雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

クリッパがおすすめ!おしゃれで人気の「バックハンガー」ベスト5

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

 

おしゃれで人気のバックハンガーが流行っていますよね。バックハンガーとは、自分のデスク周りに簡単に鞄を掛けられる道具です。カフェでも重宝します。

喫茶店で床に鞄を置きたくない!という方は必見です。

No.1 Clipa 2 クリッパ

 

まずバックハンガー界において圧倒的な力を誇るモデルがあります。正直、バックハンガーはこれの一強だと思います。それが「クリッパ」と呼ばれる高級バックハンガーです。高級と言ってもこのメーカーが高級だと推している訳ではありません。

 

他に比べて高いのがその理由です。そのお値段なんと2500円。高い気もしますが、それでもバカ売れしています。それには理由があるんです。まず見た目がカッコいい事。そして15㎏に耐えられる頑丈設計。

 

 

コンセプトは「美しく、丈夫」。朝日新聞にも掲載され他メディアも取り上げているみたいです。バックハンガーの第一人者のような感じがします。(人じゃないけど)

バックハンガーを探している方は、まずクリッパを通してチェックしていくのが王道ですね。

 

No.2 リヒトラブ

リヒトラブは日本文具大賞2017を受賞した、日本の文具を代表する有名メーカーです。先程のクリッパとは全く違う発想で、「値段の安さや扱いやすさ」を大事にしているメーカーという感じがしますね。そのお値段300円ほどで購入できます。

 

 

シンプルでオレンジとホワイトもあります。5㎏が限界なので、あまり重いものは掛けられません。薄めのビジネス鞄を掛けることができます。サイズが1.2cm×5.3cm×10.4cmと小さいのが特徴になっています。

 

重い物を掛けない方、安いバックハンガーをお探しの方にはおすすめ。

 

No.3 Prillo(プリッロ)

 

このモデルは「クリッパ」(No.1で紹介したやつ)には届かないけど、同じような形のバックハンガーが欲しいという方向けです。クリッパに一番似ているモデルじゃないでしょうか。

 

プリッロのバックハンガーが人気なのは、カラーバリエーションが豊富でおしゃれであること。オレンジ、イエロー、ピンク、グリーンと、豊富なカラー展開を行っています。

 

 

サイズは、W70×H56×T7mm。5㎏まで掛けられます。できればクリッパ並みに15㎏まで耐えてほしい所ですが…。カラーの部分がシリコン製になっているので机の上でしっかりグリップします。値段は1000円以下で購入できます。

 

No.4 QLIPLET(クリプレット)

 

クリプレッドはバックハンガーのカテゴリーに入れるか迷いましたが、第4位に入れておきます。バックハンガー以外にも使える便利なグッズです。アウトドアでも使用できます。カテゴリーが少し違うので値段は4000円と高め。

 

 

7色展開したカラーバリエーションでアメリカで人気があるようです。バックハンガーとしては少し使いずらいかな?という印象を受けました。というのもデスクに掛けてもクリップがあるので。鞄をクリップに通さないといけないのが少し面倒だと思います。

 

アウトドア等で便利グッズとして購入し、ちょっとした時にバックハンガーとして使用する程度なら良いかも。

 

No.5 Stream Trail(ストリームトレイル)

ストリームトレインは10㎏に耐えられます。バックハンガーの中では中々頑丈な方です。使わない時には先端がマグネット部分になっているので、しっかり閉めることができます。

 

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20180408125719j:plain

 

いかがだったでしょうか。個人的にはNo.1のクリッパがやっぱり一番安定していますね。バックハンガーで迷ったらまずクリッパにすれば間違いありません。

ただもっとコンパクトなのが良い!という方は他メーカーのものを探した方が良いかも。今、色々なバックハンガーがありますからね。悩んでいる方はぜひ!それではこの辺で。おしまい。