読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

缶コーヒーは不味い?周りの珈琲事情が変化しただけです。

ライフスタイル ライフスタイル-コーヒー

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

最近缶コーヒーにはまっているのですが、缶コーヒーにはいろいろ諸説がありますよね。例えば「缶コーヒーは不味い」とか。

確かに不味いのは分かります。昔からある缶コーヒーはホントに不味いです。(笑)

でも最近の缶コーヒーって美味しいのもありますよね?

広告

缶コーヒーはどうして作られたのか

f:id:zakkiblog:20160813142016j:plain

これは結構気になります。美味しい珈琲が色々ある中でどうしてわざわざ美味しくないと噂される缶コーヒーを作ったのか。早速調べてみました。するとこんな記事を見つけましたよ。以下はウィキペディアの情報を元にしています。

昭和33年頃、まだ晴天が続く寒い時期。外山食品は今日も営業中です。

「いっらしゃーい」「いらっしゃーい」

しかしその裏では日本食糧新聞に一つの記事が掲載されようとしていたのです。その内容がこちら。

「外山食品、ダイヤモンド缶入りコーヒーを発売!」

皆が期待に胸を膨らませました。しかしこれが現実となったのかは定かではありません。何故なら外山食品はその後10年もしないうちに倒産してしまったからです。

 

時代は少し変わり、昭和40年。島根県浜田市の珈琲店では三浦義武氏がせっせと働いています。このお店の名前、その名も「ヨシタケコーヒー」です。

ある時日本橋三越で「ミラコーヒー」と呼ばれる珈琲を販売しました。実はこれが世界初の缶コーヒーと考えられています。ちなみに200g入り缶で80円。砂糖入りでミルクなしだったそうです。

(引用参考元 缶コーヒー - Wikipedia)

とまあこういう流れで缶コーヒーが出てきたんですね。この当時美味しい、美味しくない以前に興味を惹く物だったことから人気に火が付いたんだと思います。

このミラコーヒー画像ありました。これです。

f:id:zakkiblog:20160813092814j:plain

(出典 実は「缶コーヒー発祥地」は日本。 - Life is great.

この当時、世界初ですから当然人気だったんでしょう。「世界最高の味」と書かれていますもんね。

ではどこから缶コーヒーは不味くなったの?

いつから缶コーヒーは美味しくないと言われるようになったのか?

気になります。

コンビニコーヒーの出現

色々意見は分かれると思いますが、個人的にはコンビニコーヒーの出現が大きいと感じます。簡単にコンビニで買えしかも安い。

100円あったらマックに行こう!とCMで以前やっていましたが今は違います。100円あったらコンビニコーヒーですね。それぐらいコンビニのコーヒーは力を付けています。

面白い調査を発見しました。コンビニのコーヒーを飲んだことのある人約500人に、今後もコンビニコーヒーを飲みたいか聞いたアンケートです。結果は以下の通り。

f:id:zakkiblog:20160813131747p:plain

(出典 コンビニコーヒーの飲用経験者の86%が「今後も飲みたい」。|リサーチバンク)

つまり全体の85%以上の人がまた飲みたいと答えたのだそうです。確かにコンビニのコーヒーは飲みやすく自分で砂糖やミルクポーションを付けれるので良いですよね。

でもここまで美味しくなるのには並々ならぬ努力があったそうです。

セブンカフェは5度目の挑戦

f:id:zakkiblog:20160813142300j:plain

セブンカフェって30年以上に渡って試行錯誤し、この2015.16年のヒットが5度目の挑戦だって知っていますか。私は知りませんでした。

1回目の挑戦 1980年代 サイフォン小分け方式

2回目の挑戦 1988年 入れたてドリップ

3回目の挑戦 1990年代 カートリッジ

4回目の挑戦 2002年 バリスターズカフェ

5回目の挑戦 2011年 セブンカフェ

ここまでかけてセブンカフェが出来たんです。こう考えると歴史を感じます。比較的最近コンビニコーヒーが流行りだしたイメージがありましたが、ここまでヒットするのに下積みが長かったわけです。

そしてセブンカフェがヒットし他のコンビニもコーヒーを出すようになりました。そしてコンビニコーヒーは美味しい珈琲が気軽に飲めるというメリットから人気に火が付き始めます。

ここで立場が危うくなるのが缶コーヒーですよね。

缶コーヒーは全く悪くない

だんだん分かってきました。缶コーヒーは悪くありません。悪いのは周りです。缶コーヒーは昔からああいう味なんです。でも100円で買えるコンビニのコーヒーが出てからこう言いだす人が増え始めます。

「コンビニコーヒーに比べると缶コーヒーって不味いよね。」

私は本当にそうだと思います。コンビニのコーヒーと比べると確かに不味いです。でもそれは比べる相手を間違えています。つまり缶コーヒーとコンビニコーヒーは違うジャンルなのです。同じ土俵ではありません。

f:id:zakkiblog:20160813133852p:plain

缶コーヒーは「缶コーヒー」という珈琲のジャンルを作り出してきました。一方のコンビ二コーヒーも「コンビニ」で手軽に飲めるという新しい珈琲スタイルを確立しつつあります。つまり、どっちが美味しいのか比べてはいけないのです。

比べたら必ず缶コーヒーは負けてしまうのですから。(笑)

美味しい缶コーヒー

最近では美味しい缶コーヒーも続々発売されています。形が違う変わった缶コーヒーも多数発売されていますよね。個人的に気になるのは「コールドブリュー」という商品。ジョージアから発売され形も変わっているので何かと話題ですよね。

Amazon 265ml×30本 価格5832円
コカ・コーラ コールドブリューコーヒー カフェラテ

今度飲む機会があったら試飲レビューしますね。(笑)

そんな感じで今回はおしまいです。

広告

コーヒー関連の記事

www.zakkiblog.net