雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ロシアW杯で活躍?日本代表の長澤和輝のプロフィールがすごい

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

つい少し前ですが「日本×ブラジル戦」&「日本×ベルギー戦」がありましたよね。

中盤を山口蛍や井手口陽介などが順当に出場している中、この選手は活躍しそうだなと思ったのが、長澤和輝というプレーヤー。有名じゃないので知らない人も多いかも。

この選手、実は槙野選手が今所属しているFCケルンにもいたことがあるシンデレラボーイだそうです。という訳で今回は長澤和輝というプレーヤーのプロフィールについてまとめてみます。

ロシアワールドカップで覚えておいたら良い選手、多分キープレイヤーになりそうな気がします。

 

f:id:zakkiblog:20171126110131j:plain

画像出典元 サッカーダイジェストWeb

 

大学からのプロ入り

長澤和輝は身長173㎝体重68㎏、1991年12月16日の25歳

身長173㎝と聞くとそこまで背丈は高くない。でもその分テクニックがずば抜けていたんでしょうね。千葉県のちはら台SCというサッカークラブでサッカー人生が始まりました。

その頃は、まさか日本代表に選ばれるとは思ってもみなかったでしょうが、徐々に頭角を現し始めます。中学は三井千葉サッカークラブジュニアユースで試合。調べてみたところ、今はヴィットーリアスFCジュニアユースというサッカークラブに変更されているようです。

 

その後千葉県の八千代高校で活躍、キャプテンとして臨んだ全国サッカー選手権では大会優秀選手に選ばれました。ここから長澤は頭一つ他の選手よりも抜きん出るようになります。やっぱり高校位でプロになる選手というのは抜きん出るんですね。ただこの長澤、大学に行くんですよ。

 

それが専修大学。東京の千代田区にある私立大学ですね。ここですぐにレギュラーになり関東大学サッカーリーグ3連覇を成し遂げます。この時の関東大学リーグでの長澤和輝の通算得点は62試合で38得点だったそうです。

もちろんFWではありません。中盤やDFまでこなす決して目立たないはずの長澤ですが38得点決めたことを考えると、積極的な飛び出しはこの頃から健在だったんですね。

 

満を持してFCケルンへ

2013年の冬に満を持して、FCケルンに加入しました。ですが一部のリーグ戦では怪我で10試合出場にとどまったので、大活躍とは言えません。やっぱり海外で活躍するのは難しいみたい。特に中盤やDFで活躍しているのは槙野と吉田麻也くらいでしょうか。

その後、長澤は2015年に今所属している浦和レッズに移籍しました。千葉にレンタルしていた時期もありましたが、個人的にはどうして海外をすぐに諦めたのかな?という気持ちのほうが勝ります。

 

今の長澤の活躍を考えると、十分海外でも活躍できると思うのですが、何がいけないのでしょうか。ただここからの長澤のサクセスストーリーの進み方がすごいんですよ。

 

ACLで活躍!日本代表に選出

2017年秋、ACL準決勝、上海上港戦、済州戦、を覚えている人は多いはず。

相手チームと大喧嘩になった試合です。YouTubeでも度々アップされてYahoo!ニュースでもかなり大きく報道されていましたね。試合が終わった後、相手選手が槙野選手を追いかけている姿が印象的でした。

 

ですがこの一連のALCの戦いにおいて大車輪の活躍を見せていたのが長澤和輝だったんです。攻守両面において鋭い戦術眼で相手の芽をつぶし、絶妙な場面で攻撃に参加する。このバランス感覚は、井手口や山口にはない長澤の良さだと感じます。

 

そして2017年11月14日に行われたベルギー戦。

長澤は右サイドハーフの中盤付近でスタメン。見事なスルーパスや相手のパスをカットするなど大活躍しました。ベルギーも日本代表の隙を見つけられずイライラしてましたから。この活躍で完全にハリルホジッチ監督は長澤をロシアに連れていくことを決めた感じがしました。

その後のインタビューで「彼のパフォーマンスに満足している」と言っています。多分ロシアW杯では長谷部誠、山口蛍、井手口陽介、そして長澤和輝が選ばれると思いますね。

 

ACL優勝!

長澤の活躍はこれだけではありません。

この勢いのままにアジア王者にまで上り詰めたんです。浦和レッズ相手にアルヒアルという決勝相手がかなり卑怯な真似をしていたので不安に感じました。キーパーの西川にレーザー光線を当てたりインタビューの時に嫌な質問をしたり

 

でもそんな相手とは関係なく浦和レッズは安定していました。

決勝第2戦は結局1×0で浦和レッズが勝つわけですが、そんな中でも長澤は活躍していました。相手チームのパスミスをカットして前半からチャンスを狙っていきましたね。あの姿勢は素晴らしかったです。

 

そして2018年。

いよいよロシアワールドカップが始まります。果たして長澤和輝はロシアの地にいるのか。それはまだ分かりません。ですが、この活躍ぶりを考えた時にロシアに連れていくことを決めるのは時間の問題だろうなと感じます。

ロシアの地で長澤和輝がどんなプレーをするのか、今から楽しみです。

それではこの辺で。おしまい。

 

by ざっきぶろぐ