雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

雑多のブログで結果を出すには書き続けるしかない

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

雑多ブログ、雑記ブログは全然稼げないよ!とよく言われますが本当にそうでしょうか。個人的にはコツを掴めばある程度稼げると思います。でも私も含め皆感じていること、それは「そのコツが分からない」事ですよね。

f:id:zakkiblog:20161004215319j:plain

諦めない

基本的な事柄ですが諦めたら試合終了です。せっかく1ヶ月続けたのにアクセスが増えないと辞めてしまう人。3ヶ月毎日更新したのに収益が増えないので辞める人。色々見てきましたがとてももったいないです。もう少ししたら稼げるのに、と思ってしまいます。という当ブログ(雑記ブログ卒業)も一時は危ない時期がありました。特に最初の2ヶ月半ぐらいが一番きつかったです。アクセスはある程度あったのですが、なんせ爆発的にヒットしない。検索を狙った記事ではなくトレンド記事に特化したブログにしようか迷ったこともありました。

でも今思えば諦めずに続けて良かったです。色々ありますが「諦めないこと」、これが雑多のブログで結果を出すための一番の方法に感じます。雑多のブログで有名な人の名前を挙げると幾つも出てきますよね。でもその人のブログを見ると意外にも継続期間が長いことに気が付くはずです。そんな3ヶ月程度で結果が出るわけがありません。3ヶ月で収益が何十万もあったらみんな頑張ってブログを続けるはずですもんね。

ただ時として問題になるのが一年程継続しているのに結果が出ない人です。他の人のブログを見ていると時々見かけることがあります。1年継続して「12か月目のアクセスを公開します。10000アクセスでした!」というような人です。明らかに少ないですよね。一年毎日更新し続けて10000アクセスは明らかに少ないです。他の人と見比べて自分のブログのアクセスが少ない場合その原因を探る必要があります。大抵は記事の内容ではないでしょうか。

質の高い記事を書き続ける

どんなに面白い記事を書いても、質が伴っていないなら長い目で見てその記事は資産とはなりません。例えば「ひたすらダジャレを書きます!」みたいな記事です。その時は人気が出てある程度アクセスが集まるかもしれません。しかし半年後、何年後にもその記事は読まれ続けると思いますか?

たぶん読まれないです。もちろんよっぽど面白いダジャレの場合は別ですよ。(笑)それだったら「職場で困った時に使えるダジャレまとめ」のほうが長い目で見ると検索数は多いと思います。検索に拾ってもらえる質の高い記事を更新していれば必ず結果は付いてきます。その結果が早かれ遅かれ更新を続けなければなりません。

もし「質の高い記事なんて書けない!」と思っている方がいるなら、そんなに心配する必要はありません。質の高い基準は人によって違うからです。自分の好きなことを更新していれば必ず質は高くなります。漫画の記事ばかり更新している人のブログに漫画嫌いの人が見に行くはずはありません。質は低いと勝手に考えます。興味がないので。でも大の漫画好きの人にとってそのブログは最高品質の記事となり得ます。「こんな細かくあの漫画を解説しているよ~」と楽しく読んでくれるに違いありません。

自分の熱を込めれる記事を更新していくなら、必ず読んで下さる人は現れると思いますよ。

雑多で生き残るには

雑多のブログで生き残るための一番の方法は記事を更新し続けることです。特にこのブログのように、そこまで質が高くなくジャンルも広すぎるブログにとっては継続が重要です。アフィリエイトブログでも最低50記事、100記事更新して結果が出ると言いますからね。まして雑多のブログなら10記事程度で結果が出る訳がありません。ちなみに私はこのブログを始めた時、3ヶ月で5万円稼げるかな~と考えていました。(笑)そんな稼げる人はほんの一握りですね。

時々、収益を報告する方がいます。3ヶ月でアクセス10万達成しました~という具合です。でもこういうアクセスが多い人ってごくわずかしかいない事を絶対に忘れてはいけません。「自分は無理だ、この人みたいになれない」と辞めてしまう人がいるようですが、その人みたいになるなんて9割型無理です。収益を報告している人はごくわずかであってそれなりのファンも付いています。よって検索順位が上がり、その収益報告をみんなが見ているだけです。陰では9割型の人たちが試行錯誤してブログを続けていることを忘れてはいけません。私もついつい有名な人のブログを見ては「凄いな~」と眺めていたのを思い出します。今も眺めていますけどね。(笑)

まとめ

色々好き勝手に書いてきましたが結局のところブログは継続が肝心です。特に雑多ブログにおいてはそう言えます。このブログもできるだけ長く続けたいなあと考えさせられる今日この頃でした。

おしまい。

関連記事

www.zakkiblog.net