雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

エアロプレスコーヒーメーカーの特徴、使い方(AEROBIE)

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

エアロプレスコーヒーメーカーって知ってますか?

空気の力で抽出する機器なんですが、人気で評判が高いようです。

そこで今回はエアロプレスについての評判や使い方、特徴などをまとめてみたいと思います。

エアロプレスとは

まずはエアロプレスコーヒーメーカーとは何かについて。

一言でまとめると「空気の力で抽出するコーヒーメーカー」です。

圧力をゆっくり加えることで徐々にコーヒーが抽出されていく仕組みですね。

面白いのはこの見た目。

理科の実験みたい・・・

メーカーはAEROBIE(エアロビー)という会社が作っています。

エアロプレスの特徴

このコーヒーメーカーの特徴はやっぱり味ですよね。

外見ももちろん特徴的ですが、それ以上に様々な味を出せることで有名なコーヒー器具なんです。例えばこんな感じに抽出できます。

豆の挽き方

粉の量

お湯の温度

お湯の量

混ぜる回数

蒸らす時間

圧力の具合

抽出時間

これらすべてが重なってコーヒーが抽出できます。

つまり自分なりの味を出せる珍しいコーヒー器具なんです。

正直ここまで抽出のバリエーションがある器具は珍しいですね。

コーヒーメーカーとかは、ただ粉を入れて水を入れてスタートを押すだけですけど、それ以上にアレンジできるんですね。これはすごいです。

拘りたい人は好きだと思いますよ。

ちなみに1から4杯抽出できて、後片付けも楽です。中の円形のフィルターを捨てるだけなので。値段も4000円とそこまで高くないのがポイントですね。

エアロプレスの使い方

使い方もとっても簡単です。

順番にまとめてみました。

1 キャップにペーパーフィルターをセット。

2 ペーパーフィルターを入れたキャップを底にはめて

3 チャンバーの中にコーヒー粉を入れます。

これで抽出準備は完了。

4 プランジャーに計量したお湯を注ぎます。

5 プランジャーのお湯をコーヒー粉が入ったチャンバーへ注ぎ

6 10秒ほどかき混ぜます。

7 プランジャーをチャンバーに差し込みます。プランジャーの底がコーヒー粉に接するまで、20秒~30秒間ゆっくりと圧力を加えてプレス!

コーヒーが抽出されます。

ポイントは4,5番ですね。

お湯をメモリが付いたブランジャーに注いでお湯量を確認してから、コーヒー粉が入ったチャンバーへ注ぐので2度手間になるのですが、仕方ないですね。急いでいる人は向いてないかも。

評判・口コミ

気になるのが評判ですよね。これもまとめてみました。

多分評価高いですよ。(笑)

では早速Amazonの口コミを。

2年前に買ったのがダメになって、再購入しました。自分が飲みたい味の調整ができるのが気に入っています。エアロプレスに変えてから、コーヒー豆が余らないようになりました。 セット販売しかなくて、本体のみの設定があればいいなと思います。 アウトドア用に、少し小さめのが希望です。

コーヒー豆の分量を考えながら調節して入れれるのは大きいですね。

1~4杯用じゃなくて1,2杯用が合ってもいいなと確かに思います。

出来上がったコーヒーのテイストは、コーヒープレスとエスプレッソの間でエスプレッソ寄りです。使い勝手も非常によく、材質的に壊れにくくコーヒー豆と洗浄の問題(コーヒーが出来上がり次第洗ってくださいの注意書きがある、器具を長持ちさせるため) が無ければ、アウトドアに持ち出すには最高の器具です。 フィルターもきれいに洗えば、数回再利用が可能でコストがかかりません。 ただ、淹れる時のお湯の温度が低めなので、沸騰させると冷めるまで少々時間がかかるのが、ちょっともどかしいです。

アウトドアに使えるという意見が多い気がしましたね。

そして弱点(改善してほしい点)で多く挙げられていたのは、お湯の温度です。

どうしても2回お湯を移し替えるので温度は下がってしまいます。

エアロプレス本体を温めておくか、沸騰したアツアツのお湯を使うかしか、方法はないようです。ただそれでも気になる程度なので低評価にはつながっていません。そこまで気にする必要はないかも。

というわけで結果は

やっぱり評価は高い!

まとめ

個人的には、家に一台あっても良いかな、という感じです。

ただ

面倒と言えば面倒。

毎回お湯を沸騰させて圧力で押してやっと抽出できる、という感じなので忙しい人には向いていないかも。コーヒーをとことん拘りたい人には打ってつけの器具だと思います。是非参考までに。おしまい。

エアロプレスコーヒーメーカー

エアロプレス フィルター