雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

アイリスオーヤマの布団乾燥機FK-C1の特徴や価格 FK-C2との違いは?

 

アイリスオーヤマの布団乾燥機が売れています。個人的にヒットするきっかけとなったのはカラリエFK-C1という型番の布団乾燥機ではないかと感じています。このモデルは2015年2月に発売されたのですが、いまだに根強い人気があるみたいです。

布団乾燥機としても使用でき、靴や押入れの乾燥にも使用できる最高の一台なんですよ。という訳で今回の記事でアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C1の特徴と価格についてまとめてみます。

また2016年9月に発売された新しいモデル、FK-C2との違いについても調べてみました。

 

FK-C2の記事も書いています。

アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C2の特徴はなんだ?

 

 

 

FK-C1の特徴1つ目は手軽さ

このモデルの最大の特徴は手軽さです。10秒でセット完了するというだから驚き。ただ本当に簡単なんです。まずホースを布団の中に入れます。そしてスタートボタンを押してあとは待つだけです。すごく簡単ですよね?

また業界最軽量という肩書もあります。どれぐらい小さいのか気になりますよね。そのサイズなんと、幅16㎝×奥行12.5㎝×高さ36㎝。重さは約1.7キロしかありません。

実はこのサイズ規格、新しいアイリスオーヤマのモデルFK-C2よりも小さいサイズなんです。比較するとこんな感じ。

 

FK-C1

幅16㎝×奥行12.5㎝×高さ36㎝ 1.7キロ

FK-C2

幅16㎝×奥行14㎝×高さ36㎝ 1.8キロ

 

さすがは業界最軽量最小サイズ。注目は奥行きが12.5㎝しかないこと。押入れの隙間にも収納できるので保管場所に困りません。

 

特徴2 分かりやすいモード設定

特徴2つ目は分かりやすいモード設定です。下の画像がモード部分。

左側のボタンは手動で「温度選択」と「時間の選択」になります。右側のボタンは「停止」のストップボタンと「スタート」のボタン。そして注目ポイントは真ん中の4つの機能です。モード選択ボタンがあり「夏」「冬」「あたため」「ダニ」から選択できます。

 

なので使い方はとても簡単です。モードを決めて「スタート」を押すだけ。寝る前だったら「あたため」にしてスタートを押すだけです。下にまとめておきますが、新しいモデル「FK-C2」も全く同じ操作になっています。

 

寒い時期の布団乾燥は…「冬」(60分)

暑い時期の布団乾燥は…「夏」(80分)

寝る前の布団温めには…「あたため」(20分)

ダニ対策をする時は…「ダニ」(100分)

 

特徴3 他のシーンでも大活躍

特徴3つ目は他のシーンでも活躍できること。布団乾燥だけではなく、他のシーンでも活躍できるんです。例えば「押入れの乾燥」や「シンクの乾燥」、「靴の乾燥」にも使えます。下の画像が分かりやすいです。

 

 

FK-C1はFK-C2よりも安い?気になる価格

最後に誰もが気になる価格ですが、最新型のFK-C2と比べると若干値段は安いです。そのお値段、なんと8000円台。靴も乾かせて部屋干しの乾燥もOKなコスパ抜群の布団乾燥機がこの値段ははっきり言って安いです。

 

個人的には15000円~20000円してもおかしくないと思います。アイリスオーヤマは安くてコスパが良い製品が多いと聞きますが、本当にその通りですね。とりわけこのモデルカラリエFK-C1は評判も高いので買って損はありません。もし悩んでいる方がいればぜひチェックしてみて下さい。

 

消費電力は高温温風時で500Wです。靴乾燥アタッチメントが付属品として付きます。

コードの長さは2m。ここら辺はFK-C2と同じスペック。ただFK-C2のほうがハイパワーという事なので、より強い温風をお求めの方はFK-C2の方が良いかもしれません。それではこの辺で。