雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

セカンド洗濯機は一人用で安い?意外と使えるセカンドランドリーとは?

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

洗濯機は今の時代、1台2万円以上します。高級洗濯機だと10万円以上することもあります。

ですが中には、「一人暮らしにそこまでの機能は要らないから、少しだけ洗濯できればいい」と思っている方も多いようです。そんな方におすすめのモデルがあるんです。

 

それが今話題になっている2槽小型洗濯機。(CBジャパン)世間では言い換えると、マイセカンドランドリーとか、セカンド洗濯機、サブ洗濯機とも言われています。

 

 

セカンド洗濯機とは?

セカンド洗濯機とは、言い換えるとチョットしたものを洗うのに適した洗濯機です。

例えば、こんな状況です。

 

・家には一台大きな洗濯機があり、家族みんなで使用。でもタオル数枚なら大きな洗濯機を使うのは電気代ももったいない…という状況。

・春から一人暮らし。洗濯機を探しているけど一台数万円もして高い。自分はそこまで洗濯しないから、1万円以下で買える小型の洗濯機が欲しい、という方。

 

こんな状況の時に、安くて使いやすいコンパクトな小型洗濯機があれば良いと思いませんか?それが、今回の記事で紹介している、CBジャパンの2槽式小型洗濯機(型番TOM-05)というわけです。

 

値段が9900円程で購入できる、洗濯機の類ではあり得ない値段の安さに設定されています。評判が高いのも頷けますね。

 

今回紹介している洗濯機

 

CBジャパンの2槽式小型洗濯機の特徴

 

使い方はとても簡単です。

 

1.水を入れるホースを蛇口にセットします。

台所の蛇口でも良いですし、お風呂場の蛇口でもOK。

 

2.洗濯物を左側の洗濯槽に入れます。ちなみにこのモデルは2槽式なので脱水の際は右側の入れ物に移し替える必要があります。画像で見るとこんな感じ。

左が洗うエリアで、右側が脱水させるエリア。

 

3.水道の蛇口をひねって水を入れ、洗剤を入れます。

 

4.真ん中のダイヤルをセットします。ボタンは上部に3つ付いています。左から、洗濯タイマー(15分まで)・機能設定(ソフト~標準)・脱水タイマー(5分まで)です。

真ん中の「機能設定」は、下着などを洗う時はソフト、ジャージなどは標準で洗います。

 

5.その後、一番左のボタン「洗濯タイマー」を回し好みの時間にセット。勝手に始まりますので蓋をして待ちます。

 

6.タイマーが止まったら蓋を開けて排水です。真ん中のボタンを右側にひねります。この際、排水ホースをしっかりセットしておいてくださいね。

 

7.衣類を脱水層へ移動させて、右側のボタン、脱水タイマーをセット。自動で始まります。あとは終わり次第、取り出して衣類を干すだけです。(すすぎを行う場合は、もう一度左側の洗濯槽に入れて同じ作業を繰り返します。)

 

評判や口コミ

 

気になるのが評判や口コミです。評価は高い人は絶賛していますが、メインでガッツリ洗濯することを目的として購入した方は評価が低めな感じがしました。あくまでもサブの洗濯機としてなら高評価なようです。

 

幾つか気になった口コミをまとめています。Amazonでのレビューです。(若干レビュー内容は変えてあります。)

 

使い始めてから1年。全く問題なく使用できています。私は洗い6分、脱水2分、すすぎ3分、脱水2分で、いつも使用しています。

2槽式のため移し替える手間はありますが、時短と節水ができるのでお気に入りです。脱水時には、きっちり上まで詰め込んだほうがスムーズに回ります。(洗濯物の量が少な目だと、洗濯機がかなり暴れます。)

 

頑丈さに関しては、高評価の方が多かったです。中には不具合で評価が低い方もいますが、そこは致し方ない部分。普通に使用すれば長く使えると思います。

 

色の出やすいデニムや色落ちする服などもあるので、小分けに洗えるのがとても良いです。音が静かなので、夜でも洗濯できます。

全自動に慣れている人には面倒かもしれませんが、結果として時間短縮です。脱水機と洗濯槽を、交互に使うようにすれば、2回分洗えますし、使いようによっては便利ですよ。

 

さらに、洗濯も脱水も、パワーは十分。詰め込み過ぎさえしなければ、かなり落ちます。

 

私の場合、部屋が広くなく、室内の洗濯機置き場に冷蔵庫とスチールシェルフで収納を作ってしまったので、洗濯機を置くところがなくなってしまいました。

この洗濯機なら、テーブルの下にすっぽり収まるし、軽いので女性でも簡単に持ち運びができます。私は、洗濯のたびに、ユニットバスにこの洗濯機を持ちこんで使っていますが、とても重宝しています。

 

洗濯をためてしまったときは、3~4回に分けて、洗濯しますが、結局、全自動より早く終わっているような気がします。壊れないでいてくれれば、本当に良い商品です。

 

この方はかなり上手に使っているようです。洗濯槽と脱水槽を同時に使用することで時間短縮になるという訳ですね。

 

 

色々レビューを見ていると、「一人暮らしでも意外といける!」 という口コミが多いんですよね。春の新生活で、安くても良いからコンパクトな洗濯機が欲しい、という若い方にはピッタリだと感じました。

 

ただ、ガッツリ洗濯機を毎日使うような方なら、ちゃんとした大型の洗濯機のモデルをおすすめします。あくまでも、そんなに洗濯はしないけど、安くて手軽にできるモデルが欲しい、という方向けです。

 

マイセカンドランドリーのスペック

最後にスペックをまとめてみます。

サイズは約55㎝×約36㎝×約57㎝です。重さは11㎏。

洗える量ですが、標準の洗濯だと約3.6㎏。脱水時は2.0㎏。水量は約16リットル入ります。付属品は、脱水用蓋と取扱説明書です。

 

排水ホースは付属していませんので、購入時は一緒に買うことをおすすめします。三栄水栓の洗濯機排水ホースが無難です。Amazonの「よく一緒に購入されている商品」で紹介されていますのでチェックしてみてください。

 

 

今回紹介した洗濯機は意外と知らない人が多いと感じます。CMで広告を打つと認知度が上がりますが、東芝や三菱のように大々的に打つのも費用が掛かりますからね。

 

でもその分、広告ではなく口コミでここまで話題になっている、という事は本当に良い商品なんだろうな、と感じます。1万円以下で買えるので、悩んでいる方は是非チェックしてみてくださいね。それではこの辺で。

 

今回紹介した洗濯機