読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

スーパーの買い物の達人になる具体的すぎる時間短縮法

ライフスタイル ライフスタイル-家事

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

スーパーの買い物に意外と時間が掛かってる人って多いと思います。

ネギを買ってお米を買ってお菓子を買って…とあちこち回るのは大変です。そこで今回の記事ではスーパーでの買い物で時間短縮の達人になる具体的すぎる方法をまとめていきますね。

f:id:zakkiblog:20161021133522j:plain

1 買う物を頭で描き地図を作る

まず初めに行うべきことは、店内に入る前です。買う物のチェックリストを頭で描き地図を描きます。出来るなら自分が歩くルートまで想像してみます。

例えばジャガイモ、人参、ネギ、肉、ジュースを買うとします。

想像してみると、野菜→肉→飲み物というルートになりますね。

その際の注意点は「買わない」という選択肢も頭に入れておくことです。スーパーで似たような肉をずっと見比べている人っていますよね。あれは時間の無駄になります。

高いなら買わない、という潔さも必要です。そして他の食材で代用できないかも考えておくと時間短縮になります。

2 基本後戻りはNG

ではいよいよスーパーに入ります。まずはこの図を見て下さい。

f:id:zakkiblog:20161020130611j:plain

(出典元 2008年11月函館訪問メモ

これはマックスバリュの店内を上から見た図です。場所は北海道の函館市のマックスバリュの様子だそうですが他のスーパーも配置的には似ていると思います。

これを大まかにイラスト化してみました。f:id:zakkiblog:20161020133019p:plain

勿論細かな点は省いています。(笑)

さあここからが問題です。

左の入り口から入ってどういうルートで進むと良いか?

時間短縮で行きたいですよね。

大抵の人が進むルートはこうです。

f:id:zakkiblog:20161020133544p:plain

でもこのルートにはある弱点があります。

それは店内の中央部分が疎かになること。

よくシリアルやカップラーメン等を買い忘れることってあると思います。そんな時に思い出した時点で中央に戻らないといけません。明らかに時間の無駄です。

買い物する際に後戻りはNGです。「同じ道は進まない、後ろに戻らない、」これ基本ですね。

そこで考えた最短のルートは以下の通りです。

f:id:zakkiblog:20161020134439p:plain

基本的に歩くのは中央です。多くの人がこれを見落としがちで店内の端を回る傾向がある気がします。最初から中央を中心に歩き、必要な時だけ端に進む。カゴに入れたらまた中央へ。

これにより混みやすい端を避けるので前に進みやすいですし、余計なものを買わずに済みます。店内の端っこを歩いている人をちょっと眺めてみて下さい。カゴを持ったままフラフラ歩く人が多いです。

つまり端を歩く人は目的もなく目に入ったものをカゴに入れるタイプの人。同じように端を歩いているとついついその流れに流されて、適当に歩いてしまいがちなんです。

急いでいる時こそ中央を中心に歩いてみて下さい。

3 空いているレジを見分ける

買う物をカゴに入れたらレジに行きます。

ここがスーパーの買い物の達人になる一番大事なポイントです。

というのもレジが遅いと、せっかく急いで店内を回った意味がなくなってしまうんですね。さあ、どのレジに入るか。

この図の場合どこが一番良いでしょう?

f:id:zakkiblog:20161020141221p:plain

一番ありがちなパターンはレジ2に並ぶことです。これは勿論基本ですね。一番少ないところに並ぶこと。でも実際問題レジ1やレジ3のほうが早かったりするんですよね。

どうしてなのか?

2つのポイントだけまとめます。

・男性が並ぶレジに行く

基本的に男性の場合、細々したものは買わないと思います。私も色々試しましたが男性の後ろに並んだ方が早いです。「奥様方が2人並んでいる場所」と、「サラリーマンの男性方3人並んでいる場所」なら後者のほうが早いと思います。

・レジ打ちの手際を見ること

並ぶ際にカゴの中身の量を見てしまいがちですが、大事なのは店員さんです。店員さんの手際のスピードを確認してください。そして一番早い店員さんのレジに並んで下さい。

基本的には熟練した店員さんほど端っこのレジにいるそうです。1番から4番のレジの場合は1か4に熟練した店員さんがいる、ということですね。端っこのレジは人が並びやすい傾向があるため、レジ打ちの早い人がいる確率が高いそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これで誰でもスーパーの買い物の達人になれます。もちろん店内に自分一人しかいないに越したことはありません。でもほとんどの場合は店内にウジャウジャ人がいて、レジにも沢山の人が並んでいます。

その限られた環境の中でいかに時間を短縮し買い物するか。

まだまだ時間短縮法はありそうですね。

おしまい。

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

 

他の記事

www.zakkiblog.net