雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

マウントレーニアは添加物だらけ?美味しい理由を調べてみた

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

森永が出しているマウントレーニアシリーズがありますよね。

あれ、美味しいですよね。

僕も良く飲みます。

カフェに行けない時でもカフェ気分を味わえるので好きなんです。

今回はマウントレーニアが美味しい理由を分析してみました。

f:id:zakkiblog:20170930171636j:plain

コーヒー感が強め

マウントレーニアのエスプレッソはコーヒー感が強い事で知られています。

マウントレーニア公式サイトを見るとエスプレッソリッチタイプとなっているんです。

エスプレッソというくらいなのでコーヒーが濃いめに仕上がっているのは当たり前。

それプラス、ミルクや砂糖も控えめなんですよね。

なのでコーヒー好きにはたまらない、ってわけ。

厳選したコーヒー豆(アラビカ産)を使用しているとの事です。

内容量、値段、エネルギー

f:id:zakkiblog:20170930171711j:plain

パッケージの裏側を見ると内容量やエネルギーが書いてますよね。

マウントレーニアのエスプレッソは内容量240ml。

エネルギーは100kclです。

原材料名はこんな感じ。

乳製品、砂糖、果糖ブドウ糖、液糖、コーヒー、乳、乳化剤、香料

コーヒーが5番目に来ているのに気が付きました?

そう、これがマウントレーニアのエスプレッソが美味しい主な理由。

つまり、コーヒー本来の味ではなく、調整したコーヒーなんですよ。

これはここだけの話ね。(笑)

よく缶コーヒーは体に悪い、と言いますよね。

で、缶コーヒーを飲まないようにして違うコーヒー飲んでいる人っていません?

たとえば、マウントレーニアとか?

でも結局、体に悪いのは事実です。

悪いってわけじゃないと思うけど、良くはないよね。

他のシリーズも同じ。

気になったので他のシリーズも調べてみました。

これはマウントレーニアのクリーミーラテ。

普通に美味しそうだけど、ミルクという名の違う成分が含まれているのは事実。

まあ、賞味期限の関係もあるので、添加物をいれるのは仕方のない事だとは思いますが。

まとめ

今回調べて思ったのは、美味しいと思っていたコーヒーも意外と違う成分が含まれている、ってこと。でもその成分によって美味しいと感じてしまうんです。

もし添加物が含まれていないコーヒーを飲みたいなら、やっぱりカフェに行って淹れたてのコーヒーをもらうのが一番ですね。

ただ美味しいのでつい飲んでしまいます。

今後はコーヒーの飲み方にも気を付けようかな・・・

そんな感じで今日はおしまい。