雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

3時のおやつは太らないと言われる理由+おすすめのお菓子は?

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんは、3時のおやつを食べますか?

 

昔から、日本では3時に休憩をとるのが当たり前になっていますよね。小さい頃にテレビのコマーシャルでやっていた『3時のおやつは文明堂』というキャッチフレーズを思い出します。

 

でもふと考えてみると、どうして3時なんでしょうか。他の時間帯でも良いはずです。例えば夜ご飯のあとの8:00頃でも、お酒と一緒にお菓子を食べるというのも良さそうですよね。

 

という訳で今回の記事では「3時のおやつは太らない」と言われる理由について解説していきたいと思います。おすすめのお菓子も最後にまとめてみますね。

 

f:id:zakkiblog:20200321031336j:plain

そもそも「おやつ」は「御八つ」だった

そもそもの話「おやつ」という言葉を調べると歴史が見えてくるんです。おやつは漢字で「御八つ」と書きます。

 

これは江戸時代の八つ時(やつどき)が由来になっているのですが、この時間帯が大体午後2:00~午後4:00ごろを指すようです。

 

つまり、日本では江戸時代からおやつに似た言葉と習慣がありました。食事をとる合間の空腹を満たすものとして知られていたんです。

 

その後、先程も紹介した文明堂がカステラを販売するためにCMを打ち出します。『カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂』という言葉です。何度も聞いたので今も歌えます。(笑)

 

元々、間食として知られていた「御八つ」が、文明堂のCMも後押しすることとなり、3時におやつを食べるという考えが日本で浸透するようになったという訳です。

3時のおやつは太らないと言われる理由

f:id:zakkiblog:20200321031416j:plain

 

さて、ここから本題です。「3時のおやつが太らない」と言われているのは本当なんでしょうか?

 

答えは、もちろん食べ過ぎると体に影響を与えます。でも『医学的には太りづらい』と言われています。

 

その理由はBMAL1(ビーマルワン)という成分が関係してきます。この成分、実は脂肪の合成を促す物質として知られています。また、新たな脂肪細胞を作り出す働きもあります。

 

つまりBMAL1(ビーマルワン)が活発だと脂肪が作り出されていく、言い換えるなら”太る”という事です。その逆にBMAL1の元気がないと、あまり脂肪は作り出されません。

 

面白いことにこのBMAL1、午後3時ごろが少なく、午後10時過ぎにかけて増加していくんだそうです。まさにこれが、「3時のおやつは太らない」と言われている医学的な証拠です。

 

午後3時頃というのは、甘いものを食べても脂肪になりにくい一番最適な時間帯なんですね。

おすすめのお菓子はナッツやチーズ類

では、3時頃に一体何を食べれば良いのでしょうか。気になりますよね。一般的に言われているのは、朝昼晩の3回の食事で補いきれない栄養を摂取すると良いと言われています。

 

例えば、ナッツやチーズ類です。チーズにはたんぱく質と脂質が含まれています。他にもカルシウムや脂肪燃焼に効果のあるビタミンB2など豊富な栄養素の塊です。鉄、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。

 

また、ナッツ類も人気のお菓子です。ナッツには脂質が多く含まれていますが、不飽和脂肪酸と言われるもので、生活習慣病に効くことで知られています。他にも食物繊維なども豊富に含まれているのでおすすめです。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200321031349j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、3時のおやつは太らないと言われている理由をご紹介しました。もう一度まとめると、体内にはBMAL1(ビーマルワン)という脂肪を作る成分があります。

 

この成分の働きが少ない時間帯が午後3時ごろなんです。よって「3時のおやつは太らない」と言われています。

 

また、その時間帯に食べるおやつとしては、朝昼晩の食事で摂取できない栄養素を取り入れるのがおすすめです。普段なかなか摂取しにくいものを食べてみて下さいね。

 

※ちなみに私は普段パソコンでの作業が多いのでブドウ糖を取り入れるようにしています。(ブドウ糖は脳がエネルギーとして摂取できる唯一の成分なんです。)

 

詳しい記事は「眠気覚ましにあるお菓子が効くらしい?ブログ書きながら試してみた。」をご覧ください。それでは。