雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

6畳におすすめのオイルヒーターはどれだ?電気代が安い機種を比較

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

随分と寒くなってきましたね。毎年の事ですがこの時期になると電気代が心配になる人も多いはず。でもだからと言って暖房をつけないわけにも…。

ただ風邪をひくよりは暖房をつけた方が良いに決まっています。そこで注目したのがエコな暖房器具への買い替えです。最近だとオイルヒーターが多く出回っています。

という訳で今回の記事では、「オイルヒーターとは何か」から「6畳間におすすめのオイルヒーターはどれか」を比較したいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20171126155910j:plain

 

オイルヒーターとは

オイルヒーターとは本体の放熱によって温めるヒーターのこと。空気の対流により温まっていくので、乾燥しませんし自然な温かみを感じられる暖房器具です。ただファンヒーターなどとは違い、直接的にスポットを当てて温めることはできません。

 

なので部屋の全体を自然に温めたい人向きと言えます。すぐに温まらないのもオイルヒーターの特徴ですね。長時間の使用に適しています。気になる電気代ですが、そこまで他の暖房器具と比べて大差ありません。

調べてみると安くて1000円、高くても3500円ぐらいとの事。

電気代カンタン計算 | 電気代について

 

デロンギの公式HPに電気代を簡単に計算できるサイトがありました。

とても参考になります。ですが、この計算はあくまでも目安です。

 

木造建てはコンクリートよりも熱を逃がしやすいため、より電気代がかかると思われます。特にオイルヒーターの場合、段々と温かくなるので、下手すると「電気代は高いのに部屋は寒い!」という勘違いをする人も多いんだとか。

では早速ここからは「6畳におすすめのオイルヒーター」を値段、電気代、デザインの3種類で分けて調べてみます

 

おすすめ1 マルチダイナミックヒーター デロンギ

 

最初に紹介するのはデロンギのマルチダイナミックヒーターです。快適な温度を一定にキープしてくれて、オイルヒーターにしては比較的すぐに温まります。しかもすごい静か。2017/2018シーズンでは今一番おすすめの高級モデルです。

デザインが他のオイルヒーターと比べても圧倒的にお洒落ですよね。ホワイトとブラックの2種類展開しています。ボタンが少ないのも嬉しいポイント。電気代は1時間当たり約6円です。(あくまでも目安ですので購入を考えている方は公式HPなどで詳しい情報を調べてみて下さい。)

 

 

ただ問題は本体の価格。このモデル、4万~が相場なんです。ちょっと高過ぎますよね。なのでガジェット好きや最先端モデルが欲しい!という方以外は別のモデルのほうが良い気がしますね。わざわざ季節家電にここまで払うのも…。という訳で別のオイルヒーターを紹介します。

 

おすすめ2 eureks

 

ユーレックス(eureks)は安心の日本製という事もあり、いま勢いに乗っている会社です。信州・八ヶ岳で製作されていて、値段もお手頃しかも評判も高いオイルヒーターの会社。

 

電気屋さんに行くと6畳の小さな部屋を暖めるコーナーにデロンギと一緒に置いてありました。かなりの人気商品だそうです。デロンギは高くて買えない、という人はこのメーカーを使ってみるのも一つの手だと感じます。

 

デザインは画面が真上から見るスタイル。分かりやすいシンプルなボタン。オイルヒーターにしてはスタイリッシュなカバーでデロンギについでお洒落な部類に入ります。デロンギと迷った挙句日本製のユーレックスを選んでよかった!という評判が多いです。

価格も20000円を切る値段で販売されているので買いです。

 

 

ですが問題は電気代。やっぱりデロンギの最新モデルと比べると高いですね。1時間当たり12円でした。(6畳で1時間当たりエコ運転モード時 ユーレックス公式HPにて)

こう考えると、最新モデルはやっぱり電気代も安いんだなと感じます。

ただユーレックスは最初の金額が2万円もしませんから難しい所です。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20171126155739j:plain

 

今回調べてみて思ったのですが、やっぱりオイルヒーターは日本には向いていない気がします。そもそもオイルヒーターとはコンクリートなどの密室の部屋を空気を汚さずに温めるもの。木造建ての建築物が多い日本では向き不向きがあるのは当然の事。

 

6畳だったらファンヒーターのほうが良い場合もあります。なので自分に合う暖房器具を良く調べて探す必要がありますね。ただお金に余裕があるならデロンギの最新モデルを買うのは間違いないです。評判も高いので一度Amazonなどでチェックしてみて下さい。

それではこの辺で。おしまい。

 

 by ざっきぶろぐ