雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

星野源の歌がどれも同じに聞こえる

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

どうしてだろう?

最近、星野源の歌が同じに聞こえてしまう。

 

もちろん僕の耳が詰まっているわけではないし、こまめに耳かきで掃除するようにしている。イヤホンだって重低音の効いた有名メーカーのやつだ。

 

でもどうしてだろう?

星野源の歌が同じに聞こえるのだ。

 

 

これを星野源ワールドと言うのなら

最初に感じたのは「恋ダンス」が流行った2016年頃だった。

僕も星野源についてのある程度の知識は持っているつもりだ。

 

昔病気を患ってそこから復帰したとか、俳優としても才能を発揮するマルチな人だとか。でも恋ダンスで流行った歌、「恋」を聴いた時にふと聞き覚えがある感じがした。

 

多分今まで聞いてきた星野源の音楽と、今回の「恋」が脳の中で絡まったのかもしれない。

 

そして2017年。

星野源の新作が登場した。

 

その名は Family Song。

過保護のカホコの主題歌になって話題沸騰中だそうだ。

 

星野 源 - Family Song 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】 - YouTube

 

聴けば聞くほど良い歌だなあ、と感じる。

 

空の青 緑の葉 畳んだタオルの後

救急車のサイレンが 胸の糸をしめるから

 

夕方のメロディに

思いのせて 届けてくれないか

 

まさに家族の生活を描いた歌詞。

僕もすごく分かる。

 

救急車の音がどこからともなく聞こえてくるのもしょっちゅうだ。

夜ごはんの一家団らんの前、夕方の雰囲気を実に絶妙に描いた最高の歌詞だ。

 

だがメロディーはどうだろう。

最初に聴いた時、僕はこう思った。

 

この歌知ってる、と。

 

もちろん知らない。知っているわけがない。僕は星野源のCDレコーディングしたスタッフではない。だからこの歌を事前に知っているわけがないのだ。

 

じゃあ、この前にも聞いたことがある感じは何だろうか。

この懐かしい感じは何だろう。

 

もしかするとこれが星野源の世界観なのかもしれない。

 

星野源の歌が全て同じに聞こえるのは、星野源が同じ曲調の歌を量産しているからではない。僕自身が星野源の世界観にすでに包まれているからだ。

 

星野源のどこか懐かしく感じる雰囲気が聞く人たちの心を揺さぶっていく。

 

僕は今まで勘違いしてきた。

 

「星野源は同じ歌しか作れない」

「所詮、俳優気取りの歌が上手いただの一男性シンガー」

「恋ダンスがヒットしたのは星野源のおかげじゃない。逃げるは恥だが役に立つの恩恵を受けただけ」

 

ずっとそう思っていた。

星野源はつくづく「うまく生きているな」と思い込んでいた。

だがどうやら違うらしい。

 

星野源は「うまく生きている」わけではない。

同じ歌を作っているわけでもないし、恋ダンスでたまたまヒットした一発屋シンガーでもない。

 

ただただ普通の人間なのだ。

 

たくさん失敗も経験してきたし挫折もいくつもあったと思う。

でもそこから這い上がってきた化け物。

それが星野源。

 

もし星野源の歌が全て同じに聞こえるなら、それは違う。

すでに星野源の世界観に魅了されている証なのだ。

 

星野源ワールドにはまり込む人々

少し前に、森の中に迷い込むと自分が分からなくなる、という話を聴いたことがある。

森の中でスマホも地図も持たずに迷った時は自分が見えなくなる、というのだ。

僕はもちろん迷ったことすらないし、森の中に行きたくもない。

 

でも気が付かないうちに迷い込んで我に返った時に収集つかなくなるというから恐ろしい。よく山菜取りに行ったおじさんが家に帰れなくなった、というニュースを耳にする。

 

もしかすると僕もこのおじさんの一人なのかもしれない。

 

星野源の世界観に気が付かないうちにハマってしまった一人なのだ。

そりゃ星野源の歌が同じに聞こえても無理はないだろう。

 

はっきり言って星野源がこれからどんな歌を出しても全て同じに聞こえると思う。

星野源の演歌でもそうだ。

星野源のヒップホップでもそう。

 

全て同じに聞こえるに違いない。

みんな「やっぱ星野源最高!」というに決まっている。

なぜなら星野源ワールドの中ではまり込んでいるのだから。

 

 

余談だが、僕は星野源ワールドに入るつもりはない。

いつも舛添前知事のように第三者の目で物事を見たいからだ。

 

今回のシングル Family Song の一体どこがいいのだろう。

今までと同じようなテイストの曲調じゃないか。

 

恋ダンスがヒットしたから今回はバラード系で攻めよう、とか考えているだけじゃないか。Family Song とか略したら「家族の歌」っていうありきたりの題名じゃないか。

 

でも聴けば聞くほど病みつきになるじゃないか。

ついつい YouTube で「星野源」と検索しちゃうじゃないか。

 

 

あれ?

 

 

僕は星野源という森に迷い込んだかもしれない。

 

by ざっきぶろぐ