度」、「電気のスイッチを押す手間」、「肩の凝り具合」等すべての面で、BenQに軍配が上がります。それぐらい快適です。

 

個人的には「目の疲れ度」が全然違います。どれぐらい違うのかというと、僕は仕事柄一日ずっとパソコンの前にいることもありますが、それでも疲れません。(途中で休むけど)正直、デスクライトでこんなにも変わるのか、早めに替えておけばよかったなと思っちゃいました。

 

もしこの記事を読んでいる方で、「目の疲れが気になる方」は絶対におすすめできるデスクライトですので、是非チェックしてみて下さい。それではこの辺で。