雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

スカイプランター(Skyplanter)の仕組みはどうなっている?

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

スカイプランターが最近話題になっているみたい。

話題になっているというか人気というか…。

 

f:id:zakkiblog:20180321083700j:plain

 

ニュージーランドから来たそうですが、話題にならない方が不思議なくらい。

 

だって植物が

逆さにつるされてるんですよ。

 

という訳で、今回はスカイプランター(Skyplanter)の仕組みについて、私が分かる範囲で書こうと思います。

 

スカイプランターの仕組み

仕組みはこの絵が一番わかりやすかったです。

 

f:id:zakkiblog:20180321083712g:plain

 

もう分かりますよね。上から順番に貯水ポットがあって、土がある

そして上から水を注ぎます。その結果、土に水分が満遍なく行き届くという訳。

スカイプランターを販売しているサイトにこう書いてあります。

 

貯水ポットに溜まった水は、テラコッタ(素焼き陶器)の肌から徐々に下の土へと浸透していきます。このため、 水やりは夏場に1~2週間に1~4回、冬場に1~2週間に1回で済みます。

 

なるほど。段々と水が浸透していくわけですね。

確かに一気に浸透したら、そのままこぼれてしまいますから。

 

給水口は上から

給水口は上からです。面白いのがスカイプランターを扱う販売店はやっぱり色々考えているな!という点。私がよく見ているのは、面白ざっか・デジモバの「スカイプランター」というサイト。

 

この販売店の凄い所は、水を上げると緑の棒が上に伸びてくる仕組みなんです。

写真だとこれ。

 

f:id:zakkiblog:20180321084315j:plain

 

水を上げるとだんだん緑の棒が上に上がってきます。満水時は緑の棒が一番高く上がり、水が減っていくにしたがって緑の棒も下がっていくという仕組み。

 

なので水やりのタイミングも自由自在。

緑の棒を見て判断すれば良いので、枯らす心配もありません。

 

水やり下手には最高の仕組みなんです。

 

スカイプランターの今後

個人的にはこのスカイプランター。

かなりヒットしそうな予感がします。

理由は、そのインテリア製。

 

他に見ないですもんね。しかも話題性抜群です。

また、場所を取らないのもポイント。普通植物を育てる時はベランダや部屋の片隅、机の上に置きます。でも置くとスペースが取られてしまうのも事実。

 

スペースを有効活用したい、となると必然的に吊るす作戦になります。

上から吊るせばスペースが空きますし、空間的にもお洒落な部屋に仕上がると思うんですよね。悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

 

以上がスカイプランターの仕組みでした。

スカイプランターの販売店情報やオススメ植物に関しては

逆逆!スカイプランターは通販で簡単に買える!おすすめ植物はどれだ?

の記事でも書いてますのでぜひ。

 

面白ざっか・デジモバの「スカイプランター」から、スカイプランターを購入できます。それでは。