雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

テニスの得点の読み方を解説します。

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近テレビを見る機会があるのですが、盛り上がったと言えばテニスですよね。錦織圭選手が2016リオオリンピックで銅メダルを獲得しました。

 

古いですか?

 

今更感ありますが実はこの記事、ずっと公開するのを忘れてたんです。もったいないので公開します。その話はどうでも良いのですが、テニスを見ながらふと疑問が。

 

なんで一気に得点が入るんだ?

 

15点から気が付くと40点になったり気が付くと試合が終わったりします。本当はカッコいいプレーを「上手い!」と言いたいのですがよく分かりません。

 

このままでは恥ずかしいのでちゃんと調べてみました。

 

f:id:zakkiblog:20160815174852j:plain

 

 

得点の数え方

まずは基本的な得点の数え方です。

一言で表すと4ポイント取ったもん勝ちです。

 

f:id:zakkiblog:20160815170257p:plain

 

4ポイント取れば1ゲーム奪ったことになります。よって「ラブーフィフティーン」と言われたときは「0-15」という事ですね。「フォーティ、サーティ」だと「40-30」です。

 

「フォーティ、フォーティ」だと「40-40」なので他のスポーツと同じルール、「デュース」が適用されます。

 

これを6ゲーム行い勝者が1セット貰えます。

 

f:id:zakkiblog:20160815172545p:plain

 

つまり4ポイント取って1ゲーム、それを6ゲームやって勝ったら1セット勝利ですね。

1セット制の試合もあれば、3セット制、5セット制の場合もあります。

 

以上がテニスの得点の読み方でした。

 

どうしてこんな得点の数え方なのか?

得点の数え方は分かりましたが、なぜか納得できません。どうしてサッカーや野球のように一点ずつ数えないんですかね?

 

4点入ったら勝ち!のほうが分かりやすい気がします。久しぶりに「てつ&とも」が思い浮かびました。

 

なんでだろう なんでだろう なんでだなんでだろう

 

テニスのルールは

0 15 30で 最後は40で終わるのなんでだろう

(なんでだろう)

 

0 15 30で 次は35じゃないのなんでだろう

(なんでだろう)

 

なんでだなんでだろう

 

本当に何でなんでしょうか?調べてみました。

 

f:id:zakkiblog:20160815175148p:plain

(出典 テツandトモ 公式ブログ Powered by LINE)

 

15→30→40の理由

普通に考えれば30の次は45のはずです。

でも何故か40。この問題に対する答えを早速見つけましたよ。

 

それは、発音。“45(forty-five)”の発音はめんどくさいけど、“40(forty)”なら簡単です。テニス会場で“40(forty)”といえば、みんな「あ~3点目だね」と分かります。

 

つまり、後半を略しちゃったんですね。

 

これは、マクドナルドを“マクド”と縮めるようなものですよね。いつの間にか略したものが正式な点数になってしまって、今では正式な記録も“0−40”とか表示されるようになっています。

引用元 テニスの点数-Suzie(スージー)

 

なるほど。要は面倒だったんですね。

発音するのが難しかったり聞き取れなかったりと色々面倒だから40になったようです。

 

f:id:zakkiblog:20160815175432j:plain

 

まとめ

テニスのルールには色々大人の事情がある。

 

やっぱりルールが出来るまでには色々な事情が重なってできるんですね。サッカーも考えたらどうして11人なんだろう、10人の方が切りが良いのにと思ってしまいます。

 

野球に5塁がないのはどうしてだろう。

卓球が11点マッチなのはどうしてだろう。

バレーボールはレシーブ、トス、アタックの他に何かあっても良いんじゃないの?

 

ラグビーはルールすらよく分からない。

挙げれば切りがありません。

色々大人の事情が分かったところで今日はここまでにします。