雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

バルセロナの王様メッシの独裁政治が始まる~もしネイマールが移籍したら~

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近ネイマールの移籍問題が話題になってますね。

話題になっているというよりも、ほぼ決定ですね。こりゃ。

パリサンジェルマン側は移籍できると豪語しているし、ネイマール自身も口を閉ざしているし、ネイマールの父親がお金のことばっかり考えてるし。

 

f:id:zakkiblog:20170803124129j:plain

ネイマール | ゲキサカ

 

本人の意思とは違っていても、移籍させられてしまう。

それが今のサッカー界なのかな、と感じますね。

(本人がかわいそうだなあ)

 

ネイマールが移籍したらバルセロナは・・・

ただ一つ気になるのは、ネイマールが移籍したらバルセロナはどうなるのか?ってこと。多分移籍金は300億手前まで行くと思います。報道で出ていたのは280億くらいですよね。

 

ということは280億で何人の選手を獲得できるのか?って話ですよ。

バルセロナとしたらこんな嬉しい話はありません。

ユベントスのディバラ3人くらい取れたりして。(笑)

 

あ、ディバラっていう人はネイマールと同じFW。

ユベントスで王様のような活躍を見せている超若手ストライカーです。

この選手ですね。

 

f:id:zakkiblog:20170803122206j:plain

パウロ・ディバラ | サッカーキング

 

バルセロナはずっとこの選手を狙っているという噂があります。

ただバルサ側はネイマールを放出したら王様がメッシ一人になるのが不安の一つ。

 

メッシの独裁政治

メッシ一人で5人抜き、とか昔は言われてましたけど、正直今はそんな体力あるとは思いません。もちろんメッシはバルサの現王様ですけど昔に比べたら大分落ち着いたようにも思えます。

 

レアルの王様 C.ロナウドでさえそう。

 

昔はガンガンミドルシュートも打ってたし無回転のフリーキックなんか恐ろしかった。

怪物級でしたよね。

でも今はそのころに比べるとだいぶ落ち着きました。

どっちかというと、相手を巧みにかわしたり味方を使ったりしています。

 

昔の切れ味鋭いドリブルからテクニック重視のドリブルへと変わってきている気がする。メッシも然りです。

考えてみたら最近はゲームメーカーの中盤でプレーしていることも多いなあ、と感じます。昔はもっとサイドから切れ味鋭いドリブルで中に切れ込んでのシュートが多かったのに。

 

ただネイマールがいなくなったらメッシがドリブルもパスも全てこなさなきゃいけない。もちろんスアレスやイニエスタもいるけど、ネイマールのスター性とテクニックに比べたら見劣りするのは否めない。

 

イニエスタのパスセンス、

スアレスのシュートセンスはトップクラス。

 

でもスター性を見た時に、ネイマールには劣りますね。

やっぱりバルセロナには王様がメッシしかいない。

 

メッシが独裁政治になった時に怖いのは、メッシの衰退とともに滅びの一途をたどること。ネイマールがいなくなる今、早く新たなスターを探さないと凋落していくのは時間の問題です。

 

バルセロナの難しい問題

 

以前にバルセロナの会長がこんな発言をしたことで話題になっていました。

 

「No、No。問題はチャビ自身なんだ。イニエスタ、レオ・メッシ、それらの選手たち自身さ。

選手になるのは非常に難しい。目の前にメッシやネイマール、チャビ、イニエスタ、ブスケツ、ピケといった選手たちが立ちはだかっていた時にはね。

非常に難しいよ。チャビは15年間もトップチームにいた。

その15年が意味するのは、チャビと同じポジションでプレーしていた15人の少年たちがクラブを去らなければならなかったということだ。

今イニエスタは16,17年になるだろう。非常に難しい(問題)なのさ。

メッシについて?誰がNEWメッシになるんだい?

別の選手がメッシになるのかもしれないが、彼らは我がクラブを去らなくてはならない。(結局NEWメッシになるのは)不可能だからね。

チャビは『ゴー・スローリー』と言ったが、問題はチャビ自身なのさ!彼が問題を作り出した。

イニエスタやピケもね。彼ら自身が問題を作り出したんだよ」

 

ネイマールはNEWメッシになりたかった。

バルセロナの新たな王様になりたかった。

でもメッシがいる限りそれは不可能な事。

 

なら他のメガクラブで王様になる方が良いんじゃないか。

パリサンジェルマンはすでにフランス一部リーグで巨大メガクラブとして成長を続けている。そこのキングになったほうがバロンドールの近道になるんじゃないか。

 

こう考えても不思議ではない気がします。

このバルサ会長の発言は波紋を呼んでいますが、すごく分かりますね。

 

個人的にはもう一つ弱小クラブをバルサが買収するのが、良い手だと感じます。

以前に本田圭佑がホルンを買収したことで話題になっていました。

あれと同じ感じ。

 

つまりバルサのカンテラの選手たちが、試合に出れるように弱小クラブを買収しちゃうって訳。レンタル移籍させて上手い選手だけをバルセロナに引き戻せば良いので、お金もかかりません。

 

しかも選手も試合に出れるので成長できます。

問題は他クラブが目を付けて引き抜こうとした時。

そのレンタル先の弱小クラブが青田買いの宝庫になる恐れがあるのは怖いですけど。

 

でも通常なら非売品のはずだったバルセロナのスター、ネイマールが大金で引き抜かれることを踏まえれば、この案も考える余地があると感じますね。

 

まあ、これからどうなるのか楽しみです。

そんな感じでおしまい!

 

こんな記事も書いています。

ネイマールのパリ移籍騒動が過熱しているから各メディアの報道をまとめてみた