雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

企業・大学で必要とされるデータサイエンティストになる為の3つの手順

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近至るところで、ビジネス知識を蓄える上での学校をやっていますよね。

ネットを見るとドンドン受講についての記事が出てきます。

 

その中でも今話題の職業が「データサイエンティスト」です。

知らない人も多いと思いますが、一言でまとめると「データと現場を繋げる仕事」です。

最初の1つ目の手順でも触れますが、データを3Dのように起こして現実の現場で活用する、というわけ。

 

今回はそんなデータサイエンティストの仕事を始める為の3つの手順についてまとめています。もちろん資格はいりませんが学校やインターネットである程度の知識を蓄える必要があります。

 

f:id:zakkiblog:20171007230827j:plain

 

1つ目の手順 データサイエンティストについて理解する

データサイエンティストになる為には、まずこの仕事に意味について知る必要があります。

データサイエンティストとは、「たくさんのデータをビジネスでの成果に繋げる手助けをする仕事」です。

 

以下はデータサイエンティストが行う仕事の一例です。

 

ある会社は中々ビジネスで成功できませんでした。

膨大なデータだけが増えていき、やがて倒産寸前になりました。

そんな時にデータサイエンティストの知識を持つ一人の友人が声を掛けてきました。

その友人は社長にこう言ったそうです。

 

「すぐに今まで貯めてきたデータを見せてくれ。」

 

データサイエンティストの友人はすぐに膨大なデータの分析を始めます。

やがて一つの事業の売り上げが見込めることを発見しました。

すぐにその事業を立ち上げ、会社は安定した売り上げを見込めるようになりました。

 

これはデータサイエンティストが会社の事業を回復したという一例ですが、こうした例は他にも多くあります。

つまり、この職業はビジネスにおいてその場にあった提案を与えられるコンサルタントなのです。その人の持つ背景によってコンサルできる内容は異なります。

 

例えば、かつて営業の実績があるならデータビジネスの事業開発に携われます。マーケティングの実績がある人なら、マーケティングコンサルタントとして活動できます。

 

会計の実績があるなら、監査法人、会計事務所において分析コンサルタントになれます。もし今までSEエンジニアだったなら、データエンジニアとして幅広く活躍できます。

 

このように、今までの実績にデータサイエンティストとしての知識を加えるだけで、より活躍できる場が広がるんです。

 

データサイエンティストの意味を理解できたでしょうか?

データサイエンティストは、データの世界とビジネスの現場の世界を繋げる仕事でしたね。

 

では次は手順の2番目です。

データサイエンティストについて理解できたなら、それをどこで学べばよいか、という点。

 

2つ目の手順 データサイエンティストになる為に受講する

データサイエンティストとは、その時によって分析する状況が異なります。

 

例えば、営業の売り上げが伸び悩んでいる時は、「営業の売り上げデータ」を分析するでしょう。一方でSEエンジニアとして頭を抱えている時は、パソコン上のプログラミングを分析します。

 

つまりデータサイエンティストになる為には独学では難しいのが現状です。

ビジネス知識、ITの知識、PDCAの考え方など、全てを一つずつ網羅していくのは簡単ではありません。それで多くの人が受講という形で短期間で効率よく学習しているんです。

 

有名な学校として名前が挙がるのは、「データミックス」というデータサイエンティスト育成プログラムです。

 

この学校は、6か月間の学習プログラムで25人の少人数クラスです。

大学のような人数の多い授業だと、自分が理解する前に授業が進んでいく場合があります。

後になって、「この部分質問しておけば良かった」と後悔する事ってありますよね。

 

でもデータミックスの学習プログラムは講師が一人一人の理解度を確かめながら授業を進めていきます。そのため、必ず自分の力として知識を蓄えていける、というわけ。

 

また、理解した後に実践するためにどうできるかを教えているのも、この学校の特徴です。データ分析のほとんどは、全く手の付けられない状態か、どうしようもできないように思える状況が多数あります。

 

それで、いかにその場に応じた解決法を示せるかが重要になるのです。

その為には「知識を蓄える」だけではなく「実践」の訓練を積むことが、より良いデータサイエンティストになるうえで不可欠と言えます。

 

データミックスでの授業はその為にかなりの量のプログラムコードを打ち込むため「実践」の機会を多く設けているのがポイントです。

 

3つ目の手順 実際に受講してみる

いよいよ3つ目の手順です。

3つ目は実際に受講してみることです。

データサイエンティストになりたくてもなれない人が大勢います。

それは、 自分で行動していないからです。

 

もし本気でデータサイエンティストになる決意を持っているなら、自分で授業を受講し真剣に学ぶ必要があります。その時は辛いと思いますが努力は必ず実を結びます。

 

以下はデータミックスの学習プログラムの主な概要です。

 

データミックスの学習プログラム内容

受講内容1 データサイエンティスト受講プログラム

データを分析しビジネスでの成果に繋げるための教育。

またはデータ分析を行い、問題点を見分け解決する方法を提案するための教育。

 

受講内容2 ビジネストランスレーター受講プログラム

ビジネストランスレーターとは、データ上にあるものを分析することで、実際のビジネスで成功する為の方法を生み出す、または提案する仕事です。

データサイエンティストに似ていますが、より活動的に実際のビジネスに参加する点で異なっています。

 

データサイエンティストが問題を解決する提案をします。それを元にどのように実際にビジネスに生かすのか、PDCAのサイクルを考えたりする上で必要な知識をえるプログラムです。

 

受講内容1と2を選択、または両方受講することもできます。

受講するには、自前のノートパソコンが一台必要になり、一日座って授業を行える体力があることが求められています。

 

詳しい内容はデータミックスのホームページに載せられていますのでぜひ。

 

【データミックス】 データサイエンティスト育成スクールの無料説明会参加と講座の受講申込

 

 

それでは。

 

by ざっきぶろぐ