雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

朝楽しよう!ニトリのシリコン目玉焼きが便利過ぎ?のはずがニトスキへ?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190902013132j:plain

 

みなさんは朝、目玉焼きを作りますか?

 

”目玉焼き”(めだまやき)は、手早く作れて栄養価も高い事から、今や日本の朝ごはんメニューの定番となりました。

 

日本を代表するグルメ漫画「美味しんぼ」では、大々的に ”目玉焼き” が取り上げられています。

 

なんと「国際目玉焼き学会」という架空の会議が行われ、様々な討論が行われるほど。もちろん「目玉焼き学会」など存在しませんし、討論するほどの事でもありません。(笑)

 

しかし、ふとこう思いました。綺麗な円形の目玉焼きが出来たら良いな、と。

 

そこで色々調べた結果、ニトリ(株式会社ニトリ)に目玉焼きに関するとある便利グッズが売っているらしいとの情報を手に入れたんです。

 

という訳で早速ニトリに直行しました。円形の綺麗な目玉焼きを作りたい方必見です。

 

 

シリコン目玉焼き器とは

その噂の夢のような商品がこちら。

 

ニトリに販売されていたシリコン目玉焼き器という商品です。

 

f:id:zakkiblog:20190902011357j:plain

 

95円(税抜き)という破格の価格でした。100円均一よりも安いです。これをフライパンの上で使うと、簡単に丸い目玉焼きが作れるらしいのです。

 

カラーはオレンジ色で、サイズは幅9.4㎝×奥行9.4㎝×高さ4cm。直径約10cmの目玉焼きが簡単に作れます。重さは20gで、素材はシリコン製です。

 

シリコンなので焦げ付くことはありませんし、洗えば綺麗な状態に戻ります。何度でも使用でき、両サイドに素手で触れる取っ手が付いています。

 

ここまで見ると「最高の商品じゃん」と思いませんか? 

 

私もそう思いました。実際に「直火」で使用するまでは...。

 

使用した感想「朝楽できたか?」

f:id:zakkiblog:20190902012946j:plain

 

先に結論を書きます。

 

このシリコン目玉焼き...

 

直火では使用できません。

 

これが非常に重要なんです。つまり、ガスコンロなどフライパンに直に火を当てるようなタイプは使用できないんです。私の場合、そこをしっかり調べていませんでした。

 

言葉を付け加えると、確かに直火のガスコンロでも使用はできます。

 

でも、半熟になってしまいます。しかも中々固まらないので、シリコンとフライパンの隙間から白身が溢れ出てくる始末。

 

なるべく円形を維持しようと、隙間から出てくる白身を必死に箸で溶きました。完成した目玉焼きがこちら。

 

f:id:zakkiblog:20190902013224j:plain

 

半熟+形が歪んだ目玉焼きができました。

 

朝食をより快適に楽しむために購入しましたが、結果的に朝食を楽しむどころか「白身との戦い」になってしまいました。(残念)

 

他メーカーの目玉焼き器

それで、シリコンの目玉焼き器を探している方に伝えたいです。

 

直火で使用できるか確認した方が良いよ!と。

 

“直火“とは、読んで字のごとく「直に火を当てる事」を指します。ガスコンロのように、フライパンの下に火が見える状態の事です。

 

一方で、ニトリのシリコン目玉焼きは「IH」でこそ本領を発揮します。“IH“ は電力で熱を伝えるので、直に火が発生することはありません。

 

よって火災の原因にもなりませんし、手入れも楽です。

 

もし自分の家のキッチンがIH対応なら、ニトリのシリコン目玉焼き器をぜひ使ってみて下さい。直火の場合は上手くいきません。

 

諦めきれない

諦めきれない私。また一つアイデアを思い付きました。 

 

cookpad.com

 

クックパッドで調べると、電子レンジで目玉焼きを作る方法があるんです。

 

これなら上手くいくかも?

 

と意気込んだのですが、どうやら穴をあけないと黄身が爆発してしまうようです。でも爪楊枝で穴をあけてしまうと、見栄えの悪い目玉焼きになってしまいますよね。

 

やっぱり

「ガスコンロで簡単に目玉焼きが作りたい!」

 

そんな思いで色々考えたのですが、ふとニトリで話題になっている商品を思い出しました。それが「スキレット鍋」だったんです。(ネットではニトスキと呼ばれています。)

 

正解はニトリのスキレット鍋だったか!

f:id:zakkiblog:20190902192028j:plain

ニトリ公式サイト参照

 

という訳で、次の日にニトリに向かいスキレット鍋を購入してきました。一般的に”ニトスキ”と呼ばれている話題の商品(15㎝)です。

 

スキレットとは、日本語で鋳鉄製(ちゅうてつ)のフライパンの事を指します。テフロン加工などはなく、鉄そのものの特性を生かしたフライパンです。

 

使い終わった後の手入れが必要なんですが、それ以上に462円(税抜き)というコスパの良い商品なんですよね。

 

早速、目玉焼きを作ります。今回はウインナーソーセージと一緒に焼いていきます。出来上がったものがこちらです。

 

f:id:zakkiblog:20190902191856j:plain

 

ちなみに完成したのは夕方。朝、楽しようと思い立った結果、夕方にスキレット鍋を手に入れることができました。(こういうまとめで良いのか分かりませんが...)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

スキレット鍋(ニトスキ)の威力は凄いです。本当に美味しい目玉焼きができました。今回は、水を少し入れ蓋をして蒸し焼きにしました。

 

皆さんもぜひやってみて下さい。せっかく話題のニトスキを購入できたので、また何かあったら作りたいと思います!それではこの辺で。

 

ニトリのスキレット