読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

柴崎岳が鹿島からテネリフェ移籍で大活躍、でも考えたら当たり前だった

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近柴崎岳選手への賛辞が止まりませんね。

 

「テネリフェに来てくれてありがとう~」

「柴崎最高!」

「チーム最高評価!」

「柴崎は他の選手とはまるで違うクオリティだ!」

「特別な選手」

「彼は最重要人物かもしれない」

 

もう褒め過ぎだよ!

 

 

まあ若手の選手が海外で活躍しているのをニュースで見ると嬉しいですけどね。

でもね、一つ気が付いたんです。

柴崎は活躍して当たり前だ、という事に。

 

だってテネリフェは、以前に所属していた

 

 

鹿島アントラーズよりも下位のチームなんだから!

 

 

総合的に見たテネリフェの現実

確かにテネリフェは良いチームです。

スペインリーグで1部にいた時もあります。つまりレアルマドリードやバルセロナと戦っていた時もあるんです。でもそれは昔の話。2017年現在はまさかの2部。

つまり完全に「昔強かったけど今弱くなった系」のチームなんです。(さすがに言い過ぎ?)

 

でもこれが現実。

 

その証拠に鹿島アントラーズとデータ上で比べると以下の通りになります。

 

スタジアム収容 テネリフェ(23660人):鹿島(40830人)

世界ランキング テネリフェ(355位):鹿島(100位)

選手合計評価額 テネリフェ(9億8000万):鹿島(19億4000万)

 

ちょっと・・・

 

全部負けてんじゃん!

 

言いたくないんですが、ここではっきりさせてもらいます。

鹿島アントラーズからテネリフェへの移籍は、ステップアップとかじゃない。

ステップダウンしているのです。

 

いや。本当はそう思いたくないです。

だって海外ですよ?メンタル面を鍛える上では絶対に柴崎のためにもなると思います。

しかも今大活躍してチームの柱になりつつあるし。

 

データ上ではステップダウンだけど、柴崎自身の選手としての価値は間違いなくヨーロッパで急上昇します!

よね?

 

柴崎岳の今後

だからこれからきっと悪口を言われることもあると思います。

必ず調子が悪い時も来ると思います。

そういう時に限ってマスコミが変な事を書くんですよ。

 

「柴崎岳テネリフェで自身の株急暴落。古巣にカムバックか?」

 

みたいな記事がニュースにいづれなると思います。

でもそんなのは関係ない!

柴崎岳は間違いなくステップアップしているんだ。

この後、1年ぐらい滞在して活躍し、ドルトムントとかセビージャあたりに移籍するんだよきっと。柴崎岳ならそのポテンシャルを秘めている。と思いたいです。

 

サッカー選手って活躍すると褒められるんですが、失敗すると急にボロクソに言われる。それがスターの宿命。柴崎が批判されるってことは、そのぶん注目されている証なんですけど、あのルックスと華麗なプレーを見るたびにどうしても応援したくなってしまいます。

 

きっと次のワールドカップでは選抜で活躍してますよ。

前から順番に大迫勇也、原口元気、清武弘嗣、その下に山口蛍あたりと並んでプレーしている気がします。そして途中交代で香川真司や本田圭佑、岡崎慎司あたりが出てくるんじゃないかなあ。

そしてダークホースとして久保健英が出てくるとか?

 

想像すると夜も眠れませんよ。(笑)

 

僕の中でのフォーメーションの中心にいるのは柴崎岳です。

(ちょっと褒め過ぎかな?)

 

まあ今後どうなるかは分かりませんが、とりあえず怪我だけは気を付けてほしいですね。今は試合に出れているようなので、自分のプレーで観客を魅了してほしいです。

 

「監督やチームに信頼される」と輝く。

なんか香川に似ている気がしますが。

という勝手な柴崎岳への熱い気持ちでした。

 

おしまい。

 

関連記事

日本×イラク戦 勝利を手繰り寄せた山口蛍の弾丸ミドル

サッカーに誤審はつきものだ

自伝本で日本サッカー選手のフォーメーションを作ってみた。