雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

動物園に行ってもつまらない動物ランキングまとめ

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

「よし、動物園に行こう!」となったものの実際に行ってみるとつまらない…。

そんなことはありませんか?

 

つまらない動物にはつまらない理由があると思うんです。そこで今回は「動物園に行ってもつまらない動物」をランキング形式でまとめました。

 

(注意点 この記事では個人の主観が多く含まれています。)

 

 

第10位 ゾウ

・理由 鼻以外にとりえがないから

 

f:id:zakkiblog:20160818130503j:plain

 

もちろんゾウはどの動物園にもいます。それくらい有名な動物です。

 

「さあ皆さん!動物園の絵を書いて下さ~い」と言われて書かれた絵のほとんどはゾウが書かれていると思います。

 

でもゾウって鼻以外に見るところがないんです。いや、もちろんあります。大きな足、大きな体、大きな耳…。たくさん見応えはあります。しかし滅多に見られないという興奮はありません。

 

日本で動物園は幾つもあります。日本動物園水族館協会(JAZA)に加盟している動物園だけでも90あります。

 

動物園がいっぱいあるのでゾウを見ることは珍しいことではありません。見たければいつでもゾウを見れる環境が整っているのです。そうしたことが原因でゾウは見飽きた、という固定観念があるのかもしれません。

 

ゾウを見慣れてしまった人間に責任がありますね。

 

第9位 ライオン

・理由 いつも寝てるから

 

f:id:zakkiblog:20160818130940j:plain

 

これも言い訳させてください。

 

ライオンはもちろん好きなんです。百獣の王と言われているし動物園の人気動物であることに間違いないのは分かります。ただ動物園に行った時のガッカリ感ランキングではかなり上位に入ると思うんです。

 

実際ライオンの檻に近づくと寝てるんですよね。(笑)

 

「あれ?百獣の王も寝ている!王様が寝ている!動物界の王が寝てる!」と思ってしまいます。しかもメスが意外と普通なんです。

 

オスは寝ていてメスは大きい犬みたい。なのでどうしてもつまらなく感じてしまいます。イメージと違った時にどうしてもガッカリしてしまいますね。

 

ライオンはもっと堂々としていて肉にかぶりつきどんな相手でも怯まずに立ち向かう、そんなイメージは動物園にいくと間違いなく覆されます。だってライオンは寝てるのですから。

 

第8位 ゴリラ

・理由 顔が怖いから

 

f:id:zakkiblog:20160818131503j:plain

 

ゴリラの顔が怖いです。檻に近づいてゴリラと目が合った時のあの顔!

 

誰かに似ているな~と思ったら上司の起こった顔ですね。いや、昔ストーブに触ろうとした時の母の怒った顔にも似ていますね。廊下を走って角を曲がった時に校長先生とぶつかった時の校長先生の顔にも似ている気がします。電車の中で遠くをボケーと見てたら向かいの人に睨まれたあの顔にも似てませんか?

 

ゴリラの顔は素人がみると、どうしても怒っているように見えてしまうのです。もちろん怒ってないのは分かっています。ゴリラも笑うんだよ!と飼育員さんは言うかもしれません。それは十分に分かります。

 

ゴリラは本当は優しい一面もあって、普段見るような胸を叩く行為、実は裏の顔なんだ的なことは言われれば分かります。

 

ただゴリラは怖いというイメージがやっぱりあるんですよね。この固定観念を取り除く必要があるのは分かっていながら第8位にゴリラを書いてしまった自分を反省したいです。

 

第7位 ウサギ

・理由 ペットショップでも見れるから

 

f:id:zakkiblog:20160818131816j:plain

 

これは一理あると思うんです。

ウサギってペットショップでも見れますよね。動物園に行かなくても見れます。

 

つまり動物園は普段見れない動物を見たいのです。そこら辺にいる動物を寄せ集めて動物園を作っても誰も見に来ません。そこら辺で見れるからです。

 

でも気持ちは確かに分かります。もし私が動物園の館長さんで1つスペースが空いている時どうするか?

 

従業員

「館長!あのスペースどうしましょうか?」

「そうだな~ゾウやキリンは小さすぎて入れないね。」

従業員

「スペース的にそこら辺にいるウサギでいいんじゃないですか?」

「うーん・・・。ウサギでいっか!」

 

こうなると思います。やっぱりウサギって可愛いんです。

 

なんかピョンピョン跳ぶし耳が長いし「子ども受け」が良いですよね。でも動物園で見たいかと聞かれるとウーンとなってしまいます。

 

第6位 羊

・理由 数が多すぎるから

 

f:id:zakkiblog:20160818132424j:plain

 

「いやいや、羊って数が多いのは当たり前でしょ」。

 

確かにそうです。通常、羊は群れで行動します。ただ数が全てではありません。

 

