雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

メキシコの漁師の小話が面白い

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

インターネットの中には様々な情報が載せられています。ためになる話から面白ネタまで探せば切りがありません。そんな中で色々調べているうちに「メキシコの漁師の小話」に辿り着きました。

 

何気なく読んでいたのですが、とても興味深く読ませて頂きました。もともとは欧米で使われるビジネスジョークから来ているとも言われているようですが、作者が誰なのかはわかっていません。

 

今回はこのメキシコの漁師の小話についてです。「お金=幸せ」と考えている人や贅沢な暮らしを求めている人は是非読んでみてください。考え方が少し変わるはずです。

f:id:zakkiblog:20170803150615j:plain

メキシコの漁師の小話

まずはどんな内容なのかご紹介します。ネット上で数多く取り上げられているため、一部正確ではない部分もありますが、凡その話をまとめてあります。頭の中に思い描きながら読んでみて下さい。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

 

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

 

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

 

旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

 

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

 

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

 

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。

 

お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

 

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

 

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

 

漁師は尋ねた。

 

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

 

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

 

「それからどうなるの」

 

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

 

「それで?」

 

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

元の英文はこちら

An American businessman was standing at the pier of a small coastal Mexican village when a small boat with just one fisherman docked. Inside the small boat were several large yellowfin tuna. The American complimented the Mexican on the quality of his fish.

“How long did it take you to catch them?” The American asked.

“Only a little while.” The Mexican replied.

“Why don’t you stay out longer and catch more fish?” The American then asked.

“I have enough to support my family’s immediate needs.” The Mexican said.

“But,” The American then asked, “What do you do with the rest of your time?”

The Mexican fisherman said, “I sleep late, fish a little, play with my children, take a siesta with my wife, Maria, stroll into the village each evening where I sip wine and play guitar with my amigos. I have a full and busy life, senor.”

The American scoffed, “I am a Harvard MBA and could help you. You should spend more time fishing and with the proceeds you could buy a bigger boat, and with the proceeds from the bigger boat you could buy several boats, and eventually you would have a fleet of fishing boats.”

“Instead of selling your catch to a middleman you would sell directly to the consumers, eventually opening your own can factory. You would control the product, processing and distribution. You would need to leave this small coastal fishing village and move to Mexico City, then LA and eventually NYC where you will run your expanding enterprise.”
The Mexican fisherman asked, “But senor, how long will this all take?”

To which the American replied, “15-20 years.”

“But what then, senor?”

The American laughed and said, “That’s the best part. When the time is right you would announce an IPO and sell your company stock to the public and become very rich, you would make millions.”

“Millions, senor? Then what?”

The American said slowly, “Then you would retire. Move to a small coastal fishing village where you would sleep late, fish a little, play with your kids, take a siesta with your wife, stroll to the village in the evenings where you could sip wine and play your guitar with your amigos…”

学べる教訓①お金=幸せではない

f:id:zakkiblog:20170803150738j:plain

 

では、この話の教訓は何だと思いますか?

 

インターネット上では様々な意見がありますが、一般的に言われているのは「お金=幸せ」ではない、という考え方です。アメリカの旅行者はお金持ちになった後の生活について語りましたが、それは意外にも庶民的な生活でした。

 

アメリカ人旅行者が語ったお金持ちになったらできること

・仕事を辞めて引退すること

・日が高くなるまでゆっくり寝ること

・日中に釣りをして子どもと遊ぶこと

・奥さんとシエスタ(昼寝)をすること

・夜に友達と一杯やること

・ギターを弾いて歌をうたうこと

 

気が付いた方も多いと思いますが、これらは全て庶民的なものばかりです。仕事を退職してお昼まで眠り、趣味を楽しみ子どもと時間を過ごす。奥さんと会話し夜には友達と飲んで歌をうたって眠る。退職したサラリーマンが全て出来ることです。

 

お金をたくさん稼いでも、人の望む幸せは普通に生活する事だった、という事実を明らかにしています。実際に研究者の中には「幸せはお金で買えない」という人もいれば「ある程度のお金があって幸せになる」という人もいます。

 

いずれにしても「年収が下がっても幸福度は下がらない」と言われているように「幸せ=お金」という今まで考えられてきた法則が揺らぎつつあるのは事実です。

 

お金よりも時間を重視し「時間=幸せ」と考える研究者もいます。

学べる教訓②稼ぐ過程を楽しむ

f:id:zakkiblog:20200204120400j:plain

 

しかしながらインターネット上では違う感じ方をしている方もおられるようです。その1つが、稼ぐ過程を楽しむことが重要だという考え方です。つまり経験値が違うという話を持ち出す方がいます。

 

メキシコ漁師の当時の暮らしとアメリカ人旅行者が語った最終的な暮らしは、言葉では全く同じものでした。

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

 

しかし、ここに至る過程を比較すると大きな違いがあることが分かります。メキシコ漁師の場合、半永久的に田舎町で漁を行い続けることになります。一方、アメリカ人旅行者が語ったプランは、このようなものです。

 

メキシコ漁師のプラン

・田舎町で必要な分だけ漁を行う

 

アメリカ人旅行者が語ったプラン

・毎日もっと長い時間、漁を行い魚を売る

・お金が貯まったら大きな漁船を購入する

・さらに儲けが増え漁船を2隻3隻と増やしていく

・大漁船団となったならたら水産品加工工場を建てる 

・メキソコシティに引っ越し、ロサンゼルスやニューヨークへと進出する

・マンハッタンのオフィスのビルから指揮をとる

・株を売却し億万長者になる

 

果たして20年,30年経った時、どちらのほうが経験値があるでしょうか。どちらのほうが知識量が多いでしょうか。一目瞭然でアメリカ人旅行者が語ったプランのほうが沢山のことを経験できます。

 

結局、同じ結末になるとしても、その過程をいかに楽しむかが重要なんだ、という事を教えてくれる物語なんです。こういう考え方もあるんですね。

学べる教訓③何かあった時のサポート力が違う

f:id:zakkiblog:20200204120332j:plain

 

最後にもう1つ、新しい考え方をご紹介します。これも「なるほどなあ」と感じたのですが、将来のサポート力が異なるという点です。何度も触れていますが、メキシコ漁師とアメリカ人旅行者の最終的な結末は全く同じものでした。

 

ですがメキシコ漁師の場合、何かあった時にサポートしてくれるのは、周りの仲間だけです。万が一、怪我や病気で魚が取れなくなったとしたら、生活するのは難しくなります。

 

一方、アメリカ人旅行者が語ったプランでは起こりうる危険を予測するリスクヘッジの対応が出来ていると言えます。本人が怪我をしてもすでに組織が構築されているので、すぐにビジネスが崩壊することはありません。

 

同じ結末だったとしても、リスクを分散した生活を送っていれば、後々気持ち的に楽になるという考え方です。これも面白い見方ですよね。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200204120456j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事ではメキシコ漁師の小話について分析してみました。各サイトでも多く取り上げられているので有名な話なのですが、作者が分かっていないなど不明な点も多い不思議な話です。

 

そして人によってこんなに色々な考え方があるのは面白いですね。皆さんはどう思いましたか?

 

それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。当サイト「雑記ブログ卒業」は小話や豆知識などなど他の記事も書いていますので是非ご覧ください。それでは。