雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

&Dripとは?遂にコカ・コーラ社がコーヒーメーカーに参入!

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは&Dripというコーヒーメーカーをご存じでしょうか。

 

2019年12月6日にコカ・コーラ社が発売したコーヒーメーカーです。Coca-Colaと言えば飲料メーカーとして知られていますが、&Drip(アンドドリップ)は発売方法からデザインまで一般的なモデルとは全く違います。

 

今回の記事では、そんな&Dripについての記事です。現在はAmazonや楽天市場で購入できますので、気になる方はチェックしてみて下さい。*1

f:id:zakkiblog:20191217020121j:plain

コカ・コーラ officialsite 参照

今話題!&Drip(アンドドリップ)の発売理由

&Dripはコカ・コーラ社が12月6日に発売したコーヒーメーカーです。最初はクラウドファンディング「Makuake(まくあけ)」でテスト販売が行われました。このMakuakeというサービスは、新体験を提供する売り手と購入者がタッグを組むクラウドファンディングです。

 

このサービスで2019年10月にテスト販売が行われましたが、予定の400台が僅か1週間で完売するという大人気商品となり話題になりました。その結果、今回正式に発売されたという訳です。

 

言い方を変えると、もしクラウドファンディングで売れなかった場合、コカ・コーラ社からのコーヒーメーカー発売は無かったのかもしれませんね。そんな話題の&Drip(アンドドリップ)ですが、売れたのには理由があります。

「デザイン」&Dripはどんなコーヒーメーカーなの?

f:id:zakkiblog:20191217020222j:plain

コカ・コーラ officialsite 参照

&Dripは上記の写真を見て頂ければ分かる通り、スピーカーのようなデザインが特徴的です。キューブ型とも言われていますが、佐藤オオキさんという方を含めた「nendo」が監修しています。

 

このnendoという会社の代表を務める佐藤オオキさんは、世界が尊敬する日本人100人に選ばれた世界を代表するデザイナーです。その佐藤さんが監修した訳ですから人気で話題になるのも頷けます。

 

外観は丸い抽出口とタッチパネルが並んでいます。キッチン以外にも置ける事を計算されていて、コーヒーが飛び散らない設計になっていたり、電源オフの時はタッチパネルが消えるようになっていたりと工夫が凝らされています。

デザインだけではなく音にもこだわる

f:id:zakkiblog:20191217020648p:plain

コカ・コーラ officialsite 参照

コーヒーの抽出音は、東京都渋谷区に拠点のある音楽制作プロダクション「MUSIC FOR MUSIC」が制作したギター音です。抽出音までこだわっているコーヒーメーカーは中々無いです。デザイン性で言えば非常にレベルの高いモデルだと思います。

 

しかも給水タンクだけではなく、500mlのペットボトルをセットできるんです。ちなみに抽出音(終了時)とクリーニング時の音は違います。操作音は優しいコロッとした温かみのある音に仕上がっています。

「機能」コーヒーカプセルを使用

f:id:zakkiblog:20191217020520p:plain

コカ・コーラ officialsite 参照

 &Dripはコーヒーカプセルを使用します。コーヒーカプセルと言えばエスプレッソを思い浮かべるかもしれませんが、このモデルはあくまでもシンプルなブラックにこだわっています。

 

それで、&Drip専用カプセルもレギュラーブラックのシンプルな味に仕上がっています。下手に牛乳を混ぜたり砂糖を足したりしてカフェオレやカフェラテにするよりも、まずはブラックでシンプルな味を楽しむことができます。

 

淹れ方はとても簡単です。水をセット(またはペットボトルをセット)し、コーヒーカプセルをドリッパーにはめ込みます。その後、ボタンを押すだけでコーヒーが抽出できます。捨てる時は専用カプセルを取り外してゴミ箱に入れるだけなので、お手入れ面も精巧に作られています。

&Dripの評判は上々

f:id:zakkiblog:20191217020627j:plain

Amazon オフィシャルサイト参照

2019年12月6日に発売されて以来、すでにAmazonや楽天市場で多くの方が購入し口コミを上げています。評価は上々です。ただ、圧倒的に高評価という訳ではありません。所々良い面と悪い面が見えてくる感じがします。

