雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

チョコレートを食べると余計に疲れるらしいから、実際に調べてみたよ

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

最近チョコを食べるのが好きです。

チョコを食べると疲れが取れるんですよね。

 

でも最近ビックリするような記事を読みました。

それが「疲れている時にチョコを食べるのは逆効果である」という記事。

 

これ本当かな?

 

っていう訳で早速調べてみました。

 

f:id:zakkiblog:20170826181505j:plain

 

チョコが食べたいのは糖分を欲しているから。

そもそも疲れている時は、糖分が足りていないから。

血糖値が関係しているらしいです。

 

糖分?

血糖値?

 

なんじゃそりゃ!

僕はただ疲れてるからチョコが食べたいんじゃ。

 

そう思ってしまうのですが…

真面目な話、体を使う事でエネルギーが消費されます。

疲れている時は血糖値が下がっているので、糖分を取り入れることで回復するって訳。

 

ただチョコを一気に取り過ぎると、血糖値が急激に変化して余計に疲れることになります。

 

だから問題は、チョコレートの量じゃない。

疲れた時にどんなチョコレート(糖分)を取るかが重要なんです。

 

しかも(チョコ)糖分は色々な種類がある

f:id:zakkiblog:20170826182909j:plain

 

しかも面倒なことに糖分は色々な種類があるんです。

糖分というか「成分」ですね。

 

つまり、ただ適当にチョコを摂取しても疲れは取れんぞ、って話。

 

成分を分けるとこんな感じ。

 

テオブロミン「中枢神経の覚醒」

アナンダミド「脳の疲労や精神の疲労を緩和」

エンドルフィン「多幸感を増やす」

セロトニン「幸福ホルモンとも呼ばれる成分」

フラバノール「脳の血流改善」

 

こんな成分あるって凄くないですか?

チョコってやっぱり効果があるんですよね。

 

この成分が多く含まれるチョコを摂取した方が疲れには効きます。

 

やっぱり一番はチョコレート効果じゃない?

で、一番良いチョコレートを調べてみました。

「一番良い」というか、「疲れに効く」と言った方が合ってますね。

調べた結果はこれです。

 

じゃーん!

 

 

チョコレート効果です。

どうやら疲れに効く成分がカカオに多く含まれているみたい。

なのでカカオが多く含まれるチョコを摂取すれば疲れは取れます。

 

チョコレート効果は苦いんですが、効果は抜群。

しかも免疫力アップ、集中力の向上、自律神経の調整などを期待できる。

美肌効果まで狙えるとか。

 

こりゃ最高だわ。

詳しくはチョコレート効果の効能は本物だった!の記事でも書いています。

 

 

「疲れているならチョコを取るんじゃない、糖分をとるのだ」

f:id:zakkiblog:20170826184830j:plain

 

という訳で今回は、チョコを食べると余計に疲れる理由について調べてみました。

 

結局、チョコを無駄に摂取すると、血糖値が急激に変化して余計に疲れてしまうって訳。

でも効果の多いチョコを食べれば、少ない量でも疲れは取れます。

その代表格がチョコレート効果って訳ね。

 

だからつまるところ、チョコじゃなくてもOK。

ブドウ糖なんかは疲れに効くらしいです。

これね。

 

 

という訳で以上です。

 

こりゃ良いこと知りましたわ。

明日からチョコレート効果の買い貯めだな。

 

結局たくさん食べたら血糖値が一気に上がってしまいそうだが・・・

 

by ざっきぶろぐ