読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

オリンピック閉会後の感情は脱力感

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

オリンピックが閉会する時は4年に一度ありますが、毎回同じ気持ちになります。そうです。

脱力感です。

f:id:zakkiblog:20160721193259p:plain

達成感は?

分かります。それが率直な意見です。オリンピックでたくさんメダルとって凄い凄い!達成感を感じる〜!というのも分かります。

でも考えたら自分は何も達成してないんです。ただテレビ見てただけですね。やった事と言えばリモコンのスイッチを押すこと、テレビの番組表をネットで調べること、オリンピックの観戦をもっと楽しくするために美味しいコイケヤのポテトチップスを買ったことくらいです。(なぜコイケヤ?)

だから自分は何も達成してません。ダラダラとテレビを見続けただけです。

その結果オリンピック後にどうなるか?

脱力感です。そしてコイケヤのポテトチップスを食べ過ぎたせいでお腹回りに達成感が。

頭の中でハイライトが繰り返す

仕事に向かう電車の中、仕事中、家に帰る時。全てにおいてオリンピックの選手たちが頭の中をまわっています。

ずっと繰り返すリピートモードのオーディオですね。テレビでやってたリプレイの動画が頭の中を回ります。

「体操の団体金メダル、凄かったな〜。卓球も凄かったよ、最後の泣いている姿を見て感動したもんね〜。あとバトミントンね。最後の点数決まった時の倒れこんだ様子には熱いものを感じたよ〜。

こんな事を考えてると、ある1つの感情が芽生え始めていることに気がつくんです。

それは何かやる気が起きない...。脱力感です。

他の人が行うことを見るのは楽しいです。でもそれを続けていると自分が動けなくなるんですよね。いざ自分の番になった時に動けないんです。

脱力感も時には良い

いつもだと「やる気がない人」に思われそうですが、時々は力を抜くのも良いですよね。いつも力を入れていたら大変です。でも時々そういう人いますよね。

「○○さん、これお願いします。」

○○さん

「はい!分かりました!精一杯頑張ります!」

「○○さん、そんなに気を張らなくても良いよ〜」

○○さん

「いえ!これは仕事ですから!気を張らなければなりません!」

「...ああ、いつもありがとう。」

 

数日後

 

「あれ?○○さんは?」

他の人

「○○さん、風邪引いたって。」

「頑張り過ぎちゃってるじゃん!」

 こういう人結構います。無理しすぎる人。

そんなに無理しなくて良いよ、と思うのですが本人はまだまだ行けると思うんでしょうね。

結局こういう人に限って、すぐに仕事を辞めてしまったり体調を壊したりします。やっぱり適度に頑張るくらいが丁度良いです。

適度な脱力感ですね。

いつも脱力の人はもう生気が無いですね。大事なのは適度な脱力感です。特にオリンピックの後、ワールドカップの後、プロ野球の試合の後。盛り上がった後に、すぐにテキパキ仕事をするのも大事ですが、効率は下がりそうです。だって眠いから。

寝不足の時に頑張っても仕方ありません。それなら一緒に同じ会話で盛り上がってから「よし、一時間頑張るか!」と言って仕事する方が効率的だと思います。その方が楽しいですしね。

まとめ

まとめ オリンピックの後に脱力感を感じるのはしょうがない!

まとめることもありません。そもそも、まとめるほどの深い話ではありません。まとめられる力もありません。まとめるやる気もありません。

今の私は脱力の人です。ブログを書くのもある程度の適当さが大事なのかも知れないですね。

ではおしまい。

過去記事

www.zakkiblog.net