水族館でたくさんの魚を見たいかと聞かれると見たい!ってなります。でも動物園で羊をいっぱい見たいかと聞かれると悩みますね。ちょっとなんか違う気がするんです。

 

どちらかというと「ワクワク動物ランドみたいな名前でヤギやウサギ、モルモットと一緒に羊がいたら餌あげたいな~と思いますよね。

 

羊は動物園という感じではありません。動物園の小さいバージョン、動物ランドにいそうな気がします。

 

第5位 クラゲ

・理由 フワフワしてて眠くなるから

 

f:id:zakkiblog:20160818132741j:plain

 

第5位に選んでおきながら気が付きました。クラゲって動物園にはいないですよね。(笑)でももう書いてしまったので気にせず書きます。

 

クラゲはフワフワしてますよね。あれが好きという方もいます。

「あのフワフワが癒されます」、「時間が止まっている感じがします。」

 

クラゲ男子、クラゲ女子っていう言葉も聞いたことがあります。それ程クラゲは以外と人気なのです。ただ個人的にあのフワフワを見ていると、こう思ってしまうんです。

 

「ね、ね、眠くなってきた…」

 

クラゲって調べてみると99%ぐらいが水と塩分で出来ているらしいです。どうやって生きてるんでしょうね。もしこれが人間なら大変です

 

第4位 カメ

・理由 目が合った時に気まずいから

 

f:id:zakkiblog:20160818133211j:plain

 

カメって無言で何かを語りかけてくるように感じるのは私だけでしょうか?

 

動物園に行って

 

「わあーカメだー・・・。」

カメ「・・・」

私「・・・」

 

こうなるんですよね。

ほとんどの人がこうなると思います。カメを見ると静かになるんです。逆にテンションが上がっている人を見たことがありません。こんな人いますか?

 

「わあ、カメだ―」

カメ「・・・」

「かわいい!カメ可愛い!わっはっはー」

 

絶対こんな人いないと思います。カメってそもそも見ていて元気が出るような動物じゃありません。竜宮城かどっかに連れていかれる不思議な生き物というイメージがあります。

 

「笑顔にさせられる動物」ではなく「考えさせる、物思いにふける、感動させる動物」ですよね。何か気持ちが沈んでいる時にカメを眺めたいです。

 

第3位 イノシシ

・理由 華がないから

 

f:id:zakkiblog:20160818133541j:plain

 

第3位はイノシシです。理由は見たままの通り、華がないからです。

 

シマウマのような白と黒のフォルムなら話は別です。でもイノシシには残念ながらそんなフォルムはありません。

 

キリンのような圧倒的な背の高さがあれば話は別です。でもイノシシには残念ながらそんな背丈はありません。

 

猫のような何とも言えない可愛さがあれば話は別です。でもイノシシには残念ながらそんな可愛さはありません。

 

よって第3位にイノシシを選ばさせて頂きました。

 

第2位 ヤギ

・理由 紙を食べちゃうから

 

f:id:zakkiblog:20160818133904j:plain

 

ヤギは可愛いと思います。メェーとか言いながら寄って来たら意外と可愛いですよね。ただ問題があるんです。それは紙を食べちゃうこと。

 

動物園で話ながら重要な仕事の打ち合わせをしている人にとってこんなに怖い動物はいません。

 

従業員

「いや~社長。動物園は良いですね~。最近忙しかったのでいい気分転換になりますよ。あっヤギだ。」

社長

「ご苦労。忙しくしてすまなかったな。ところで例の極秘文書は見つけたか?」

従業員

「ははは、社長。私を誰だと思ってるんですか。もちろん見つけましたよ。あれ?あれ?ない!もしや...」

 

「モゴモゴ、モゴモゴ、メエー。」

 

みたいなことが起きるかもしれません。

ちなみにヤギは好き好んで紙を食べているわけではないようです。

 

どちらにせよ極秘文書を食べられた社長さんにとっては、つまらないでしょうね。(笑)

 

第1位 ナマケモノ

・理由 動かないから

 

f:id:zakkiblog:20160818134401j:plain

 

「動物園に行ってもつまらない動物ランキング」堂々の1位は「ナマケモノ」です。

 

これは説明するまでもありません。動物園に行っても全然動かないので全くつまらないです。 やっと動いたと思ったら動きもゆっくりです。

 

もっと見たいのに余りの遅さに耐えかねて次の檻に向かう人が大半だと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回学んだことがあります。それは「つまらない」というのは勝手なイメージ、固定観念だという事。

 

書きながら「この動物、もっとよく見たら面白い特徴がまだまだあるんだろうなぁ」と感じてしまいました。

 

人間も同じですよね。色々な人がいて、まだ個性を前面に出していない人が近くにいっぱいいると思うんです。そういう人を「この人つまらない」と安易に決めつけてはいけないな、と感じました。

 

何だか深い話になってきたので、ここでやめます。(笑)

 

おしまい。