雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ブログを続けてきた僕が「note」にハマらなかった理由

 

ブログって楽しいです。自分の好きなことをひたすら書けるので。でもそれと同じほどnoteも楽しいらしい。「note」とはブログである程度アクセスを集めているブロガーが記事を有料販売できるサービスらしいです。(本当はもっと深いサービスですが。)

 

ただ僕はダメでした。noteにハマらなかったんです。そしてこないだ。気が付くと1カ月ほど放置してしまいました。だってハマらなかったんだから。

 

今回はどうしてnoteにハマらなかったのかを、もう一度分析してみたいと思います。もしnoteにハマりたいブロガーがいたら参考にしてみて下さい。

f:id:zakkiblog:20170404174154j:plain

反応が鈍すぎる

まず始めの気持ちの部分から間違っていたんだと思います。はてなブログだと「はてなスター」や「はてなブックマーク」があります。相手に読んだことを伝えられるとっても良いツールです。

 

僕の場合は「はてなブログ」である程度アクセスを集め、そこからnoteに移転する作戦を取りました。だって他のブロガーも結構この流れが多い気がしたから。いきなりnoteに参入するよりもアクセスが集まりやすいんですよね。

 

「これでnoteに質の高い記事を書いて有料で売れば収益が発生するぞ~うっしっし~!」なんて考えていたんです。でも実際にやってみると、noteは予想以上に孤立していました。孤立というか孤独っていう感じ?

 

もちろん「はてなスター」はありません。「はてなブックマーク」もはてなブログのようにポンポンとはついていきません。つまり思っていた以上にnoteはネット上の孤島だったんです。

 

そんな事も知らずに「はてなブログからのアクセス流入を見込める」と安易な気持ちで乗り込んできた僕は完全に場を間違えました。予想以上にがっちりした要塞のような島だったんですよ、noteは。

 

イラストを描く人のクオリティがまあ高い事。こりゃあお金払うわな、と何気に感心しました。漫画家でもやっていけそうな絵のクオリティ。はてなブログでは見たことありませんでした。(もちろん凄い人はどこにでもいるが。)

 

だから僕は「はてなブログ」から離れてはいけなかったんです。もっと力を付けてからnoteに参入しないと続かない、とすぐに分かりました。黒船のペリーのような気持ちですよ。

 

僕はnoteに開国を迫ったんです。でもいざ開国してみるとnoteの影響力は予想以上に小さかった。逆に開国を迫ったのに不利な立場になっちゃった感じ?

 

だから僕はすぐにあきらめました。そしてnoteで書いた一部の記事は削除しました。悲しいけど仕方ありません。メリットを感じないのですから。それならブログの一つ一つの記事の質を高めて丁寧に更新した方が良いだろうな、という結論に達しましたね。

 

noteでも続けること

f:id:zakkiblog:20170404174206p:plain

 

それと同時にもう一つ気が付いた点があります。note自体の閲覧ユーザーが少ない気がしたんです。もちろんnoteは比較的最近のサービスなのでブログにはかないません。ただもう少し、多くのユーザーがnoteから閲覧しているイメージがあったんですよね。

 

その点は少しがっかりしました。でも裏を返せばnoteの専門ブロガーになるのも簡単だってことです。続ければ続けるほどnote内での影響力は増していきます。つまり僕に足りなかったのは継続性だったんですよね。

 

このブログのようにnoteも毎日更新していればアクセスも増えて有料記事も買ってもらえるようになるはずだったんです。でもそこまで継続する力が僕にはなかった。悔しいです。

 

よく稼いでいるブロガーがこう言います。

 

「稼げないんじゃない。稼げるまで続けていないから稼げないんだ」と。

 

この言葉、どっかの誰かがブログで書いてました。誰なのか忘れましたけど。(笑)でも僕はこの言葉が本当だとつくづく感じます。

 

僕はnoteにハマらなかったわけではないんです。ハマるまで続けなかったんです。だからハマらなかった。

 

noteで有料記事を書いても売れないわけではありません。売れるまで続けなかったから売れなかったんです。

 

そう考えるともう結論は出ました。

 

僕がnoteにハマらなかった理由。それは

 

継続しなかったから。

 

それに尽きます。ちょっと悲しいですけどこれ以外の理由はないですね。なのでもし「note」に参入しようか迷っている人がいるなら伝えたいです。

 

何事も継続が大事だよと。

 

ってなわけでおしまい。

 

こんな記事も書いています。

「note」がブログやSNSに勝てない理由 - 雑記ブログ卒業