読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

古いスマホの活用方法~捨てるのはもったいない~

ガジェット ガジェット-電化製品

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

新しいスマホを買ったけど古いスマホはどうしよう。買い取ってもらえるのかな。

そう考えているならちょっと待った!

古いスマホでもまだまだ使えます。この記事では古いスマホの活用方法をご紹介します。

f:id:zakkiblog:20160914173054p:plain

古いスマホはカーナビに

車のナビは型式年数にしたがって古くなっていきます。最近ではナビも地図が更新されるものもありますが高いカーナビに限られています。

お勧めは古いスマホをナビ代わりにすることです。スマホの地図アプリをダウンロードして更新していくだけで最新の地図情報を得ることができます。またカーナビには天気情報がありません。GoogleマップやYahoo!天気が入っているスマホはたとえ古くても重宝しますよ。行き先がどんな天気なのかも事前に把握して出発できます。

注意点 スマホをナビとして使うのであれば、必ずスマホスタンドを取り付けましょう。

音楽プレーヤーとして

音楽を聴くのにスマホは便利ですよね。でも新しいスマホを使い過ぎて音楽を聴きたいのにバッテリーがない…。こんな時に古いスマホの登場ですね。古いスマホを音楽プレーヤーにする事にはかなりメリットがあります。

例えば

・新しいスマホの容量を減らせる

・新しいスマホのバッテリーが減らない

・古いスマホなので故障など気にせずどこでも音楽を楽しめる

などです。ただ注意したいのは古いスマホの場合、新しいスマホに比べ音質が劣る、という点です。かなり古いスマホだと音質の差は歴然です。そこを我慢できるかどうかがポイントになりますね。

データ保存用端末として

データ保存にスマホはうってつけです。古い端末でもデータ自体は古くありませんのでどんどん昔の写真を古いスマホに入れていきましょう。SDカードにデータを入れて古いスマホに差しておけば、すぐに見ることができます。いちいちパソコンを開いてSDカードを差し込んで…という手間が省けるわけです。

こう考えると新しいスマホを買う時に容量を気にせずに済むようになります。「新しいスマホ16GBしかないけど、古いスマホは32GB入るからいっか、」という感じですね。

ただデータをすべて古いスマホに保存してしまうと、いざ新しいスマホしか持っていない時に不便になります。結局常に2台持ち歩かなくてはならないのです。これが嫌な人は古いスマホを売って新しい高機能のスマホを買ったほうが良いかもしれません。

メール専用端末として

通話は携帯電話でメールは古いスマホを使うと安上がりです。通信費を抑えることができます。私も以前の記事で書いたのですが、スマホって通信費がとても高いんですよね。それだったら、メールやネットは古いスマホを使ったほうが安いです。

新しいスマホはメールを打つのが大変…という方もいますが古いスマホなら使い慣れていますので、簡単にメールを打つことができるという利点もありますしね。

インターネット専用端末として

新しいスマホと古いスマホの2台持ちでインターネットをするのはとても便利です。どこかに出かける時、万が一落としてもいいような設定にしてあるスマホと、家でゆっくり使うスマホに分けておくとよいと思います。タブレットを使うことも効果的ですね。

ワンセグ視聴用

古いスマホでワンセグを見れるスマホの場合、ワンセグ視聴用の端末にすることも出来ます。テレビを見る場合、据え置き型になるので殆どスマホのメリットは消えてしまいますが活用法としては効率的な方法の一つです。

録画できるスマホならテレビを録画して持ち運ぶことも出来ますしね。

まとめ

たとえ要らなくなったとしても古いスマホはまだまだ使えます。ぜひ今新しい端末に乗り換えようとしているなら、今までのスマホをどうするか考えてみてください。買い取ってもらう以外にも様々な方法があることに気付けるはずです。

他の記事

ダイソンとはなにか?今さら気になったが予想以上に高かった。

美文字になりたいなら「深呼吸と物真似」をすべし

自伝本で日本サッカー選手のフォーメーションを作ってみた。

お金を使わない趣味 厳選15選