雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

カルピスソーダは乳酸菌と炭酸の見事な融合飲料だ

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

突然ですが、カルピスソーダって美味しいですよね。カルピスを発明するだけでも凄いのに、カルピスにソーダを加えちゃったんですからね。素晴らしいです。「カルピスソーダは乳酸菌とソーダのファンタジスタや~」ってきみまろも言いそうです。

乳酸菌

カルピスソーダと言えばやっぱり乳酸菌ですよ。昔から乳酸菌は体に良いって話を聞きますがこのカルピスソーダも間違いなく乳酸菌が入っていますね。しかも凄いことに乳酸菌って腸の調子を整えてくれるらしいです。腸が弱すぎる人はカルピスを飲むとお腹がぎゅるぎゅるになるらしいですよ。(笑)

お腹がぎゅるぎゅる状態になったことありますか?

私はあります。お腹が急に緩くなってきて「あ、これまずいパターンだ」と思った時にはもうトイレに行かないとダメです。あっという間に嵐がやってきます。台風並みの嵐です。急いでトイレに入ってぎりぎり間に合うか間に合わないかですね、お腹が弱い人は。

牛乳でぎゅるぎゅるになる人もいるらしいですよ。でも牛が可哀想ですよね。牛に失礼です。せっかく牛乳を飲むのにお腹ぎゅるぎゅるなんて、牛に会わせる顔がありません。きっとトイレの窓から牛に挨拶するんでしょうね。「牛さん、ありがとう!お陰でぎゅるぎゅるです~」って。

何の話ですか?

カルピスのソーダ

2つ目はカルピスのソーダの部分です。カルピスソーダはソーダがないとカルピスになってしまいます。なのでカルピスソーダを思いっきり振って炭酸を抜いたらカルピスです。振ったらカルピスになるという新しい商品ですね。素晴らしいです。

発想が良いですよね。もっとこの発想を生かせないのかなぁと感じます。例えば野菜ジュース。これにソーダをプラスすれば野菜ジュースソーダ。良いんじゃないでしょうか。野菜を炭酸水のシュワーとした感覚で楽に召し上がることができる飲み物の完成です。

どうせなら牛乳にソーダをプラスしても良いですよね。牛乳ソーダ。美味しそうです。でもそれこそお腹ぎゅるぎゅるになるかなぁ。お腹ぎゅるぎゅる+炭酸のシュワシュワで「お腹ぎゅるシュワ」ですね。ぎゅるぎゅるとした感じでお腹がかき乱され、それを沸騰させるかのようなシュワシュワ感の味わい、それが牛乳ソーダです。結果プラマイゼロで良いんじゃないでしょうか。

牛乳ソーダが存在しない理由

牛乳ソーダってどこにもないんです。もちろんマイナーな商品にはあるかもしれませんが有名なメーカーはどこも出していません。それには幾つかの理由が考えられます。

考えられるのは乳製品は日持ちしないというデメリットです。乳製品は基本的には賞味期限がとても短くすぐに過ぎてしまいますよね。ましてシュワシュワの炭酸と乳製品を混ぜようものならお腹が痛くなる人が続出する可能性があります。それゆえにメーカーはあまり乳製品に手を出せないんじゃないかなぁ?

賞味期限一日とかで50本限定販売の牛乳ソーダとかだったら間違いなく買いますね。カルピスソーダが飲みたくなってきたのでここら辺にしておきます。

おしまい。

広告

他の記事

 

www.zakkiblog.net