雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

酸辣湯麺とは?ラ王のカップ麺はたっぷり卵のふわとろだった

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

酸辣湯麺という食べ方が今、流行っているみたいです。

カタカナで書くと「スーラータン」、または「サンラータン」というらしいですが、美味しいみたいです。

 

スーパーに行った時にちょうど日清のラ王に酸辣湯麺のカップ麺があることに気が付きました。すごく美味しそうだったので買ってみました!

 

f:id:zakkiblog:20171020165359j:plain

 

酸辣湯麵とは?

まずは酸辣湯麺について。

この料理は、中華料理のスープです。

酢の酸味と胡椒や唐辛子が効いたスープは美味しいんだとか。

ふわふわの卵を入れるのが美味しい食べ方なんだそう。

 

ラ王の酸辣湯麺の目を引くピンクパッケージ

まず注目なのはピンク色のパッケージです。

ラ王のピンク色って珍しいですよね。

しかもパッケージに映っている酸辣湯が、まあ美味しそう。

食欲をそそられます。

 

f:id:zakkiblog:20171020165441j:plain

 

というわけで蓋を開けてみると、液体スープと二つのかやくが出てきました。

ここで簡単にラ王の酸辣湯麺(カップ麺)の原材料名をまとめておきます。

 

めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、

スープ(醸造酢、醤油、植物油脂、食塩、チキンエキス、香辛料、ポークエキス、鶏脂、糖類、椎茸エキス)、

かやく(卵、チンゲン菜、味付鶏肉、味付椎茸)、加工でん粉、かんすい、増粘多糖類、調味料(核酸等)、酸味料、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

 

こうやって見ると普通のラ王と変わらない気がしますね。

ちなみにカロリーは326キロカロリーです。

う~ん、やっぱり高い。

 

というわけでさっそくお湯をかけて食べてみます。

 

いざ実食!味は辛みが最高!

f:id:zakkiblog:20171020165503j:plain

 

実際に食べてみると「辛み」が美味しいです。

麺が細麺なので食べやすいですね。

しかも卵が良いアクセントを利かせています。

 

普通のカップ麺よりも高級感を増している気がしますね。

スープは酢の味がしました。

酸辣湯スープなので酢の酸味が効いていて美味しかったです。

 

言われてみればピリ辛

ピリ辛スープと書かれていたので、鼻にくるかな、と思っていたのですが、予想と違いました。いい意味で裏切られた感じです。そこまで辛さは感じませんでしたね。

 

個人的にはネギを別に切ってこの中にいれたら美味しそうだなと感じます。

次の機会に試してみますね。

そんなかんじでおしまい。

もし食べたくなった人がいたらぜひ。

 

それでは。

 

 

こんな記事も書いています。

マルちゃん正麺「こく野菜タンメン」を食べてみた

スープが真っ黒!富山ブラックカップラーメンを食べてみた