雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

悔しいことがあると涙が止まらないわけ

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

悔しいことがあると出るもの。自然と頬を伝うもの。何もできずに空を見てもキレイな星空は見えないよ。

そう、これが涙です。

AA16

悔しいことがあると涙が出るわけ

悔しいことがあると涙が出てきて止まらない。そんなことはありますか?私はありません。だって悔しいことがないから。感動して泣くことは結構ありますよ。でも悔しくて泣くことは正直ほとんどありません。感動する場面が少ないのかなあ。もっと色々経験して新しいことにチャレンジしないと涙は出ないのかな。

最近感動したのはリオオリンピックです。特に内村選手が着地を決めた瞬間ですね。あれって感動を誘うように実況中継しているように感じるのは私だけですか。

実況

「さあ内村航平。最後の着地を決めれるか。今大空へ、未来への架け橋へ体が宙を舞った。・・・決まった〜!」

「決まった〜!グスングスン」

こう考えると泣かされている感がすごい伝わってきます。すぐに分かります。泣かされてるなあ、って。もっと本当に大切なことで純粋に泣きたいものです。いや、純粋な涙は本当に大事な時まで取っておかないと。

悔し泣きはかっこいい

オリンピックでも甲子園でもプロ野球でもサッカーでも悔し泣きはかっこいいです。どれくらいかっこいいかって?そうですね、財布を落としたときにスッと拾って「どうぞ」って言ってくれるくらいです。ありがとうございます、って言おうとしたらお礼はいりませんとすぐに人混みに消えてしまった。いやあ、かっこいいですね。こんな場面あるわけないのですが思わずため息が出ます。

ため息が出るくらいかっこいい場面ってありますよね。それが悔し泣きです。でも私は正直悔し泣きしている人を慰める人のほうがかっこいいなと感じます。時々テレビでやってますよね。甲子園とかで見ますよ、こういうの。

選手

「グスングスン。ウウ」(砂を集めている)

先生

「みんなよくやった。頑張ったぞ」(肩をポンポンとたたく)

何ていい先生なんだ。本当に選手はよくやった。結果的に初戦敗退だったけど初めての甲子園。強豪相手に素晴らしい健闘だった。大阪桐蔭を追い詰めたんだ。8回のスクイズは素晴らしかった。あれが決まっていたら結果は違ったかもしれない。でもね、結果が全てじゃないんだよ。結果よりも大事なもの、そう、感動をみんなはくれたんだ。誇っていいじゃないか。胸を張って母校に帰りなさい。素晴らしい試合をありがとう。グスングスン。

あ、ついつい。話が脱線しました。甲子園を思い出してしまって。

涙は出るものなんだ

悔しいことがあると涙が止まらない。それは当たり前です。悔しいんですから。それを我慢する必要も全くありません。その涙は周りまで感動させる力を持っています。甲子園で負けたみんな、来年もまたあの涙を見せてくれ。私はその日までブログを書き続けるから。感動させるブログを書き続けるから。涙は止まらない。いや涙は止めてはいけないものなんだ。

 

他の記事

www.zakkiblog.net