雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

TBS日曜劇場「南極大陸」のドラマを見た感想、レビュー

TBSの日曜劇場「南極大陸」というドラマを知っていますか?

結構お金をかけた今どき珍しい大作のドラマです。1話撮るのに6000万かかったらしいですよ。

 

ついこないだこのドラマを最初から最後まで見たんです。

そしたら思った以上に感動してしまって。

 

というわけで「南極大陸」が見たくなる情報をまとめます。*1

f:id:zakkiblog:20170110221931p:plain

日曜劇場『南極大陸』 | TBSテレビ

 

南極大陸のあらすじ

f:id:zakkiblog:20170111123541j:plain

 

簡単にまとめると、

木村拓哉演じる倉持さんが最後に南極で犬に会える

ってお話です。

 

ん?省略し過ぎですか?

じゃあ、ちゃんとまとめます。

 

 

戦争が終わって夢と希望を乗せた船「宗谷」は南極へ向かっていた。

目の前には巨大な南極大陸、過酷なブリザード、仲間との大喧嘩、そして愛する犬たちとの別れが待っていることも知らずに・・・。

 

1年間南極で過ごした越冬隊員達は帰路に就くことになる。

しかし衝撃の事実が彼らを待っていた。

犬たちを連れて帰れないのだ。

犬の管理責任者の倉持は必死に交渉を重ねるが、結局犬たちは南極に置き去りになった。

 

その1年後、倉持は第3次越冬隊員に選ばれる。そして南極の大地に足を付けた。そこで目にしたものとは・・・。

 

 

まとめると、こんな感じですね。

でもこれじゃあ、ただの「犬との再会ドラマでしょ?」と言う人がいると思うので蒼々たるメンバーを紹介しますよ。

 

そうそうたる出演者たち

 

倉持 岳志(くらもち たけし)

f:id:zakkiblog:20170110224134p:plain

木村 拓哉

このドラマの主人公役がこの倉持さんです。

仲が悪い船員たちをまとめる統率力があります。でも犬たちを思いやる優しさも持っているんですよね。その何とも言えない優しさがみんなを笑顔にさせ感動させるんですよ。

最後の犬たちとの再会シーンは見る価値ありです。もちろん最初から見て下さい。

 

氷室 晴彦(ひむろ はるひこ)

f:id:zakkiblog:20170110224141p:plain

堺雅人

顔見て気が付いた人も多いと思います。あの堺雅人さんが出てるんですよ。政府の監査役として。最初は厳しい感じだったんですが、最後は仲間と協力して南極への支援を推進していく。

冷静沈着な対応が見所ですね。半沢直樹やリーガルハイとは全く違う雰囲気を醸し出してます。

 

高岡 美雪(たかおか みゆき)

f:id:zakkiblog:20170110224149p:plain

綾瀬はるか

倉持さんの義理の妹にあたります。小学校の先生役です。小さい子ども達と南極への橋渡し的な役割ですね。ところどころに登場し、場面を変えるのに役立っている一人。

戦争後というのもあってか、冷静で落ち着いた雰囲気の先生です。

 

白崎 優(しらさき すぐる)

f:id:zakkiblog:20170110224158p:plain

柴田恭兵

南極大陸のトップに立つ総責任者ですね。この人の決定ですべてが決まります。犬たちを迎えに行くか、南極で何をするか、南極までどうやって行くか、など様々な問題にこの人の判断が任されています。

最初は臆病気味の決定が多かったんです。でも最後にはどんな決定を下すのかに注目ですね。

 

星野 英太郎(ほしの えいたろう)

f:id:zakkiblog:20170110224206p:plain

香川照之

今回見て個人的に好きな役がこの人。(笑)

何が良いって相手を思いやる姿勢が素晴らしいんですよね。苦しい時こそ落ち着いて物事を客観的に見れる存在。こういう人がいたら安心できますよ。

南極でもこの人の決定で船員たちの生活がかなり楽になっていきます。この姿は見ていて安心できますね。

 

しかもあの有名な香川照之さん。他のドラマとキャラが変わり過ぎて全然気が付かなかった。

 

主題歌

 

ここまでで主要メンバーを紹介しました。本当は船員たち全員を紹介した方が良いのですが、個人的に気になったメンバー5人しか挙げていません。

なので詳しいメンバーは公式サイトから見てみて下さいね。

 

ではここからは主題歌についても少し。

中島みゆきさんの「荒野より」という歌なんですがメチャクチャ感動します。

毎回一話ごとの最後に流れるんです。あの、カッコいいイントロがね。

 

何か問題があって、

 

「どうするんだ!このままだとまずいぞ。」

「ジャラーン」

 

って感じですね。(笑)

とりあえずは見てみて下さいな。

 

 

相関図

f:id:zakkiblog:20170110222908p:plain

日曜劇場『南極大陸』 | TBSテレビ

 

相関図は上の通りです。

こう見ると本当にそうそうたるメンバーですよ。

芦田愛菜ちゃんも出ています。あと、そのお母さん役の木村多江さんも和の雰囲気があって昔の日本だな~って感じがしました。

 

放送された日程、視聴率

なんか勝手に感動して見ていたのですが、よくよく調べてみると視聴率は思っていた以上に伸びなかったらしいですよ。お金をかけた割に視聴率が低かったので何とも言えない結果でしょうね。

視聴率は以下の通りです。(2011年放送)

 

第1話 10月16日放送 22.2%

第2話 10月23日放送 19.0%

第3話 10月30日放送 16.9%

第4話 11月06日放送 15.8%

第5話 11月13日放送 13.2%

第6話 11月20日放送 19.1%

第7話 11月27日放送 13.4%

第8話 12月04日放送 15.0%

第9話 12月11日放送 16.7%

最終話 12月18日放送 22.0%

 

まさかの第1話が視聴率トップって。(笑)

複雑ですね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20170111123305j:plain

 

南極大陸は見る価値があります。ただ何も考えずにゲラゲラ笑う感じではありません。もっと深くてしっかり感動したい、という方向けですね。一度見た方は分かると思いますが1話が結構長いです。

50分くらいあると思います。

なので時間がある時にゆっくり見て下さい。犬好きだったら涙腺崩壊すると思います。

いや、犬嫌いでも涙腺崩壊します。

いや、ドラマ嫌いでも涙腺崩壊しますよ。

 

とにかく涙腺がやられる南極大陸のお話でした。おしまい。

 

こんな記事も書いています。

厳選!おすすめ日本ドラマ5本-最高に面白くて病みつき間違いなし

*1:細かい情報はWikipediaで調べれるので感動した部分を独自の勝手な観点で紹介します。もっとちゃんと詳しい情報を知りたいという方はWikipediaで調べて下さい。