読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

「相手に思いを伝える方法」は時代と共に変化する

相手に思いを伝える方法は日々変化しています。具体的にどんな変化を遂げていったのでしょうか。今回はその変化していく様子を順番に見ていきましょう。

モールス信号

最初の頃はモールス信号で相手に思いを伝えました。「ツーツーツー」と文字を打つことで相手と会話することができたのです。しかし当然ながら絵文字はありませんので表現に限りがありました。

「好き」と伝えるには「好き」と打つしか方法はなかったのです。ストレートに言葉を表現していたんですね。

ショルダーフォン

f:id:zakkiblog:20161208050435j:plain

携帯電話の歴史 | 年代流行

時代は変わり携帯電話の先駆けとなるものが普及し始めます。しかしこの頃はまだまだ発展途上。携帯と言っても重さ3キロもあったそうです。最近では「平野ノラ」さんがこの電話を持ってネタをやることで有名ですよね。

ただこれの欠点は相手もショルダーフォンを持っていないと電話できないこと。相手に思いを伝える為には双方が重さ3キロの電話を担がなければならないんですね。大変ですよね。

携帯電話

さらに時代は変わり携帯電話へと変化します。いわゆるガラケーです。ぱっと開いて文字を打ちすぐに送信できる。優れものでしたね。絵文字も使えるので「相手に思いを伝える」上でより幅の広いコミュニケーションが可能になったと言えます。

「好き」と伝えるだけでも、絵文字、顔文字、文字、など伝え方はいっぱいありますもんね。

スカイプやライン

そして今現在。スカイプで顔を向き合いながら相手に思いを伝えられる時代になりました。しかもタイムラグは殆どないので相手と時間を共有することもできます。時代は変化していますね。

昔に戻りたい

ここからは勝手な気持ちです。

昔に戻りたいな、ってすごく思うんですよ。相手に思いを伝えるにしても手段が多すぎる時代になったな、って思うんです。昔だったら「トートーツーツー」みたいに打てばすぐに思いを伝えれたんですよ。楽じゃないですか?今だったら、どんな絵文字使おうかな?とかこの言葉は謙譲語だから使わない方が良いな、とかもう面倒になってしまうんです。今は気持ちをリアルに伝えられる分、ストレートさがなくなった気がします。もう少しストレートに気持ちを伝えられたら良いんだけどな。だからラインスタンプとかが流行っているんですかね。

とにかく昔に戻りたいです。モールス信号の時代に戻りたいです。相手と「ツーツー」打ち合いたいです。文字を打ってる時に間違えたらどうするんでしょうかね。「間違えちゃった」とか言いながらまた文字を打ち直して。そしたら相手も「全然大丈夫だよ」なんて打ってきたりして。「ありがとう」って打ったら「こっちこそありがとう」って帰ってきて。ニヤニヤ笑ってこの信号の先で同じように笑っているんだろうな、なんて想像したりして。

そんな時代が今はどうですか?しがらみが多過ぎます。

とにかく昔に戻りたいな~ていう話でした。

 

他の記事

www.zakkiblog.net