雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

人をダメにするクッション6選 これであなたもダメ人間になれる

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

突然ですが人をダメにするクッションって少し前に流行りましたよね。

これ実は、今色々なメーカーが出していて、どれが本物なのかが分かりません。

 

 

というわけで今回はどれが人を本当にダメにするのか、本物のクッションをまとめてみたいと思います。今回は評判の高い6つを紹介しますので気になった方はチェックしてみて下さい。

 

1 PCM-6512T


price ¥8300

Amazonの「人をダメにするクッション」でベストセラーにも輝いているクッション。MサイズとLサイズがあり、大きさによってサイズを選べる。ちなみにMサイズは55×55×35cm、Lサイズは65×65×43cm。

Mだと6000円程度で買えるが若干小さいような気がします。どうせ買うならLサイズのほうが良さそう。値段をケチって小さいサイズを買うと、結局上手く寝れなくて使い道に困るのがオチ。

 

 

2 山善(YAMAZEN)

price ¥9000

全部で3種類のサイズを選べる山善のビーズクッション。55㎝、65㎝、110㎝とあるが定番はやっぱり65㎝サイズ。値段も1万円を丁度切るぐらいのまあまあ安い値段。1番目に紹介したビーズクッションよりもしっかりした感じ?でもこっちのほうが値段は安いぶん、ヘタレも早いとAmazonレビューに書いてありました。

 

 

3 エムール

price ¥8000

ビーズクッションの中でも珍しい色々なカラーを選べるモデル。買うときに好きなカバーを選択できるので、自分だけのオリジナルクッションが作れる。これもMサイズとLサイズがあります。バリエーションの中にはリラックマの顔のクッションカバーをあるのですごく可愛いです。

 

 

4 CUBE

price ¥9800

シンプルさ重視のビーズクッション。特に凝ったところは一切なく「THE・人をダメにするクッション」って感じがします。可もなく不可もなし、よく言えばどんな人でも合う人を選ばないクッションって感じがしますね。色も無難な色ばかりですし値段もそれなりです。ただAmazonの評価や売れ筋などは1番目には敵いません。

 

 

5 MOGU もぐっち み~たん

Price ¥3000

個人的に一番気になっている「人をダメにするクッション」。これすごく可愛くないですか?上目遣いの目が可愛いなあ。しかも黒猫だけじゃなくて、グレー、ホワイト、茶トラ猫も販売されています。

ただ問題は大きさです。

画像で見ると大きく感じますが実はとても小さいです。サイズはW35×D35×H25cmなのでお尻の下に敷いてもう限界。もう少し大きければなあ、というのが正直な感想です。

 

 

6 タンスのゲン ビーズクッション

Price ¥11000

タンスのゲンの人をダメにするクッション。特徴はサイド部分がメッシュ素材でできている点。他のビーズクッションと比較しても明らかに違います。メッシュ素材だと通気性も良く中のビーズが蒸れずらい特徴があるので、よく考えられた製品です。

サイズもM、L、XLがあります。XLは幅70×奥行70×高さ48cmあるのでかなり大きいです。大の大人でも悠々と寝転がれます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

人をダメにするクッションといえど、意外にも色々な種類があるんですね。特に最後に紹介したタンスのゲンのサイド部分がメッシュ素材になっていることに関しては、よく考えられているな、と感心しました。

これからどんなクッションが発売されるかとても楽しみです。ちなみに今は人をダメにするベットも販売されています。この上で「人をダメにするクッション」を使ったら一生抜け出せないかも。(笑)

それではおしまい。

www.zakkiblog.net