雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

クラウドワークス(プロジェクト)で記事を外注!募集が来た後の対応まとめ

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

前回はクラウドワークス(プロジェクト)で記事を外注するまでのやり方を説明しました。丁度この記事です。

クラウドワークス(プロジェクト)で記事を外注!やり方を一から説明

 

今回はその続きになります。

記事を外注する募集を出して、その募集が来た後にどう対応するか流れをまとめてみたいと思います。今回も前回の続きという事で「最新映画のレビュー記事募集」という内容で書きますね。

 

f:id:zakkiblog:20180305154529j:plain

 

1 募集してきた人に返信する

f:id:zakkiblog:20180305150902p:plain

まず、クラウドワークスのホーム画面を開きます。すると右上に手紙のマークとベルマークがありますよね。赤く表示されていたら、募集があったことを表しています。

押してみると、その画面に飛びます。

 

流れとしては以下の通りです。

気軽な相談 → 応募・スカウト → 条件交渉 → 条件合意 → 契約

相手の受注者と、今どの段階にいるのかは同じ右上に表示されている部分で分かります。

f:id:zakkiblog:20180305151156p:plain

応募してきた方には、一人一人返信していきます。

特に最初から「契約ボタンを押してくださる方」には、こちらも「契約する」ボタンを押してください。その後すぐに仕事内容について説明する必要があります。

説明内容のマニュアルを作ってみました。

 

〇〇様

 

連絡ありがとうございます。

〇〇日公開の〇〇映画のレビューですね。

確認しました。是非よろしくお願いします。

仕事内容は以下の通りです。

 

・最新映画のレビュー記事(1000文字~1200文字)

 

なるべく調べずに自分の感想を書くようにしてください。物語の内容がばれてしまうネタバレもOKです。ですが、ストーリーをそのまま順を追って書くのではなく、そのストーリーのどんなシーンを見て自分はどう思ったのかを書いていただけると助かります。

 

以下は参考例のサイトです。

 

レビュー記事は当メッセージ内に直接入力し返信いただければと思います。ではよろしくお願いいたします。

 

映画サイト運営 ざっきぶろぐ

 

あくまでもマニュアルです。ですが、「書いてほしい内容」とか「納品の仕方」などは丁寧に記載する必要があります。

 

たまに誤字脱字がある方やあまり返信が来ない方もいますので、全ての人にこのメッセージを送る必要はありません。仕事に興味を持ってくださった方だけに、このメッセージを送ると良いと思います。

 

あと時々、募集を見て詳しい内容を知りたい!と相談をしてくる方がいます。そういう方には事前にこのメッセージを返信し、「良ければ契約ボタンを押してください」と記載することもできます。

 

大事なのは、あくまでも人とのコミュニケーションであることです。通常の会話のように丁寧に連絡すれば、たとえ間違ったとしても、うまく解決できると思います。

条件金額が双方納得し契約が完了した後は、仮払いです。

 

2 仮払いを行う

f:id:zakkiblog:20180305152924p:plain

 

クラウドワークスの場合、仮払いを行った後に相手が業務を行えるようになります。それで契約が完了したら仮払いを行います。「仮払いする」という画面になったならクリックしクレジットカードや銀行振り込みを選択して、お金を事前に払います。

 

その後相手の業務を待ちましょう。

数日経って納品が来たらいよいよチェックに入ります。

 

3 検収作業・評価

検収作業は送られてきた記事を見て、良いと思えば「検収完了」、ダメなら「検収不合格」を選択する作業です。「不合格」の場合はどこをどう変えてほしいのかを丁寧に説明するメッセージを送ります。

その後メッセージが来たら、しっかり確認し「検収完了」をおします。その後「評価する」というボタンが出ますので、相手に評価をしてあげます。

 

丁寧にしっかり書いてくださる方は、クラウドワークス内の今までの評価はやっぱり高いですね。逆に適当であまりちゃんと考えていないような人の記事だと、やっぱり今までの評価も低めです。

ですが、これはクライアント側の自分自身も評価されますので、丁寧な連絡や対応を心がけることは必須ですね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20180305154606j:plain

 

いかがだったでしょうか?

2回にわたって、クラウドワークス(プロジェクト形式)で記事を外注する方法をまとめてきました。

私は今まで大勢の方と連絡を取り合ってきましたが、外注は、やっぱり人とのコミュニケーションが大事だなと強く感じます。

 

全く連絡がこないクライアントなら受注者が心配になるのは当然の事です。逆に何か気になる点があるなら、それをそのままにせず、しっかりと丁寧に確認しなければなりません。

記事を書いてもらったは良いものの、どうしても改善してほしい部分があるなら、それをしっかりと伝える必要があります。

 

ですので、クラウドワークスで外注記事を初めてお願いする場合は、そこまで気負わずにぜひやってみて下さい。しっかりと対応する方であれば、最初上手くいかなくてもすぐに慣れると思います。

 

私も外注記事をお願いするなんて半年前は考えてもいませんでした。外注記事をお願いするときに違う人の名前を書いてしまった時もありました。(本当に謝りました)

 

ですが今ではとても良い評価を得ることができています。

なのでもし悩んでいる方がいたら、ぜひやってみて下さい。きっと上手くいくと思いますよ。それではこの辺で。おしまい。

 

by ざっきぶろぐ