雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

私がTBSモニタリングにハマる理由

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

いきなりですが最近TBSモニタリングにハマってます。なんでなんでしょうね。はっきりとはよく分かりませんがやっているとついつい見てしまいます。わざわざテレビを付けて見るほどでもないのに気が付くと見ている。

これではこのブログも書けません。しょうがないのでどうしてモニタリングにハマってしまうのかその理由を考えました。

一般人巻き込み型テレビ

テレビを作るうえで一般人を巻き込むには相応の努力が必要になります。それもそのはず、番組のセットを作ってそこに芸能人を座らせて好き勝手に喋らせた方がきっと楽ですよね。テレビ慣れしているというのもありますし、何より融通が利きます。上手くいかない場合はカットすれば良いだけの話です。しかし一般の人を巻き込んだロケともなればそう簡単にボツにはできません。そういう点では他に類を見ない番組だと思います。なんせ一般の人の協力がなければ成り立たない番組ですからね。すごいですよ。今のご時世ここまで一般の人を巻き込む番組は聞いたことがありません。

昔は結構あったと聞きました。考えたら「サスケ」とかもそうですよね。一般の人がありとあらゆる困難を乗り越えステージに上がる、とてもすごいです。しかしある程度限られます。一般の人といってもムキムキとの肉がある人が出ますもんね。

M‐1もそうです。漫才のエントリーに誰でも入れるらしいのですがある程度の漫才スキルが求められます。一般の人が入ってもまず無理です。最初の予選で敗退ですね。こう考えるとテレビに出るのって意外とハードルが高いのです。簡単に出れるものではありません。本当はお天気コーナーの後ろで飛び跳ねて映るくらいしか出来ないはずなのです。

しかしこの正論を真っ向から崩したのがモニタリングです。テレビは一般人でも出れる、しかも主人公としてテレビに映るわけですから普通ではありえないことです。個人的にテレビと聞くと芸能人が喋っているイメージがありました。スーパースターが華麗なプレーを披露してテレビの前で子どもが憧れる、そんなイメージでした。一般の人が主人公のモニタリングはそういう意味でハマってしまうのかもしれませんね。

一般の人の反応って結構面白いんです。芸人さんはある程度キャラが決まっているので反応が分かります。ハリセンボンの春菜さんには似ている人の真似をし「〇〇じゃね~わ」という反応が目に見えています。それ以外の反応は考えられません。バイキングの小峠さんには、今日はどんな日と聞くと「なんて日だ!」という反応以外あり得ません。逆にこれ以外のことを言ってしまうと場が変な空気に包まれてしまいます。

全てが予定調和です。芸能人が期待通りの反応をし笑いに包まれ終了する、これがテレビ番組です。視聴者も期待通りの反応に安心します。予定調和ってなんか安心するんです。

しかしそう上手くいかないのが一般人をロケに巻き込んだ場合です。一般の人の場合は予定調和の前の段階です。予定している調和自体がありませんからね。調和するもなにも、初めての人の巡りあわせ通しなので調和するかも分かりません。だからこそハラハラドキドキ、これからどうなるんだろう、という緊張感と期待感がついモニタリングを見てしまう原因なのかもしれません。

VTRを見て突っ込むスタイル

VTRを見て突っ込むスタイルは今や鉄板です。ほとんどの番組で使っていますよね。「世界の果てまでいってQ」がその典型的な例です。長年ずっと人気を維持し続けています。内村光良率いる、いってQメンバーがVTRを見て突っ込むというスタイルですね。明るい雰囲気がテレビを超えて視聴者にも十分伝わってきます。

モニタリングも正直ほとんど全てがVTRです。でも同じような温かい雰囲気が感じられるんです。VTRをひたすら見て小杉さんが突っ込むという当たり前のような普通の出来事が安心するんです。ロケは一般人を巻き込み心配な面があったとしてもスタジオで安心して突っ込んでくれるメンバーが揃っている。その為にモニタリングを全体として安心してみていられるのです。

これからTBSモニタリングがどんな変化を遂げていくのか今から楽しみですね。ドッキリを仕掛けられた一般人がすぐにモニタリングだと気が付き始めた時が辞め時、モニタリングの潮時なのかもしれません。

それまで楽しく視聴します。(笑)おしまい。

他の記事

www.zakkiblog.net