雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ごっそり取れる耳かきの選び方と、おすすめ耳かき10選

「耳かきって全然取れないし痛い!耳かきが折れた!」

 

こんなこと結構ありますよね。これは全て耳かきが原因です。今回はごっそりとれる耳かきの選び方と、特徴的なおすすめの耳かきを10選紹介しています。

 

f:id:zakkiblog:20170316193852j:plain

 

1 ノの字型耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

耳かきの定番の形、ノの字型です。定番の形であるということは、それだけ研究しつくされているということです。家に一本は欲しい匠の技ですね。

 

ノの字をとことん研究して作られた耳かきなので安心して使用できます。とりあえず耳かきで迷ったら「匠の技」です。

 

2 ノの字3連型耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

ノの字の3連型の耳かきです。通常の耳かきより3連なので取れる確率は高くなります。グッドデザイン賞も受賞しています。デザインが斬新な気がしますが、耳かきとしての機能も十分だそうです。

 

3 スパイラルヘッド型耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

名前の通り、頭の部分がスパイラルになっていて、奥に入れて引っ張って取るタイプです。奥に入れすぎると逆効果になりますので十分注意してください。

 

また使い方によっては耳垢を奥に押し込んでしまうこともありますので慣れるまでにコツがいると思います。個人的に僕も使ってますが引っ張る感覚に慣れたら結構楽ですよ。

 

4 振動で取る自動耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

振動と吸引で取る自動耳かきです。もちろん取ったゴミは後で捨てられます。べたべたの耳よりは乾燥した耳の方が取れると思います。コンパクトなので持ち運びしやすいです。

 

5 吸引式自動耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

吸引式の耳かきです。アメリカのテレビショッピングで話題になったそうです。使用音が静かなので安心して子どもでも使用できます。ただ画像に少しインパクトがありますよね。(笑)

 

6 しなりを使った耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ&べとべとタイプ

 

 

ちちんぷいぷい、ガイアの夜明けで紹介されたようです。確かにしなりを使った耳かきというのは今まで聞いたことがありません。

 

一度は使ってみたいと思わせる耳かきですね。話題としては使ってみても良いと思いますが、結局シンプルな耳かきのほうが良い、と戻ってきそうな気がします。

 

7 イヤスコープ耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ&べとべとタイプ

 

 

パソコンの画面を見ながら耳かきすることができます。USBコネクタで接続するのでバッテリーは必要ありません。画期的ですがまだまだ発展途上のようで価格も高めです。

 

8 イヤスコープ型耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ&べとべとタイプ

 

 

パソコンではなく目にスコープを当てて使用する耳かきです。スコープの中に耳の様子が映し出され、それを目で見ながら掃除ができます。使いやすいのかどうなのかは、正直分かりません。

 

9 ヒマワリ耳かき

~こんな人におすすめ~

カサカサタイプ

 

 

インテリア重視、プレゼント重視の耳かきです。耳かきをたくさん集めてバスケットに入れると、ヒマワリの花束になります。貰って嬉しいのかは分かりませんが発想としては面白いですよね。ちなみに先端はノの字になっています。

 

10 プロフェッショナル綿棒

~こんな人におすすめ~

べとべとタイプ

 

 

最後は綿棒です。べとべとタイプには綿棒が一番と言われています。市販の綿棒は100円でも売っていますが、このプロフェッショナル綿棒は評価が高く、非常に人気だそうです。例えると耳掃除ではなく耳のメンテナンスをする感覚ですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。正直耳かきだけでこんなに種類があるとは思いませんでした。もう一度まとめてみると・・・

 

カサカサタイプ

「ノの字」、「スパイラル」、「吸引型」

べとべとタイプ

「綿棒」

 

というイメージですね。耳かきと言っても探せばキリがありません。

 

自分にピッタリの耳かきを探すのは一苦労ですよね。ある程度自分の耳の特徴を知って、それに合った耳かきを探すのが一番だと感じます。ぜひ自分にぴったりの耳かきを探してみて下さいね。