雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

他の人のブログを読み過ぎると自分のブログが書けなくなる

 

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

時々「他の人のブログを読むと勉強になります」、「ブログアフィリエイトで困ったらこのサイトをもう一度チェックだ」みたいな言葉を耳にしますよね。

確かに他の人のブログやサイトを巡るのは楽しいことです。でも度を過ぎると逆効果になるのでは?と感じる今日この頃です。

f:id:zakkiblog:20160911113631j:plain

ブログ巡りは楽しい

他の人のブログ巡りって楽しいですよね。特に自分がブログを運営している場合はなおのこと、そう感じます。「この人はこういう記事を書くのか〜」、「この人のこの表現が上手いなぁ」と勝手に分析しちゃいます。これは"ブログ書いてる人あるある"ですね。

 

私が特に読むのは、「雑記ブログでもアドセンスでやっていけるか?」みたいなブログ収益に関する記事ですね。書店でもこういう内容の本ってあまり陳列されません。あっても端っこのほうの隅っこにポツンと置いてある感じです。まぁブログマネタイズ!みたいな題名の本が堂々とど真中に陳列されていても変な感じがしますもんね。

 

多分誰も買わないと思います。ブログって何か「影にあるからこそ輝く」って言うんですか?日向の目立つところにブログはいきません。あくまでも影でインターネットを支えているイメージがあります。例えて言うならば、集合写真です。

 

メディア業界で集合写真を撮る時、ブログはどこに入るか。多分センターはテレビでしょうね。メディア界で大きな力を持ち、時には人を動かし世界を動かすことだってできる強力なサービスです。その隣にインターネット業界、Facebook、Twitter、Instagram等々そうそうたるメンバーが並びます。

 

そして集合写真の端っこ。もうスポットライトも当たらない影でひっそりと映っているのがブログサービスです。特に個人ブログはテレビとかに比べると全く目立たないですよね。大きいブログの場合は別です。それこそブログから始まって規模が大きくなり幾つものサイトを運営している会社の場合はもうちょっと真ん中よりで集合写真に入れると思います。

 

よく卒業式の集合写真で後ろの方に影の薄い人が映ってますよね。数年後見返した時に「誰だろう?」と全く思い出せない人がいます。何なら顔半分が隠れてもう見えない人だっていますからね。それでも実はその人、優しい人間で影でひっそり掃除をやってみんなの教室を綺麗にしていた。成績は無難でスポーツも出来ず美術は3くらいという、よくある中途半端な生徒なのに優しい気持ちで誰かを支え続けている人。クラスに一人はいますよ、こういう人。

「雑記ブログ卒業」はまさにそういう人を目指します。(笑)

自分らしい記事って難しい

話が大分逸れてしまいました。私はここ最近自分らしい記事が書けていません。その前に「自分らしい記事ってなんだろう?」というレベルです。自分を見失ってるんですよね。特に雑記ブログだったのにトレンド記事を下手に狙ったりするとこうなる気がします。その典型例がこのブログです。一度、トレンド記事でアクセスが何倍にも膨れ上がった時がありました。

 

ちょうどサッカーの試合があり、それを見ながら記事を書いたんです。そして試合が終わって数十分後に公開しました。ロシアワールドカップ最終予選1試合目のUAE戦ですね。

トレンドを狙った記事

サッカー日本代表 UAEに負けた敗因

日本が負けたのもあってかなり多くの人が「サッカー UAE」と検索したと思います。そこに、このブログが飛び込んでしまったわけです。今まで目立たなかった影でひっそり生活していたブログが急に日向に出るとどうなるか?

おかしくなります。(笑)

 

アクセスの急上昇で完全に浮かれ気分です。その時はアナリティクスをずっと見てましたね。どんどん増えていくんです。10から20、20から30とあっという間に数字が上がっていくのを見てテンションが上がったのを思い出します。

 

ただ目立ったのはそれっきりでした。でもおかしくなった私は次のサッカーの試合もレビューしたらアクセスが増えるんじゃないか?と勘違いをしてしまいます。たまたまアクセスが増えただけなのに、おかしくなってアクセス狙いの記事を書くようになったんですね。経験ある人は分かると思いますが、雑記ブログがアクセスを狙って書く記事って、大抵ずっこけるんですよね。

 