参考になったレビュー(Amazon参照)

クラウドファンディングにて一般発売前に購入、使用している者です。世の中に数あるコーヒーメーカーの中からこちらの商品がどうなのかレビューしたいと思います。素人目線でのレビューなので至らない内容や情報があるとは思いますがその点は御了承ください。

 

デザインはとても良く表面のメッキのリング加飾、タッチパネル箇所はガラスのような高級感があります。キッチンに置くのもありですがやはりリビングに置いても違和感なくより気軽に飲めるという点では大変オススメできます。

 

表面については満足できますが側面、裏面、上面は安さを感じるプラスチッキーという表現が当てはまります。サラサラしており指先が乾燥する冬場などは水のタンクの取り外しは注意しないと落としてしまう可能性は少なからずあるように感じます。

 

デザイン重視のために手の引っ掛かり箇所を設けてないのだと思いますが、許容範囲なので皆さんは気にせずとも大丈夫だとおもいます。下面についてはゴムにて滑り止め加工がされておりこれが中々良いです。抽出の際に揺れや振動などたいしてないのですが置く場所によってあったほうが良いという判断なのでしょう、素晴らしい気遣いだと思い感心しました。

 

抽出時の音は多少はしますが気になるレベルではありません。よっぽどの人じゃない限りうるさいなんて言われないくらいの生活音以下だと思ってください。

 

本体から出ているコンセントの長さがちょっと短いのが少し気になります。インテリアにも馴染むをコンセプトにしておりコンセントコードがダラリと垂れ下がって気になるなどは無いのですが、逆にインテリアのようにお洒落に飾ってスマートに使用したいとき、ここコンセント届かないって事になりかねます。そこは残念ポイントでした。

 

おける場所が限られてくるので私のように賃貸住まいの方はちゃんと限られたコンセントを活用するべく少し考えて購入、設置を考えたほうが良さそうです。

 

マグカップについては大き目の物でもしっかり入ります。

この方のレビューは本当に参考になります。今回紹介しただけでも色々知れますが、実際のレビューではさらに詳しく書いています。本当に参考になるので、是非見てみて下さい。上記のレビューの方の口コミはAmazonで見れます。

&Drip(アンドドリップ)のスペック

本体スペック

f:id:zakkiblog:20191217020545j:plain

Amazon オフィシャルサイト参照

製品名 &Drip(アンドドリップ)コーヒーメーカー DR01

カラー ダークレッド、ホワイトの2種類展開

公式価格 13,800円(税抜き)

発売日 2019年12月6日

消費電力 1,250W

サイズ 幅18㎝×高さ28.5㎝×奥行21㎝

重さ 3.6㎏

水タンク容量 600ml

使用環境 10℃~40℃

コーヒーカプセルについて

f:id:zakkiblog:20191217020602j:plain

Amazon オフィシャルサイト参照

コーヒーカプセルは1箱12個入りで740円(税抜き)です。2019年12月現在はブラックとカフェラテの2種類が販売されています。今後、ラインナップが追加されていく予定で、2020年2月にダージリンティー、2020年3月にアイスコーヒーが発売される予定になっています。

まとめ

f:id:zakkiblog:20191217020724j:plain

コカ・コーラ officialsite 参照

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、クラウドファンディングで大人気となりコカ・コーラ社から発売された&Drip(アンドドリップ)とはどういうコーヒーメーカーなのかまとめてみました。色々と調べれば調べるほど、人気の理由がよく分かります。

 

抽出すると音が鳴ったり、スピーカーのようなデザイン性のある外観だったりと、話題になる要素が非常に多いと思います。すでにコーヒーメーカーのカテゴリーでAmazonランキングでも上位に入り始めているので、今後に注目したいと思います。それでは。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。更に詳しい内容を知りたい方は、&Drip公式サイトからご覧ください。購入はAmazonと楽天市場から買えます。