雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

音がうるさい?NR-B149Wの口コミ、パナソニック冷蔵庫の価格は?

 

NR-B149Wは音が静かなコンパクトサイズとして知られている冷蔵庫です。一人暮らしにもピッタリの容量で138Lです。2016年冬に発売されたモデルですが、やはりこのサイズは一定の需要があるみたいですね。人気のモデルとして今も売れています。

という訳でこの記事ではNR-B149Wの特徴、価格についてまとめてみます。また「音がうるさい」などの口コミについても調べていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

NR-B149Wの特徴

このモデルは音が静かなコンパクトモデルとして知られている製品です。発売日は2016年冬、容量は138L。上段が冷蔵室、下段が冷凍室の2段型冷蔵庫です。幅48㎝×奥行58.6㎝×高さ111.9㎝あります。

高さは120㎝を切るのはかなりコンパクトですね。似たようなモデルで売れているのはシャープのSJ-D14Cでしょうか。このモデルも2016年冬に発売されて人気の製品です。ただ、シャープの冷蔵庫SJ-D14Cの高さは142.5㎝なので、この記事で紹介しているパナソニック冷蔵庫NR-B149Wのほうが低いです。

年間消費電力は315kWhです。

 

シャープの冷蔵庫の記事も書いています。

シャープの冷蔵庫SJ-D14Cはコスパ抜群?価格や口コミまとめ

 

価格は3万5千円!

気になる値段ですが3万円台が多いです。価格の変動こそあるものの、このサイズでこの価格は相場と同じ価格と言えそう。安くもなく高くもない、と言った所でしょうか。120㎝を切る高さの2ドアのモデルだと3万円をきれば安いと言えます。

 

 

個人的には値段相応という感じがしました。先程も紹介したシャープの冷蔵庫SJ-D14Cも3万円ほどするので同じような感じです。

 

音がうるさい?口コミや評判

 

 

そんなパナソニック冷蔵庫NR-B149Wですが、評判の中で「音がうるさい?」という質問が多かったです。という訳で実際に色々調べてみました。結果は以下の通りです。

 

・音はしずか

・一人暮らしにピッタリ

・無駄な機能を省いたシンプル設計がGOOD

 

このモデルはシャープのようにドアを付け替えることができません。片方からしかドアが開きません。そこがシャープのモデルとの主な違いです。音に関しては静音設計なので、心配する必要ななさそうです。

 

まとめ

一人暮らしにピッタリです。上部には熱がこもる家電を置くこともできます。オーブンレンジなどを上部に置けるのでスペースを有効活用できます。シルバーとマホガニーブラウンの2色展開しています。

個人的にはマホガニーブラウンが意外とお洒落だなあ、と感じました。消費電力も315kWhとまあまあ低い値ですので、中々シンプルな良いモデルだと思います。もし悩んでいる方がいればぜひ参考にしてみて下さい。