雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

1台3役モデル、おすすめはどれ...なの?「トースト・目玉焼き・コーヒーメーカー」

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

突然ですが、皆さんは1台3役の役割をこなすコーヒーメーカーをご存じでしょうか?

 

1台あるだけで、目玉焼きを作ることができ、トーストも焼けます。そしてコーヒーメーカーとして珈琲を抽出することも出来ます。

 

こんな画期的な製品があるのか?と驚く方は多いようです。画像で見るとこちらです。

 

f:id:zakkiblog:20190908135705j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

今回は、この1台3役モデルのそれぞれの特徴をご紹介します。各メーカーの情報もまとめていますので、気になる方は要チェックですよ~。

 

これで、毎朝楽しく調理しちゃいましょう。

 

 

1台3役モデルとは

まず初めに、このモデルの特徴をご紹介します。

 

一般的には「1台3役モデル」と呼ばれていますが、他にも「モーニングトリオ」「3WAYモーニングセット」「トータル・アイ」など色々な名称で呼ばれています。

 

どうやら正式名称が無いようです。(笑)確かに、目玉焼き・トースト・コーヒーメーカーが合体したと言われても上手く表現できないですもんね。

 

特徴としては、コーヒーメーカーのサイドにトースター+目玉焼きメーカーが合体したようなスタイルです。目玉焼きはトースターの熱で作るのでエコなんです。

 

この1台があれば「目玉焼きトースト+珈琲」が簡単に出来るので、毎朝の調理の手間が省けます。

 

有名メーカーはあまり作っていませんが、幾つか販売されているモデルがあるのでご紹介しますね。

 

①3WAYモーニングセットメーカー HWK-1107

ヒロ・コーポレーションってどんな会社?

f:id:zakkiblog:20190908160610j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

最初にご紹介するのは、ヒロ・コーポレーションが2017年に発売した調理家電です。1台3役モデルの中でも定番モデルとして有名です。

 

この「株式会社 ヒロ・コーポレーション」とは、福岡県北九州市に本社があり、オリジナル商品を販売、企画したりする会社です。

 

従業員は10名と小さな会社なんですが、販売する商品は面白く実用性のあるものばかりなんです。

 

ただ、公式サイトのオリジナル商品の中に、このモデルは含まれていませんでした。気になった方は、株式会社ヒロ・コーポレーション の公式サイトから商品を探してみてください。

 

特徴

f:id:zakkiblog:20190908160649j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

この「3WAYモーニングセットメーカー」(HWK-1107)は、トースター1枚が約5~6分、コーヒー480mlを淹れる時間は5~6分、目玉焼きは6~8分掛かります。

 

サイズは41㎝×23㎝×25㎝。重さは約3.1kgです。朝起きて、コーヒーに粉と水をセットしスタートを押します。

 

その後、トースターにパンを1枚入れて卵を上から割れば5分ほどで、完成するってわけです。これで本体価格が5,000円以下ですからコスパは良いと思います。

 

通常はコーヒーメーカーだけで5,000円以上します。ただ、個人的に思うのはパッケージ(デザイン)が少し安っぽいかな?と感じました。

 

水色のスイッチ部分やコーヒーメーカー周りの白いデザイン等、全体的なプラスチック感は否めません。

 

 

②モーニングトリオ

メーカーは...

f:id:zakkiblog:20190908161048j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

2つ目にご紹介するのは、俗に「モーニングトリオ」と言われているシリーズです。「朝食を楽しめて1台3役のモデル」を別の言い方にすると、モーニングトリオになるんでしょうか。(笑)

 

このモデルのメーカーを調べたのですが、あまり詳しい情報は載せられていませんでした。「モーニングトリオ 会社」と検索しても中々情報が出てこないんですよね。

 

でも、販売されているという事はどこかのメーカーで開発されたのは事実。情報お待ちしています。曖昧で申し訳ないのですが、詳しい情報が分かり次第追記しますね。

 

特徴

f:id:zakkiblog:20190908162212j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

この「モーニングトリオ(MT-3)」の特徴は、通常の1台3役モデルと同じです。

 

でも、ヒロ・コーポレーションのモデルよりも、大人びた色合いに仕上がっています。カラーはブラックを展開、サイズは41㎝×23㎝×29㎝で重さは約3.3kgです。

 

 

③トリオクッカー

タマハシってどんな会社?

f:id:zakkiblog:20190908164008j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

3つ目にご紹介するのは、タマハシのフローレ トリオクッカーです。

 

このタマハシ(株式会社タマハシ)という会社ですが、全国の卸売商社に各メーカーの商品やオリジナルの商品を卸している会社です。

 

新潟県燕市に本社があり54名の従業員が働いています。(2019年3月現在)

 

トリオクッカーがタマハシのオリジナル商品なのかは分かりませんでした。公式サイトの「製品一覧」を確認しても、商品は出てこないんです。

 

それで、もしかするとトリオクッカーはどこか違うメーカーから取り寄せて販売しているのかもしれません。これも詳しい情報が分かり次第追記したいと思います。

 

気になった方は、株式会社タマハシ の公式サイトからご確認ください。

 

特徴

f:id:zakkiblog:20190908164710j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

このトリオクッカー(FR-100)は真っ赤なカラーが特徴的です。

サイズは39.5㎝×22.5㎝×24cm。重さは3.2㎏です。

 

 

もしかして...全部同じじゃないですか?

f:id:zakkiblog:20190908170209j:plain

※写真はイメージです。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は3種類の1台3役モデル「3WAYモーニングセットメーカー」「モーニングトリオ」「トリオクッカー」をご紹介しました。

 

一つ気になったことがあります。この3製品、どれもカラーが違うだけで同じ製品ではないでしょうか?

 

電源のスイッチ周りや、コーヒーメーカーのサーバーの取っ手部分、外観がそっくりなんですよね。

 

私も調べながら「あれ?」と気になりだしたのですが、どうでしょう...似ている...というか「瓜二つ」のような気もします...。

 

ですが、おおもとの会社が分かりません。

 

もしかすると、「株式会社ヒロ・コーポレーション」さんや「株式会社タマハシ」さんは、どこかの会社から商品を仕入れて販売しているのかもしれません。

 

できれば元のメーカーが分かれば良かったのですが、調べた限りでは分かりませんでした...。(残念)

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190908170521j:plain

※写真はイメージです。

 

もし今、1台3役のモデルで買おうか悩んでいる人がいたら、お伝えしたいです。

 

「意外とどれも似ているよ」と。

 

もちろん探せばまだまだあります。海外のモデルなどを選ぶのも一つの手です。

 

「どうしても真っ赤なモデルが欲しい」など、カラーで選ぶのも良いのですが、中身で決めるならどのモデルも同じような形をしているのが2019年の現状です。

 

現在、まだ大手企業が販売に踏み出していないのも気になります。

 

パナソニックやデロンギ、象印にタイガーなど、有名なメーカーはコーヒーメーカーやトースターを別個で販売しています。

 

結局、トースターやコーヒーメーカー、目玉焼きメーカーは別々で買った方が良いという考えなのかもしれませんね。

 

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。