雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ネイマールのパリ移籍騒動が過熱しているから各メディアの報道をまとめてみた

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

現バルセロナに所属しているネイマールが、フランスのパリ・サンジェルマンに移籍するのではないか?という報道が世間を賑わせてからかなり経ちましたね。

ここまで報道が過熱してくると「本当に移籍しそうだな」という気持ちの反面、「流石にデマじゃないか」という感情も沸いてくるのが今の正直な感想です。

 

ただどちらにせよ、バルセロナにとっては未来のエース、いや、現エースを手放すかもしれない難しい決断のはず。メッシもスアレスも若くないですからね。

というわけで今までネイマールの移籍問題を各メディアがどう報じているのかをまとめてみたいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20170726150058j:plain

 

スポニチの見解はどっちもどっち

まずはスポニチから。

スポニチの見解は「現時点でネイマールが移籍することは可能性としてある」程度です。はっきりと移籍する、とは述べていません。ソースはこちら。

ネイマール、パリSG移籍が浮上 2週間以内に発表!?― スポニチ

 

う~ん。他のスポニチの記事も見てみましたが、やっぱりまだ分からない状況みたいです。ただ予断が許されないのは確か。気になった情報はバルセロナ副会長の言葉と移籍金。

 

マルカ、アスなどスペイン主要紙は18日、パリSGが移籍金2億2000万ユーロ(約286億円)で獲得に乗り出していると報道。

報道を受け、バルセロナのメストレ副会長は「200%ない」と否定した。

 

スペインの主要紙であるマルカとアス紙は286億円で獲得すると報道。でもバルサ副会長は200%ネイマールは渡さん!と言っている状況。

こりゃ幾ら大金を積まれても、状況は動かない気がします。

 

東スポは合意報道

続いて東スポの記事も見てみました。東スポの記事のタイトルは「ネイマール パリと合意報道」となっているので「もしかして移籍決定か?」と思っちゃいますけど中身はちょっと違いました。

 

まだ決定したわけではないみたい。

ただ参考になる部分があったので一部引用します。

 

フランス1部パリ・サンジェルマンに移籍で合意したと母国ブラジルのメディアが報道された。

欧州の各メディアによると友人であるブラジル代表DFダニエウ・アウベスのパリ・サンジェルマン加入が後押しになったとし、すでに加入を報告したと報じられた。

またネイマールの代理人を務める実父がパリ入りすることが判明。契約の詳細を詰めるためとの憶測も広がる。

果たして総額3億7200万ユーロ(約480億円)のビッグディールは実現するのだろうか。

ネイマール パリSGと合意報道

 

母国ブラジルのメディアはネイマールがパリに行くことをすでに報道しているようですね。

そして欧州の各メディアも移籍するのではないか?と考えているみたい。ただここは正直、まだ分からないと思います。ネイマールの父親がパリに行ったのも契約するためかどうかは分からないので。

 

移籍金の総額が480億に跳ね上がってます。

さっきよりも増えてない?(笑)

(サッカー選手の移籍金に関しては税金云々で曖昧な報道が多いので目をつぶりましょう)

 

パリサンジェルマン側は会見へ

そしてスペイン時間の25日。23時30分にパリサンジェルマンが会見を開くことを発表しました。で、もしかしてネイマール移籍か?と思ったんですが、違ったみたいです。

 

次の日のユベントス戦のカンファレンスだったみたい。

(なんだ)

 

会見に登場したのはエメリ監督とカバーニ。

ちなみに会見はアメリカのマイアミで開かれました。

 

エメリ監督は、パリサンジェルマンを率いている現監督でバレンシアやセビージャを率いた経験を持つ敏腕若手監督。カバーニは、言わずと知れたパリサンジェルマンの絶対的エースFW。すごいツーショットですよこりゃ。

 

二人はネイマールの質問に関してこう述べています。

エメリ「ネイマールがパリSGに来るか? 私は現在について話したいと思っている。ユベントス戦に集中している。チームを強くするために動いているところだ。これから何人か獲るだろう」
 
カバーニ「ネイマールはトッププレーヤーだ。誰だって偉大な選手とのプレーは常に楽しい。もしパリSGに来るならば歓迎するよ。でも、その件は移籍市場に聞いてほしい」

「ネイマール獲得発表か」| サッカーダイジェストWeb

 

辺り触りのない事しか言ってないやん!

 

というわけでネイマール移籍騒動の詳しい詳細は語られませんでした。

 

ピケのSNSに翻弄される各メディア

で、ここら辺から各メディアの報道がバラバラになっていきます。

「移籍する」という人もいれば「バルサに残る」という人も。

一体どれが本当なのか。

 

そこで白羽の矢が立ったのがピケのSNS。

ピケとは、バルセロナの長身DFでゴールを守る鉄壁のディフェンダー。ただ話題性が多く、度々メディアで報道される一面もある気が・・・。

 

そんなピケのSNSに関しての発言がこれ。

「ネイマールは残る」

「ネイマールが残るかそうでないかをどう言ってほしいか、個人的意見だった」

「僕の話したことはオフィシャルな声明ではなく、最終的に決断を伝えるのはネイだ。僕が望んでいることを話したまでだ」

 

この一連の発言がきっかけとなり、ネイマールは移籍する、しないで意見が分かれましたね。確かにどっちにも取れる気はします。

 

「ネイマールは残る、でも最終的な判断はネイマールだ。」

 

とも取れます。でも

 

「ネイマールは残る、と思っていたけれど状況が変わった、最終的な結論はネイマールの口から言うだろう」

 

とも取れません?

はっきり言って、今の段階ではどっちに転ぶのか分からない、というのが一番の着地地点だと感じます。

 

移籍金高過ぎでしょ(日刊スポーツ)

最後に日刊スポーツの面白い記事を見つけたので紹介します。

正直ネタだと思ったのですが、はっきりとは分からないので何とも言えないですよね。

信じるか信じないかは、ちゃんと自分で見極めて下さい、ってことなのかな?

 

その報道の内容の記事がこれ。

 

パリ・サンジェルマンは5億6200万ユーロ(約730億円)という移籍市場過去最高額を準備して、バルセロナFWネイマール獲得目指していると、25日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

PSG、ネイマール獲得へ730億用意 史上最高額 : 日刊スポーツ

 

な、な、

 

730億!?

 

これは何の話じゃ!

 

というわけで、もしかしたら近いうちにパリサンジェルマンが730億円を支払ってバルセロナからネイマールを移籍させるかもしれません。

 

バルセロナは730憶をどう使うかが問題ですよね。(笑)

 

アーセナルのサイドバック、ベジェリンを100憶

パリサンジェルマンのDF、ヴェラッティを100憶

ユベントスのFW、ディバラを200憶…

 

まだ350億…

 

悩みは尽きない。

おしまい。

 

他の記事

アーセナルが獲得したラカゼットのシュート決定率に鳥肌が立った話

本田圭佑のパチューカ移籍の年棒が気になったので調べてみた