読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

観葉植物を枯らす人の特徴と対処法

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

さて観葉植物って良いですよね。見ているだけで癒されるというか、見つめるだけで気持ちが安心します。花とか咲いたら嬉しいです。

自分がこの花を咲かせたんだ!って気分になります。

でも中には観葉植物を枯らしに枯らしまくる人がいるみたいです。

f:id:zakkiblog:20160723220243j:plain

育てる気力のない人

時々いますね。育てる気力のない人。

じゃあそもそもどうして買っちゃったの?と思ってしまいます。聞いたら、

「何となく欲しかったから」って。

放置ですよ。どんなに葉っぱが枯れてきても放置です。こんなに葉がしおれてるのに、と思っても放置です。だって「育てる気力がない」から。

買ったときはあると思うんです。育てるぞ!っていう気持ちが。

でも3日と経てばもう忘れます。観葉植物は枯れるしかありません。

対処法

対処法は「育てたい!」という気持ちを持つことですよね。観葉植物を枯らしたくない、枯らしてたまるか、この葉っぱは心と一体だ、もう私は葉っぱだ!くらいの気持ちが必要です。

私は葉っぱなんだ。葉っぱが私なんだ。

いや、葉っぱと私だ。

これくらいの熱が必要ですね。

気持ちが込もってない人

これも先程の「育てる気力のない人」に似ています。そもそも観葉植物への気持ちが欠けている人です。こういう人は枯らしますね。

特に放置して枯らすパターンが多いと思います。

「あれ、水あげないの?」

「うん?あとで...」

と言ってあげないパターンですよ。目の前に枯れそうな植物があるのに気にせずカッパえびせん食べながら寝転がって夜遅くまでテレビ見てそのまま寝ちゃう人の典型例ですよ。

対処法

これも同じです。まずは育てる気持ちを持つこと。とりあえずは水をあげることができます。慣れてきたら葉っぱを拭いてほこりを取ってあげたりと段階を踏むごとに強い絆を培うことが大切です。

いきなり鉢交換しようなんて言われても出来ないですもんね。カッパえびせん食べながらテレビ見て寝っ転がってる人は尚更ですよ。植物を育てるよりカッパえびせんを作るほうが気合い入りそうですね。作り方分かりませんが。

お世話好きの人

これも枯らす人の特徴です。何でも世話しちゃう人。甘え言葉で観葉植物を優しく触って甘えさせて育たせます。当然植物は甘えて育ったフニャフニャな葉っぱになるんですよね。そして枯れてしまうという。

水もきっといっぱいあげます。

「ほら、葉っぱちゃん、お水ですよ。あら〜美味しいですか?」

もう鉢の中はビショビショですよ。水浸しです。水草かな?と間違えそうな勢いですね。

対処法

時には厳しく。これ鉄則ですよね。ある程度放っておくことも必要です。その方が強い根が育ちます。甘やかし過ぎた植物はやっぱり弱いですよね。すぐ枯れちゃいます。

適当な人

これも結構危ないパターンですよね。言い換えると大雑把すぎる人です。何でもかんでも大体こんなもんでしょ!と堂々とやってのける。

もう植物も気が気じゃないでしょうね。

今日はこのぐらい水あげるか。ドバー!水草になりました。

その後3ヶ月間放置。サボテンと化しました。

思い出したようにまた水をドバー!水草になりました。

 この繰り返しです。流石に植物も枯れそうですね。ある程度水をあげないのも手ですがここまでいくとやりすぎです。

対処法

少しは気を遣う。これですね。中には大雑把でも気にしない人がいますが繊細な人もいます。観葉植物だって同じです。繊細なんですよ。

強く触ればすぐ切れますし幹が折れればもうだめです。そんな繊細な生き物なんです。適当な人が育てれば適当な人になる、なんて思わないで下さい。適当な人が育てれば適当に育つ前に適当に枯れてしまうのですから。

何でも言い訳する人

こういう人結構いますよね。しかもかれた後にすねる人。

「買った時から元々枯れかかってたしね。」

ほんと?

「何かね、枯れそうな気がしてたのよ、ずっと。」

ほんと?

「そうそう、この部屋に合わないらしいよ、この葉っぱ。」

ほんと?

「隣の人も枯れたって言ってたもん。」

ほんと?

「ほんとだってば、植物はいずれ枯れるんだから。」

 こういう人ですよ。もう言い訳のオンパレードですね。ここまで言えたら言い訳のスペシャリストですよ。

この人は次買ってきた観葉植物も間違いなく枯らしますね。その前に買ってきた時点で「これ枯れやすいタイプじゃない?」とか言いそうです。もう心が枯れてますね。

対処法

言い訳しないように心掛ける。

これ努力するだけでかなり変わると思います。言い訳は簡単ですが、時には自分と向き合うことも必要です。どうすれば枯れなかったのか、枯れた原因は何か、と深く考えることで失敗を繰り返さずに済みます。

言い訳しないことは、次の言い訳をしないことにも繋がりますね。

忙しい人

最後は忙しい人です。あまりにも忙し過ぎて放置するパターンですね。この人は観葉植物を捨てるときも雑です。ポイって感じですね。何せ忙しいので。

対処法

少し落ち着く。

これ大事です。水をあげる時間をちょっと持つだけで大分変わります。

まとめ

色々考えてきました。観葉植物を枯らすまでの段階はこんなにもあるんだと考えさせられましたね。

という事でおしまいです。

他の記事

コンクリートの雑貨が意外とオシャレで気になる! 

炭酸飲料のがぶ飲み、飲み過ぎはペットボトル症候群になる危険あり 

きのこの山とたけのこの里、結局どっちがおいしいのか戦争 

クロックスはサンダルだけじゃない!色々なCROCSまとめ 

クリック音が小さいマウスまとめ(静音タイプ)