雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ロジテックとロジクールの違いを分かりやすく解説

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20171018163813j:plain

 

Logicool(ロジクール)とLogitech(ロジテック)の違いが分からない人が多いみたい。実は僕も調べるまでは分かりませんでした。

中にはロジテックの商品を買ったのに、ふたを開けるとロゴはロジクールになっていて、不安になる人も多いんだとか。

 

という訳で今回はロジテックとロジクールの違いについてまとめてみます。

 

ロジテックとロジクール、同じ会社です

最初に結論を書きます。

ロジテックとロジクールは、同じ会社です。

ロジテックとはスイスの会社で、オフィス関連の周辺機器を扱う世界的な有名メーカーです。

 

例えるなら、TOYOTAとレクサスみたいな感じですね。

レクサスは有名なブランドになっています。でも実はTOYOTAの下に位置していますよね。

 

ロジテックとロジクールも同じ。日本ではロジクール(Logicool)のマウスやキーボードが人気ですけど、本当はロジテックの下に位置しているブランド名なんです。

 

ここまでがロジテックとロジクールの違いでした。

簡単ですよね。(僕は初めて知ったけど。)

ただここで一つ問題が生じます。

 

「じゃあなんでロジテックで売り出さないのか?」

「わざわざロジクール(Logicool)っていうブランドを作ったらややこしいじゃん!」

って話。

でもこれは理由があるんです。

 

すでに日本にはロジテックという会社が存在していた

なぜスイスの会社ロジテックは「ロジテック」として日本に売り出さないのか。

それには理由があります。

簡単に言うと、すでに日本にはロジテックという別の会社が存在していたからです。

 

その会社は主にオフィス周辺機器を扱う日本メーカーで、IOデータやBUFFALOと同じように、販売されています。

 

スペルは「Logitec」。

ちなみにスイスの会社は「Logitech」というスペルです。

若干違うんですよね。

 

というわけでスイスのロジテックは、仕方なく日本で販売する際にはロジクールという言葉を使うようになった、ってわけ。

言い方を変えると「ロジクール」という表記で使われているのは世界中で日本だけです。

 

まとめ

とりあえずまとめてみるとこんな感じです。

 

ロジテック(Logitech)スイスの会社

ロジクール(Logicool)スイスの会社の日本だけの呼び方

ロジテック(Logitec)日本の別会社

 

色々ややこしいですが、今回調べてスッキリしました。

僕もロジクール好きなので、これぐらいは知っておくべきだな、と感じた今日この頃でした。それではおしまい。

 

こんな記事も書いています。

ロジクールのワイヤレスマウスおすすめ8選(静音タイプも紹介)

クリック音が小さいマウスまとめ(静音タイプ)