雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

「羊が一匹、二匹」と数えても日本人は絶対に眠れない理由

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

毎日ブログを書いて生活しています。

 

日々思ったことをブログに書いたりしてますが、最近思うのは「眠れない時にどう対処するか」。

 

実はこれが結構重要で、眠れないとだんだんと疲れが溜まっていくんですよね。そして結果的には寝不足になったり日中集中できなかったり、ひどい人はうつ状態になってしまうとか。

 

だからこそ、できればすぐに眠りたい。

そこで思い浮かぶのが今回の記事の「羊が一匹、羊が二匹」と羊を数えて眠る作戦。

でも実はこの方法、日本人は絶対に眠れないであろうある秘密が隠されているんです。

 

f:id:zakkiblog:20170613175734j:plain

 

羊を数える睡眠法は、英語発祥

 

羊を数えても日本人が眠れない最大の理由は、この方法が英語発祥だという点。よくその単語をつぶやくと、そのことが現実になるという脳の錯覚について聞いたことがありますよね。

つまりまとめると以下の通りになります。

 

羊は英語でSHEEP

寝るは英語でSLEEP

 

「羊」と「寝る」という単語はどちらもよく似ています。

 

よって英語を話す人は「寝る」を呟き続ける結果、気が付くとそれが現実になるという考え方。この考え方が日本に伝わり羊を数えると眠れる、というニュアンスになったのではないか、と考えられています。

 

日本で言うところの催眠の方法に似ている気がしますね。

「あなたはだんだん眠くな~る」と言われると眠くなってくる。

まさにこれと同じ原理かも。

 

なので日本人が羊を数え続けても眠くなることはありません。

この原理で考えると「眠くなるような単語」をつぶやいた方が眠れる気がしますよね。

 

睡眠誘導法は昔から存在する

 

f:id:zakkiblog:20170613182610j:plain

 

他にも羊を数えると眠くなる原理があります。この原理は日本人でも眠くなる方法ですが「睡眠誘導法」というものです。つまり、人間の脳は同じことを繰り返すと眠くなる、というもの。

 

その良い例が小学校の授業ですよね。誰でも小学校の時の授業で眠くなることがあったと思います。特に睡魔が襲うのは、同じことをひたすら言う先生の授業ですよね。(笑)

 

どんなに分かりやすい授業でも、同じことを繰り返し話されると眠くなります。羊を数える睡眠法も同じ原理が使われているんです。最初は「羊が一匹、羊が二匹」と数えていても、だんだん数えるのが面倒になります。同じことを繰り返しているので脳が働かなくなり、結果的に寝てしまうというわけ。

 

この睡眠誘導法は羊を数えることからきますので日本人でも使えます。

同じ単純作業をひたすら繰り返し考えていると、眠くなるかもしれません。

 

結果 羊を数えても眠れる保証にはならない

 

f:id:zakkiblog:20170613182713j:plain

 

結果的にまとめてみると、羊を数えても眠れる保証にはなりません。特に羊を数える睡眠法が日本発祥ではないことがポイントです。(あくまでも諸説ありますが)

 

もし、本気で眠りたいのに寝れない人は、羊を数えるような方法ではなく、もっと具体的な行動をとるべきです。たとえば自分の食生活を見直してみたり生活リズムを調整したりする必要があるかもしれません。

 

睡眠を向上させる快適グッズを試すのも良いですよね。それぞれ自分に合った睡眠法がありますので是非色々試してみて下さい。このブログでは最近話題の六角脳枕についての記事も書いていますので、本気で睡眠に悩んでいる人はぜひ。

 

六角脳枕についての記事


昼寝のメリットについても書いています。