読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

サッカー日本代表 タイ戦に勝てた勝因(ロシアワールドカップ最終予選)

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

タイ戦を見ました。熱かったですね。せっかくなので早めにレビューしようと思います。ずばり「サッカー日本代表がタイ戦に勝てた勝因」を考えます。

f:id:zakkiblog:20160906203204j:plain

(出典| JFA|公益財団法人日本サッカー協会

フォーメーションメンバー

UAE戦とはちょっと違うメンバー構成です。清武がいないのが意外ですね。原口と山口、浅野が先発ですか。楽しみです。岡崎もいませんね。

GK 12 西川

SB 21 酒井(高)

CB 6 森重

CB 22 吉田

SB 19 酒井(宏)

MF 16 山口

MF 17 長谷部

MF 10 香川

MF 4 本田

MF 8 原口

FW 18 浅野

前半総括

最初は左サイドからの攻撃に勢いがありますね。原口がはたいて香川が受け酒井が上がるというスタイルが完成されてるなぁと感じました。流石ですね、やっぱり。ちゃんとUAE戦での戦いから変えてきてるなという印象です。でも基本的に攻めるというスタイル自体は変わってませんね。

グループの中で一番弱いとされている相手なので攻めるスタイルを貫くのは当たり前の選択です。狙い通りといった所なのかな。

それより雨が強くないですか?

アウェーだから何があるか分からないですが、それにしても雨が結構降ってる。もう汗と雨の対決ですよ。汗と雨。勝つのはどっちか。

結果は共存でしょうね。汗と雨が上手く馴染んで体にピッタリと付きます。どちらも水分なので結果は引き分けです。

と思ったら入った?惜しい!決定的な場面ですね。最後のハイライトで何回も流れるくらいの決定機でした。コーナーからの森重ですね。

って言ってたら入っちゃいました。(笑)ブログ書きながらは難しいなあ。酒井宏樹から原口元気のヘディングですか。

原口、なんかフリーになり過ぎてますね。誰もマーク付いてませんでした。これが強豪との対決ならここまで簡単にヘディングは出来ないと思います。

やっぱり香川が絡むと面白い

左サイド中心に攻めていたのに結局右サイドからのゴールですか。ギャップってやつですか?右サイドからゴールすると思ったら左だった~みたいな。

やっぱり香川がボールに触れると面白いです。なんかリズムが生まれる気がします。

ところでタイの前半の入り方が気になりました。カウンター狙いですかね?それとも日本に攻められてプランが狂ったのかは分かりません。どっちが本来の狙いなのかな?

後半総括

さあ、いよいよ後半戦のキックオフです。

長谷部と山口のボランチって結構バランス取れてますね。前回のUAE戦は長谷部と大島でした。あれはあれで良かったのですが、やっぱり山口と長谷部のほうが安定感があります。山口の守備はやっぱり良いですね。あの守備力はすごいですよ。

松木さんが今日も熱いです。サッカー界の松岡修造ですね。あ、松岡修造はゴン中山か。どっちだ?

相手がハンドだった時の松木さんのセリフは忘れません。

ハンドハンド!あ~あれはハンドだね、ハンド!

何回ハンドしてるんですか、って話です。(笑)

それにしても本田は少し疲れている気がします。少ない時間の中でエネルギーを一気に使うんですから体力を消耗するのは当たり前です。ただ本田はいつもの本田じゃなかった。前半の最後からきつそうな顔していました。でもタイの選手がこの時点でスペースがら空きだったのでもう少し走れそうです。

もうカウンター対カウンターみたいになってます。スペースがらがらですよ。ここでもう一点取れば試合は決まるのですがまだ分かりません。

そろそろ誰か交代しないのかなぁ、と見ていると出て来ました。

武藤ですね。本田と代わるのかなぁと思ってたら入っちゃいました!浅野のゴールですか?足が速いですね。完全にDFを振り抜いてます。惜しいシュートが続いていただけにアッサリ決まりましたね。

危ない西川

日本のDFも連携面で危うい場面が結構ありました。西川の危ない場面はPKでもおかしくなかったです。他の強豪と当たった時にこの連携だと怖いですね。

気が付くと後半ロスタイム。やっぱりサッカーは早いですね。あっという間に時間が過ぎます。この記事を書きながら見てるからかな?(笑)

と思ったらレッドカードが…。

でも何だか可哀想に思いました。タイの選手が本当に試合に出たいんだなという気持ちが伝わってきました。いっそ退場でもベンチで見れる位にしてあげれないんですかね?

まあ、ルールはルールですので仕方ありません。

こんな事書いてたら試合が終わってしまいました。

全体総括

タイは最初からカウンター狙いだった気がしますね。ただ体力的に最後は日本のほうが上回っていた感じです。特にディフェンスです。タイの選手のDFは後半ほとんど動けてませんでした。足が止まってましたね。

全体を通して感じたのはやっぱり長谷部のリーダーシップです。走りながら話すってかなり大変だと思います。でも最後までリーダーシップを取っていました。そこが勝因だと思います。

メンタルで勝っていた。

雨の中、アウェイで汗と雨が入り混じる中、日本が勝ちました。技術面ももちろんそうですが、メンタルにおいて上回ってました。スライディングや守備面において気迫が伝わってきました。

まだまだ試合が続くので目が離せません。

以上、「ロシアワールドカップ最終予選」のサッカー日本代表がタイに勝てた勝因でした。というよりタイ戦を見た感想でした。

おしまい。

・他の記事

タイ戦次第でハリル監督解任?サッカー日本代表

サッカー日本代表 UAEに負けた敗因(ロシアワールドカップ最終予選)

サッカーに誤審はつきものだ

巨人の沢村さんの大暴投が素晴らしい