雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

Amazonほしい物リストを作ったら高いものばかりになった

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

時々Amazonのほしい物リストを作ったらAmazonから段ボール箱が届いたという話を聞きます。良いなあと思いながらも作り方がいまいち分からない、情報が漏れるんじゃないの?と変な心配をしていたんです。

f:id:zakkiblog:20160924162619j:plain

参考になったサイト

色々調べましたが参考になったサイトが幾つかありました。その中の一つがこれです。

hatena.aaafrog.com

こんな簡単にほしい物リストって作れるんだ、とビックリしましたね。でも作ったは良いものの心配が一つ。

これって、高いものばっかりで良いのかなぁ?

安いものも入れる?

中には安いものばっかり入れておけば、他の人から届きやすくなるよ!という話を聞くのですが、それってどうなんでしょうか。もちろん安くて欲しいものはいっぱいあります。でも基本的に考えると安い物は自分で買えちゃうんですよね。(笑)

洗剤やシャンプー、ジュースに日用品…。どれも必要ですが欲しいかと言われると悩んでしまいます。それを考えた時に一つの疑問がわきました。

Amazonほしい物リストの存在価値とは?

Amazonほしい物リストって何のためにあるのかなぁ、と感じます。「欲しいけど買えない、次の給料まで待とう、とりあえずほしい物リストに入れておこう」という考えが普通です。

これが「誰かが送ってくれるから日用品をバンバンほしい物リストに入れておこう」となると、それは”ほしい物リスト”ではなく、ただの”日用品リスト”です。(笑)買い物に行く時、買うものを書いておくチェックリストと同じですね。

いらない物リストがあっても楽しそう

「欲しいものリスト」があるのに、その逆はないというのが不思議です。欲しい物の逆は”要らない”ですよね。それで「いらない物リスト」があっても良いんじゃないでしょうか。

自分の不用品を出展する、という感じです。ただこれはもうすでにやってますね。ココナラとかでは500円で売ったり買ったりできます。いらない物リストがあっても楽しそうですが、ただの村の物々交換になりそうでダメですね。

村にほしい物リストがあったらどうなるか?

きっと村長さんは大変ですよ。あれが欲しい!これが欲しい!と村のみんなに言われるんですから。プレゼントが送られてきて実際に村のみんなが喜びます。でも残念ながら、楽してプレゼントを貰い続ける村がこのあと繁栄するとは思えません。

その時は喜びますが、衰退の一途をたどると思います。こう考えるとAmazonほしい物リストの裏には”衰退”の言葉がどこかに隠れていそうで怖いです。

考え過ぎかなぁ…。(笑)

まとめ

でもAmazonからほしい物リストの商品が届いたという方の記事を見ているとみんな嬉しそうですよね。みんなが幸せになれるリスト、それこそがAmazonほしい物リストなのかもしれません。

という訳でここら辺で終わりです。ちなみに当ブログ(雑記ブログ卒業)のほしい物リストはプロフィール欄に貼ってあります。(笑)

おしまい。

「雑記ブログ卒業」Amazonほしい物リスト

www.amazon.co.jp