雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

「たくさん失敗したほうが後々成長できる理論」に違和感を感じた

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

これはふと疑問に思った話です。

 

よく学校の先生でこう言う人がいます。

 

「たくさん失敗したほうが後々大人になった時に楽だから」

 

そして学校を卒業後、就職。

 

就職先の上司にこう言われます。

 

「失敗すれば後々成長できるんだぞ」

 

やがて社長になり部下にこう言います。

 

「私は今も失敗ばかりだ。だからこそここにいる。みんな失敗を恐れてはいけない!」

 

 

・・・

 

なんか違和感、感じません?

 

f:id:zakkiblog:20170413142602j:plain

 

失敗すれば成長できるのはうそ

これすごく疑問に思っていて、納得できないんです。

そう。「失敗したほうが良い」っていう理論。

 

いや、分かります。

 

確かに失敗すれば成長できるしね。

 

ただね、

 

 

失敗しても同じこと繰り返す人が結構いるのよ。

 

失敗から学ばない人が多すぎるのよ。

 

だからさ。

 

失敗したほうが良いんじゃなくて、

 

「失敗から学ぶことこそが成長のカギ」

 

だと思うのは僕だけですか?

 

時々見ます。失敗から学ばない人。

もう見てられないんだから。

 

最初に失敗して謝る。

次の日同じ失敗をして謝る。

上司があきれる。

また失敗する

もう誰も怒ってくれない

 

この循環です。

失敗を繰り返す人は怒られても同じ失敗をするんですよね。

失敗から学んでないので。

 

なので失敗しないほうが良いに決まっているんですよね。

 

他人の失敗から学べる人が最強説

ただこう考えてくると「他人の失敗を見て学べる人」こそが最強なんじゃないかな、って感じてしまいます。

 

よくいるじゃないですか?

メチャクチャ頭のいい融通の利く人。

 

なんでそんな仕事ができるんだろう、と疑問に思いますよ。

でもちょっと考えたらその人って、他人がしている失敗は絶対にしないんですよね。

他人の失敗を見て学んでいるんだな、と。

 

なるほど。そりゃ頭も良いし融通も利くわけだ。

個人的にはこの人のような「他人の失敗までも自分の糧にできる人」こそが最強だと感じます。

 

言い方変えればラスボス的な感じ?

 

クッパですよ。クッパ。

 

マリオが僕。

 

だから僕は頑張ってファイナルステージに辿り着いてラスボスを倒そうとするんです。

でも無理なんですよね。そのクッパは他人の失敗から学べる最強キャラなので。

 

きっとマリオからも学んでBダッシュとか3段ジャンプとかでこっちに向かってきますよ。

 

そう。

 

敵の失敗や特徴を観察して、それすらも自分のものにしてしまう技術。

それこそが後々成長できるポイントだと思うんです。

 

もうそこまでいったらクッパじゃないからね。

 

マリオの物まねをするただの怪物だからね。

 

 

でも物真似できる人って、結構頭が良い気がします。

発想力があるというか頭の回転がいい、っていうのかなあ。

 

だから僕は自分の真似をするクッパとこれからも向き合わないといけないんですね。

もういっそのこと、僕がクッパの真似をしようか。

 

結論

色々適当に書いてきましたが、

結果的に僕の結論はこれ!

 

たくさん失敗したほうが後々成長できる理論

 

ではなく

 

他人の失敗を自分のものにする技術こそが後々成長できる理論!

 

 

かっこよく決まったからおしまい!

 

 

こんな記事も書いています。

純粋な気持ちで西野亮廣の「えんとつ町のプペル」を読んだ感想。