私はそれをまだ知りませんでした。「トレンド記事って簡単だなぁ、毎回テレビで見たことを書けばいいだけだもんなぁ」と安易に考えていました。結局その後、何記事もトレンド記事を書きましたが結果は散々でした。これからどうしよう、という感情とやっぱり自分らしい記事が一番だ!という気持ちが大きくなって今この記事を書いています。

自分らしさを忘れる

前置きが長くなってしまいました。自分らしい記事を書きたいと思っても、他の人の書き方に左右されることが結構あります。例えば、語尾。

自分が読んでいるブログの語尾が雑だとします。「こないだどこどこに行ったんすよ、そしたら何もなかったんすよ。」みたいなブログです。ただその方は人を惹き付けるのが上手くてなぜか最後まで毎回読んでしまいます。

 

そしたらある時、ブログを書きながら自分もその人の書き方に似てきていることに気が付くんですよね。「こないだトレンド記事を書いたんですよね。そしたらバズったんですよ。」みたいなイメージです。語尾が全く同じです。その人の物真似をしているわけでもありません。気が付くとそうなってしまうのです。

 

ついつい自分らしさを忘れてしまうというか、自分らしさが他の人に染まってしまう気がするんです。「どうなろうが、これはこれで個性だ」と言えばそれで終わりなのですが個人的には、せっかくの個性を潰してしまっている気がします。

他の人のブログにのめり込むのは人それぞれです。「この人のブログ最高!」とリスペクトするのは分かります。私も毎回読んでいるブログが沢山あります。

 

でも行き過ぎると話が違います。「この人今日ブログ更新してないな。大丈夫かな?」と自分から心配してそのブログに行ってしまう。ここまでなると影響され過ぎの気がするのは自分だけでしょうか?

 

「他の人のブログをワザワザ見に行くぐらいなら、まず自分が毎日更新しなさい」と言いたくなります。何事も、まず自分でやってみることが基本です。ブログが続かないと言いながら他の人のブログ巡りばかりしている人は特にそう言えますね。私もそういう時期がありました。でも気が付いたんです。「このままじゃ自分のブログが書けなくなる」と。やっぱりせっかくの自分のブログですし毎日更新したい、そしてどうせなら自分らしいブログを書きたいです。

時間がなくなる

一番の問題はこれですよね。感情云々より物理的な問題です。他の人のブログを読み過ぎると必然的に時間がとられます。一つの記事を1分で読み終えたとしても10人のブログを読むのには10分かかりますね。しかも全てが1分で読み終わるとは限りません。気が付くと30分他の人のブログを見てた!となるわけです。

 

30分あれば一記事更新できます。それをどう見るかですよね。他の人とのコミュニケーション、知識をインプットする機会と見るか、もったいない時間と捉えるかのどちらかです。私は半分半分ですね。どっちも大事だと思います。知識をインプットするのは大切です。他の方のブログを読んで「なるほど」と思うことはいっぱいあります。それが自分のブログにも活かされれば言うことなしですよね。

 

他の方とのコミュニケーションも同じです。これははてなブログ特有の問題ですよね。互助会がどうのこうのって結構話を聞きます。でも新たなブログを知ったりその方の性格を知る上でコミュニケーションは必要ですもんね。

 

ただ中にはそれを全くしない人もいるそうです。つまり完全に殻に閉じこもって黙々と記事を書き続ける。それを仕事としている人がそうです。ライティングの在宅ワークを私も以前やりましたが、そんな感じでした。ひたすら調べて記事を書く。そこにコミュニケーションはありませんでした。はてなブログってそういう面で好きです。(笑)

他の人と容易にコンタクトがとれるので良いですよね。

 

ただこれで時間がなくなれば意味ありません。せっかくブログ始めたのに他の人のブログばかり見て時間がなくなったら、ブログ始めた意味がなくなってしまいます。それなら最初からブログ巡りを趣味にした方が良さそうです。

まとめ

色々とグダグタ書いてきました。他の人のブログを読むことは楽しいです。ただ楽しすぎて時間がなくなってしまうと後々自分が苦しくなってしまいます。自分でブログを書いてる人は特にそうです。よく言われるのは「他人の振り見て我が振り直せ」という言葉です。特に自分もブログを更新している場合です。

 

他人のブログ見て我がブログ直せたら最高です。一石二鳥ですよ。しかしそう上手くいかないのが現実です。他の人のブログを見る時間と自分のブログを書く時間、バランスが何事も大事ってことですね。長くなってしまったのでここら辺にします。おしまい。