雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

バルミューダの電気ケトル「The Pot」の詳しい情報

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

バルミューダが2016年10月中旬に新しい電気ポットを発売するようです。その名も「BALMUDA The Pot」。数々の斬新で新しいデザインを提供してきたバルミューダ社からの電気ケトルの発売に多くの珈琲愛好家が早くも視線を送っています。

この記事では「BALUMUDA The Pot」に関する詳しい情報をまとめています。

f:id:zakkiblog:20161023133309p:plain

「The Pot」の計算されたデザイン

f:id:zakkiblog:20161021143522p:plain

BALMUDA(バルミューダ)公式ストア

「BALMUDA The Pot」は計算されたデザインです。持ちやすいサイズと軽さで心地よい安定したハンドドリップができるように設計されています。

どれくらい使いやすい形状なのかまとめてみますね。

・珈琲3杯分、カップ麺2杯分の丁度良いサイズ(0.6L)

・湯切れが良いノズルと持ちやすいハンドル

・ハンドル先端部分の電源ランプは温かい雰囲気のネオン管を使用

ステンレスの表面を塗装しているので温かい雰囲気の電気ケトルです。女性も楽に取り扱える手軽さが良いですよね。

淹れ方次第で心地よい空間を

珈琲を淹れるのに適していますが、他の飲み物でも「The Pot」を使えます。例えば紅茶、せん茶などにも使用できます。取り回しがスムーズにできる大きさなので使用感に戸惑うことはありません。

f:id:zakkiblog:20161021144625p:plain

しかし一般的にはやはり珈琲を淹れるのに適した電気ポットと言えます。ノズルが細いのでペーパードリップで淹れるのが一番良いと思われます。

「The Pot」ができるまでのストーリー

公式HPのは「BALMUDA The Pot」ができるまでのストーリーが物語形式で載せられています。一部を引用しながら概略を書いていくと...

f:id:zakkiblog:20161021163529p:plain

レストランに行くと 、美味しい料理を食べることができる。でも自宅でワイワイガヤガヤみんなで一緒に料理を作ることはできない。

美味しい料理も大切だが、そこに至るまでの楽しい雰囲気も大切なんじゃないかなぁ。

モノよりも体験することの方がより良い思い出になる。

珈琲だって同じ。

美味しいカフェはどこにだってあるしいつでも買える。

でも毎朝珈琲を淹れて今日する事を一緒に語り合う時間は買えない。丁寧に淹れた珈琲の味。

 

「今日は美味しいね。」

「そう?」

「淹れ方が上手くなったんじゃない?」

「・・・ありがとう。」

 

こんな会話はカフェではできない。

モノよりも体験することの方が良い思い出になるのです。

ハンドドリップでコーヒーを淹れてみたいと思い、練習してみて感じたのは世の中のやかんや電気ケトルの使いにくさでした。

最高の注ぎやすさや湯切れを実現するノズルやハンドルとは、どんな形なのか。

多くの試作品を作り、バリスタの意見も取り入れて、The Pot は現在の形になりました。ハンドドリップでコーヒーを淹れるのは、それだけで楽しい体験です。

もちろん、お茶やカップスープ、ヌードルなど、お湯を使う様々な場面にも。キッチンやテーブルでの体験が、もっとうれしくなるようにデザインしました。

ストーリー | BALMUDA The Pot | バルミューダ

こうしてバルミューダの「The Pot」は生まれたのです。

評価、評判、口コミ情報

ここでバルミューダ「The Pot」に関する口コミや評判の情報をまとめておきます。実はまだ商品が届いていないらしく評価はまだありませんでした。しかし期待を込めて楽しみだ、という高い評価が多かった気がします。

以下がその一例です。

・多分使い勝手がよく便利だと思う。

・デザインがシンプルでかっこいい

・値段やデザインがプレゼントに丁度良いのでは?

もう少し具体的な評価やレビューが増え始めたらこの記事にも追記していきたいと思います。

アクセサリー

アクセサリーとしてオリジナルドリップセットがあります。ハリオのV60ドリッパーとのセットですね。尚このセットに本体の電気ケトル「The Pot」は付いていません。

f:id:zakkiblog:20161021172412p:plain

詳細をまとめると以下の通りです。

・ハリオ製V60ドリッパー

・計量スプーン

・バルミューダ製トールサーバー

・円錐型ペーパー(40枚)

公式HPにも載せられていますがこのセットで3990円です。

個人的には少し高いのかなぁと感じます。それなら円錐型ドリッパーとハリオ製のサーバーのセットを買った方が安くて良いと思います。

バルミューダ製トールサーバーが高い理由だと思いますが、他にも使い勝手の良いサーバーは色々ありますよ。

スペック

f:id:zakkiblog:20161021174212p:plain

では最後にスペックをまとめておきますね。

・本体寸法

本体のみ:幅269㎜×奥行128㎜×高さ170㎜

電源ベースこみ:幅269㎜×奥行142㎜×高さ194㎜

・本体重量

本体:約0.6㎏

電源ベース:約0.3㎏

・容量:0.6L

・電源:AC100V 50Hz/60Hz

・定格消費電力:1200W

・電源コード長さ:1.3m

・素材

本体:ステンレス

蓋、取っ手:ポリプロピレン

・カラー:ブラック、ホワイト

・生産地:台湾

珈琲一人分~二人分位の大きさを想像して良いかと思います。ですから意外とコンパクトで使い勝手が良いサイズですね。

機能についてもまとめておきます。

・空焚き防止機能

・自動電源OFF機能

・沸騰時間

200ml:約1分半

600ml:約3分(満水時)

電気ケトルの空焚き防止機能や自動電源OFF機能は意外と便利です。忙しい時にも安心して扱うことができます。沸騰時間が一人分の珈琲を淹れるのに1分半は若干遅いかもしれません。電気ケトルの中には一人分が1分以内で沸くものもあるようです。

ただ問題になるほどの長さではないので、あまり細かな時間は気にしないという方には良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単にですがバルミューダの電気ケトル「The Pot」についてまとめてみました。評価や評判がまだ出回っていないので何とも言えませんが、一家に一台、一人暮らしに一台あっても良いかもしれませんね。

もし悩んでいる方がいれば参考にしてみて下さい。

 

さらに詳しい情報はBALMUDA(バルミューダ)公式ストア、または楽天、Amazonから。

他の記事

www.zakkiblog.net